2017/08/01

白老深沢川~白老川のっこし縦走

2017年7月30日

20170730_092715
深沢川からのっこし白老川遡行
メンバー Cl:ganさん、ヨコさん、ぽっさん、パッポ、パプマル
スタート   ・・・・05:30
c230    ・・・・・06:35
c360    ・・・・・09:10
c500    ・・・・・10:28
c795尾根 ・・・・・12:45
c580    ・・・・・13:50
白老岳橋 ・・・・・16:05
エンド    ・・・・16:25
(タイムレコードはganさん備忘録より)
Hukasawa_2
**初めに**
ganさんは私の師匠ではないが、HYMLに入ってからから一度機会があったらご一緒したいと考えていた。昨年のオフミ飲み会で話す機会があったので「来シーズン機会があったらぜひよろしく。」とだけ伝えていた。普段平日休みが多い中今回なんとか日曜に休みが取れたのでこの機会に「同行できる沢の計画があれば是非!」とお願いしてみた。結果、快諾していただいたので今回の計画に相乗りさせていただいた。
前泊
20:0頃に前泊集合地に着くとすでに盛り上がっている3人に混ざって1時間ほど飲んで会話した。自己紹介やら、山歴などいろいろお話できた。とくにぽっさんについては以前やっていたSNSからの知り合いで当時の事なども、なつかしく話ができた。明日も早いのでこの日は早めに寝ることにした。
20170730_063045
薄曇りの中スタート
20170730_072503
林道下の沢も十分楽しめると教えてくれるganさん。
20170730_075326
入渓準備に入る。横さんのザックが最近の若者風の背負い方なのが気になるW
自分も準備万端で臨む。飛生川での苦い思い出があるので3mmのウエットスーツにアルパインハーネス。泳ぐ気満々のやる気モード全開スタイル。
20170730_075545
入渓
カナヅチのぽっさんのザックにはライフジャケット。皆装備万端のようだ。。
20170730_075847
滑もありそこそこきれい。そんな時突然の事件が!!
20170730_080546
なんと車が放置してあるではないか!!恐る恐る運転席をのぞいてみたが、人らしいものは見えなかったので安堵した。
20170730_084407
このあたりからこのルートの核心が始まる。水は思ったほど冷たくなく、このあと大きな判断ミスで泣くことになるとはこの時はまだ気づいていなかった。
20170730_084957
次々現れる難所攻略のルート判断をするganさん。ここは巻きを選択。
20170730_093157
こんな所もある。
20170730_103017
果敢に攻めるパプマルさん
20170730_103020
お約束のドボン!で皆からの笑いを得る。
20170730_103437
逆くの字の滝。次々と現れる滝にganさんの表情も明るく楽しそう。
20170730_104154
ロープを出すまでもなくスリング連結でしっかり確保!
20170730_105158
40m大滝。この時のganさんはおもちゃをもらった子どものような笑顔。
本当に沢を楽しんでいるとおもいました。
20170730_105649
ヨコさんリードで1P行きます。
岩初心者もいるので一応ロープで安全確保します。2P目は右岸から。小巻しました。
20170730_123104
分岐では全員が地図チェックを怠りません。全員の意見を聞いてリーダーが進行方向を決定します。
20170730_130529
この辺りから水は減りますが、ちゃんと流れています。
3mmのウエットスーツが暑くてたまりません(汗)思ったより水温、気温が高く脱水寸前です。早く水に浸かりたい。。。。
20170730_132120
何だかんだで本日のピーク。のっこし尾根に到着。充実感に満ちたメンバーの笑顔!
この後さらなる事件勃発!、山頂あるある。なんとganさんの携帯なくなるあるあるです。
先まで電話していたのに何処にも携帯がないらしい。しばらく皆で探していたが、なんと普通にganさんのザックに中にしまってありました~。よかったよかった。
20170730_134257
いよいよ下山開始。下山しやすい場所を探すために、明瞭な鹿道を北に200mほど進む。
これまた、明瞭な鹿道を発見したのでそこから下降するとすぐに沢筋に入ってらくらく下山開始。
20170730_141557
さすが北海道の豪雨地帯森野付近。分水嶺からわずか30m下ったあたりから水がわき出ている。
20170730_145823
最初は皆へつっているが・・・・
20170730_150918
泳ぎモード全開!
20170730_151522
ちゃんと懸垂もします。
もう少し釜が深ければダイビングドボンも可能だったかも。
20170730_154448
ラッコ泳ぎで意気投合するぽっさんとパプマルさん。
20170730_155258
ganさんも泳ぎます!
20170730_165014
終盤も楽しいです。
20170730_165056
三角点ハンターのぽっさんもこの日ばかりは沢を堪能しているようです。
20170730_165409
みんな泳ぎます!
20170730_165418
泳ぎます!(流されていますw)
20170730_165545
岩の形が独特です。
この岩がゴルジュになると・・・・・・
20170730_165657
こんな感じ。こんな岩壁見たことないです。
20170730_170652
沢下りも終盤。安堵の渓相。
20170730_171622
廃道を詰めてデポした駐車場に向かいます。
20170730_172632
よっぽど楽しかったパプマルさん。最後の礼で感謝の意を伝えます。
山岳会の山行では味わえない百戦錬磨の知識、技術を持ったganさんとの同行。
大変勉強になった一日でした。今回の経験を少しでも自分のスキルに生かし、沢新人にも伝えられたらと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

寿都幌別川 !!*

2017年7月20日

寿都幌別川
20170720_092019
スタート ・・・07:20
Co280.   ・・・12:40
エンド   ・・・16:30
Horob
林道は1kmほど入って林道分岐のところで車を止める。
さらに1kmほど歩くと1の沢戸野出会いに出て入渓。
20170720_075016
暫くするとすぐに両岸が切り立った渓相に代わる。
20170720_080601
1時間ほど歩くと昔の橋のコンクリートの橋脚がある。
20170720_085725
苔から染み出す岩清水
20170720_091045
こんな感じの渓相がしばらく続く。
20170720_100750
20170720_100838
20170720_101155
20170720_101403
20170720_102007
20170720_105644
こんな所もある。
20170720_112427
20170720_115403
20170720_115702
20170720_120915
20170720_121147
この滝が厄介。パプマルさんには無利と判断。
時間切れ終了!
20170720_124352
帰りも同じくらい時間がかかる。
水が濁って歩きずらい。帰りはヘツリはあまりしないで川を歩いたり泳いだり。
意外と浅いところが多いが、水量が多く突破困難なところもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/15

野塚岳ニオベツ川南西面直登沢~南コルルート下降

2017年7月14日

野塚岳ニオベツ川南西面直登沢
20170714_085544
メンバー しんちゃん、パッポ、パプマル
スタート ・・・0.7:00
ピーク・・・・・9:30.10:00
エンド ・・・・12:30
Nio
今日はしんちゃんの沢入門ということで南日高の野塚岳に行ってきた。
自分も行ってみたいと思っていたルートなので前日から貸し切りの楽古山荘に泊って行ってきた。
20170714_080316
トンネル脇から護岸6mを10mロープでなんとかラッぺル。
しんちゃんは沢入門とは行ってももうすでにかなりのピークを踏んでいて体力技術には問題ないのでスタスタ進む。
20170714_085305
始めはゴロが続いているが三俣からは小滝が続く。
20170714_090603
ロープを出そうは迷ったところは1箇所。結局出さずに登れた。
20170714_090855
天気予報は晴れだったので、そのうち晴れるかなと思いながら登って行った。
20170714_102603
いつものようにピークはこんな感じ!
風も強く晴れ間を待つような感じではなかったので30分ほどの休憩ですぐに下山開始。
20170714_113205
南コルルート水量が少なく細い川だ。流しそうめんにちょうどいい感じだ。
20170714_121541
三俣までついてとりあえず安堵。
帰りの小釜で遊ぶしんちゃん。
ドボン練習するも少し浅かった。
帰りは浦河の風呂に入って、門別の太い手打ちそばを食べて帰ってきた。
日帰りでもよかったかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/19

旭川の名渓 オロエン川遡行

2015年8月18日

20150818_028
入渓・・・09:50
土管 ・・・13:30
林道~入渓地点 ・・・15:00
遡行3時間40分 林道歩き1時間30分
20150818_001
午後から雨も上がるということで、いつものことながら小雨の中スタートの平日山行部。
20150818_006
激流の小滝を中央突破!
20150818_010
なかなかの迫力です。
20150818_020
慎重に歩く人・・・
20150818_022
遊ぶ人・・・W
20150818_044
中盤のゴルジュは泳いで突破。
20150818_047
ここは右岸から。
20150818_053
修行!
20150818_055
ダイブの滝。今日は誰もダイブしなかった。残念
20150818_057
中々の激流です。
20150818_062
最後のゴルジュ。男3人試みるが突破できず。
20150818_064
巻いてしまいました
20150818_065
最後の滝は左岸から登る。
20150818_066
土管から林道に出る。
20150818_067
遡行が終わったころ小雨も上がった。
楽しい沢でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/16

飛生川は水冷たかった・・・

20150816_017

2015年8月16日
今日は最近話題の萩野の飛生川に行ってみた。
入渓 ・・・7:05
c150m核心ゴルジュ ・・・10:50
終了  ・・・・ 14:10
取り付きの林道はゲートが閉まっていてゲート前に駐車。
30分ほど歩いて行くと工事現場があって林道の修復をしているようだった。
20150816_002
増水の影響か土台の土がえぐられいつ橋が落ちてもおかしくない感じ。
20150816_003
出だしの小滝
20150816_004
序盤は滑の広い川幅で初心者でも沢ハイキング感覚で気楽に歩ける。
20150816_005
とにかく水がきれい。
20150816_007
度胸があれば激流ウォータースライダー。
20150816_009
側面の岩盤は脆いようで落石注意。ヘツリも注意が必要だ。
20150816_010
当初エスケープに考えていた右岸の沢は登るのは困難な感じだった。
20150816_011
長い年月をかけてえぐられた川岸。
20150816_013
とりあえず行ってみるが、抜けられず戻るパプマル。
20150816_015
ここもエスケープは難しそうな沢の合流地点。手がかりなしのナメ滝。
20150816_020
ここはサスケのように左岸を思いきって走って抜けるW
20150816_022
核心のゴルジュ。ヘツリは困難。泳いで突破を図るがもう少しのところまで行ったがホールドを見つけられずうだうだやっていると古傷の膝と手首が痛み出し無念の敗退。
ここは巻くという手もあったようだ。
時間的にここまで3時間。計画では車の関係も有3時間でピストンと決めていたのでここで引き返しを決断。
20150816_025
帰りは気温も上がってきて女子チームも果敢に泳ぐ。
ルートファイングィングの時間もかからず2時間ほどで下山。
いい偵察ができました。今度は寒さ対策をしてしっかり抜けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/17

道央の名渓パンケ目国内川を辿る

2014年8月16日

パンケ目国内岳
何年も前から行きたかった沢だったが車が2台いるのでなかなかメンバーが見つからず困っていたところにBMCのメンバーで行きたい人2名とスケジュールがマッチしたので念願の計画を立てることができた。
20140816_041
なぜかファイティングポーズでの記念写真W
メンバー:半ちゃん、オーちゃん、パッポとパプマル。
スタート ・・・06:30
湿原   ・・・14:30
目国内岳・・・15:20
下山   ・・・17:00
遡行8時間
時間がかかるのであさは日の出前に合流し新見峠に1台デポ。
入渓の林道を一本間違えるトラブルもあったが6時30に入渓。
20140816_003
オープニングの滝を超えると怒涛の砂防巻きが始まる。
20140816_005
やっとダム終了
20140816_006
すぐにヘツリの釜が!
半ちゃんドボンも気持ち良さげ。パプマルさんも続くが途中棄権。
20140816_007
20140816_011
釜持ち3段。2段目は通称黒猫落としの滝として私たちの間では恐れられているW
ロープは2段目で使う。抜け口が難しいかな?
20140816_016
巻き後の懸垂。残置ロープもあった。ラペルは30mロープで十分。
20140816_017
ここは左岸をフリーで抜ける。
20140816_018
激流脇を登るパプマルさん
20140816_025
休憩ポイント。なかなかいい滝です。
20140816_029
20140816_030
巻きの滝。左岸を巻きましたが、かなり核心です。
途中で一度切ってピトンを打ちセルフを取って全員上げてから自分も上がった。
巻きのルートは絶妙でちょうど滝の落ち口3m上流に出た。
20140816_037
流れも弱くなり湿原が近づいてくるのがわかる。
20140816_039
湿原到着!
20140816_042
感動に浸るメンバーたち・・・・・
腹いっぱいなのですぐにでも下山したいがここからピーク2座通過が待っている。
ここから2時間半で無事下山。
ここからオマケ写真。
Dsc03862
スイムの半ちゃん
Dsc03874
黒猫落としの滝、
Dsc03885
ここもなかなかいやらしい。
Dsc03895
Dsc03901
Dsc03921
写真提供:オーちゃん
Pankej
ログです。
長い時間同行してくれたメンバーありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/11

2014電気の沢

2014年8月9日

2度目の電気の沢。
メンバー クリス ビリー P&P
気温低めと言うことでちょっと遅めの10:30入渓。

多少増水ぎみ。F1ではロープトラブルで時間がかかったが、無事クリア


次々とくる難所にもみんなたのしんでいる様子。


中ほどの難所も3人を上げて最後に私も登ろうとするが水量が多いのと足場が悪く2度失敗。少し休んでから左岸の微妙なヘツリに挑戦。無事クリア。

今回もチームワークに助けられたいい山行でした( ´ ▽ ` )ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/23

白水川2013年BMC遡行記


2013年8月22日
無意根山白水川遡行
20130822_056

メンバー:ヤス・イナ・イトハル・カンチ・パッポ・ターボー・ノン・パプマル
20130822_034

昨年に引き続き第2回BMC平日山行部納涼沢登り会を行った。
沢入門者一人を含め今年から沢を始めたメンバーを数人連れて近郊の沢で存分に遊ぶ企画だ。
楽しかったんで来年もやるぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/20

雷電湯内川は純登山と呼べるのか?

2013年8月19日
雷電:湯内川
スタート ・・・08:07
朝日温泉・・・11:46・12:05
エンド  ・・・・13:00

登り3時間40分・下り55分

とあるMLグループの一部では海抜0mからの登山を純登山と呼んでいる。
ロープウェイがあったら絶対使う私には縁遠い登山スタイルだ。
しかしこの沢だけは海抜0mスタートなのである。
20130819_003
海を泳がないと取りつけないのだからそうせざるを得ないのだ。

泳ぎの苦手なパプマルさんと二人での遡行。
20130819_004
泳げないなりの装備で行く!
20130819_006
40mほど泳げば河口に着く。なかなか進まないパプマルさんを押しながら泳いで行く。
20130819_007
無事到着。そしていきなりの難関F1が待っている。
右岸を登る。中ほどのテラスまでフリーで登り、そこから確保。
残置ハーケンが一個ありランニングを取って登る。
クライマーならまっすぐ登りたくなるルートだが右にトラバースしながら登るといい。
20130819_013
登りきるとこの風景が待っている。
ここに着くだけで2名で1時間。核心部は越えた。

と息をつく間に次々と現れる小滝。
20130819_016
ゴルジュ
20130819_018


20130819_019
この滝は滑る。右岸を行くが上部もぬめっているので注意がいる。
調子に乗っていると落ちるかも!
20130819_021
中盤の渓相も飽きさせない。
20130819_022
飽きさせない。
20130819_023

序盤怒涛の滝を攻略すると少しゆっくりした沢歩きができる。
20130819_025
かなりのでかい木が岩から生えている。

20130819_026
泳ぐパプマル。
20130819_027
タッチからの~
20130819_028
まさかのターン!?なぜ?

20130819_034
新調したステルスソールがしっくりくるのか果敢に攻めるパプマルさん。
やはりフェルトよりもフリクションが効くようだ。
20130819_040
これが終盤のメインイベント。
滝の下をくぐって右岸に取りつくが、足場がないので一人を持ち上げて登らせ、上からお助けで上がる。ここをフリーで登れる人はかなりの沢屋だと思うけど無理はしないでね。

20130819_043
ここは右岸から取りつきは深いが楽勝!
20130819_044
間もなく終演の橋?
20130819_046
最後の滝を上部から除く。
20130819_049
お約束ですね。
20130819_050

朝日温泉は営業していませんがちょうど主人が来ていて一人で復興作業をしていました。
2年前の豪雨による土石流で施設が破損。少しずつ直していいるようだけどなかなか進まないようです。今回はご主人の好意で入浴させていただきました。
心より営業開始を待ち望んでおります。

今日はここで終了!下まで歩いて下山。
純登山とはやはりピークに行かないとだめだと思うのでこれは純登山とは言えませんね。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/31

日高のとある沢

7月29日
20130727_009
日高のとある沢にBMCのメンバーと行ってきた。
1日目は2時間ほど歩いてC1。
20130727_010
この日のために用意した白猫さんがビール旗。

20130727_024

日が暮れる前から始まっています。
魚釣りもして夕飯準備は万全。

20130727_027
ところがアクシデント発生!
足を滑らせてかばい手をついたところに木の枝があり左手に刺さる。
パッポ隊長の怪我を心配してかたき火を囲む表情もくらい。

20130727_028
日が暮れてお酒が入るがやはり盛り上がりに欠けるメンバーたち・・・。
ヽ(^o^)めっちゃ盛り上がってるでしょ!
自分のために山行は中止。残念な結果となる。
せっかくの土日休みがパ~。まったく不甲斐ない。
参加のみなさんご迷惑をおかけしました<(_ _)>
(写真と文面は関係しておりませんf^^);

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧