2013/06/12

平日赤岩個人入門

2013年6月12日
今日はBMC平日山行部の赤岩個人入門です。
天気は暑くもなく青空が広がり最高の入門日和。
メンバーは入門がノンちゃん、サポートでイナ。
それに小樽の平日メンバー4人も参加してもらって7人で行った。

20130612_026 奥リスに到着すると警察の山岳救助訓練が行われていた。
昼まで奥リスを使うということだったので我々はたまご岩、ダブルバンドに移動した。

20130612_027 まずはイナのリードで行く。今シーズンはイナのレベルアップもやっていく。

懸垂下降訓練も行う。
20130612_032

Wバンドもイナのリード、ノンちゃんのフォローで行く。
20130612_034

20130612_035 お昼からは奥リスで自己脱出のデモを行い、トップロープでクライミングの練習。

3時に終了して温泉で汗を流す。
その後”なると”で若鳥の半身を食べながらの反省会。
__ 天気も良く、いい入門でした。参加のみなさんお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/19

2012BMC赤岩AC・Vol.11登攀課題全クリア

20121018_001 今シーズン赤岩は今回で11回目。
今日は平日部ヤスとイナの3人で窓岩に行ってきた。
夜半の雨もありちょっと遅めの8時集合。低気圧が通り過ぎ西高東低でやたら寒い。
少し遅れてやる気満々のイナと二日酔いのヤスがやってきた。
春に赤岩リーダーの承認を受けて早くもシーズンオフが近づいた。
今日はその上の登攀リーダー課題をクリアするために来た。
登攀リーダーの課題は奥リスフランケ左右、大壁古林ルート3P、不動6P、窓6Pのリードが条件だ。
残っているのは窓の1Pと2P(赤岩本によると2,3P)のリード。
今回で3回目の窓岩なので取りつきもスムーズに行った。

20121018_002 取りつきで準備をして早速1Pリード。
3人で1時間ほどで終了。

いよいよ核心の2P。準備のためザックを下ろそうとウエストバックルを外すと間違ってチョークバッグのバックルを外してしまい痛恨のロスト。
時間もないので気を取り直しリードの準備。初めはサクサク登ったが今回は早めにアブミを使用。
ゆっくりたちこみ掛け替えて登る。中盤で日ごろの鍛錬不足で疲労が出始める。
レストしながら順調に登りビレイポイント到着。

20121018_003 次なイナ。初めてのアブミで悪戦苦闘している。
後半は鐙に慣れてきたのか少しずつだがゆっくり登ってきた。
今度は二日酔いのヤス。さすが赤岩リーダー。40分ほどで登ってきた。

ここで今日の判断をする。
あと4ピッチを3人で行くには4時間以上かかる。そう判断し懸垂で降りることにした。
チョークバックの回収もあるので二人も了承してくれた。

20121018_008 2P目からの空中懸垂は初めて。いきなりの空中で風であおられる。
20121018_009 恵比寿岩の空中懸垂に劣らない強烈な下降だった。

それでも初めて窓の核心を登った二人は満足していたようだった。
落としたチョークバッグの無事取りつきで待っていたくれた^^

20121018_012_3 帰りにイナのリード練習のため1P東のチムニージェードルをリードして今日は終了した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/02

2012BMC赤岩AC.VOL7:忘れ物DAY

20120628_akaiwa_008
不動岩稜鬼の踊り場からのルート
1P  ?15m ?Ⅲ+
2P  ?20m ?Ⅳ
3P  ?15m ?Ⅱ
4P  ?20m ?Ⅳ
5P  45m Ⅱ
6P  35m Ⅲ+

東の大壁
佐藤ルート
2P  15m Ⅴ-
3P  26m Ⅳ

20120628_akaiwa_003 今日はヤス、ONっち、イナと4人で不動岩稜、東の大壁に行ってきた。不動はいままでは側面からのジェードルルートしか登ったことがなかったが、今回下から行ってみた。ザックを終了点にデポして休憩していると「あらら水忘れた(/_;)」。優しいヤスが凍ったクエン酸水を分けてくれた。ありがと!
準備をしていると痛恨のチョークバックも忘れた・・・・今日はどうなっているんだ。。。

ルート経験者のヤスのリードで取りつく。
グレードについては赤岩の本にのっていないため、?表記にいている。

20120628_akaiwa_011 東の大壁に移動して小林を登る予定だったが懸垂に時間がかかり自分とイナが佐藤ルートを2Pから登ることにした。
小林ルートについては先週登ったONっちがいるのでヤスにルートを教えてリードしてもらった。

佐藤を登ったのはずいぶん前のことだが、以前と変わらず残置ピンは少ない。
クラックが多いのでキャメ、ナッツ類の装備が必要だ。
20120628_akaiwa_0122 東の大壁から窓岩がよく見えるが、この顔に見える窓岩の口の部分に小窓があるのを知っている人は少ない。
20110605_019 実際に登ったことがある人しか知らない小窓。(昨年撮った写真)

登り終わってゆっくりしてるとしたからヤスが登ってきた。
20120628_akaiwa_020 だいぶ日が低くなったがみんないい顔だった。

下山後みんなで温泉に行くとなんと財布も忘れてきた。。。今日は一体どうっしたんだろう。ヤスに¥500借りました。有難うございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/10/09

赤岩マルチだよ・馬の背とピナクル

20111009_bmc_018


2011年10月9日

馬の背・ノーマルルート
1P     17m Ⅳ- 
2P     24m Ⅳ-

ピナクルリッジ
1P西面   25m Ⅳ
2P     14m Ⅴ
3P     14m Ⅳ

参考資料:小樽赤岩

今日はBMCのメンバー7人で赤岩に行ってきた。
天気はというと雲ひとつない晴天の秋晴れ。少し色づき始めた木々がきれいだった。
先月の入門を受けてから初めてのBMCの赤岩参加である。
メンバーは2チームに分かれCL ザッキー、F谷、T田、と私。
もう一チーム M村、K野、H岡。

20111009_bmc_001


何処を登るか迷っていたのでまだ登ったことのない馬の背をリクエストするとすんなりOK!
取り付きは猫岩の次の踏み跡から入る。不明瞭な踏み跡をたどり馬の背の西面にでる。
リードは今日のリーダーのザッキー。私よりも少し若いがたのもしい リーダーです。

セカンドでT田さん。3番手で私。ラストはF谷さん。
20111009_bmc_0021
1Pは特に難しいところはないが、ギアの入ったザックを背負って登るⅣ級は結構難しい。

20111009_bmc_0072
ビレイポイントは少し左にあるテラスにトラばる。2Pのスタートもトラばったことろを少し戻って狭めのチムニーに入る。
20111009_bmc_008
チムニーは入ってみると意外と広く快適な登りが楽しめる。
ステミングで両側の壁を使いながら抜ける。
振り向くと海も見えるが高度感抜群だ。

チムニーを抜けると普通は左から抜けるが、きょうのリードは直登した。ここの直登は少しかぶり気味なのでグレードはⅣ+かⅤ-級くらいが妥当か。1Pの途中で一か所動いているホールドがあるので注意が必要。また小石も多いので落石にも注意。

20111009_bmc_009
ピナクルは以前リードしたことがあるのでこのルートもザキのリードで登る。
20111009_bmc_012
ここは1P終了点のチョックストーン。

20111009_bmc_0141 20111009_bmc_0151 20111009_bmc_0171
このルートは2Pが核心で今回は直登A0でみんな通過した。
20111009_bmc_020
あとは難しいところはなく気持ちよくみんな登る。

20111009_bmc_021
ここを登ると結構いい時間だったので最後にトリコニを登る。峠に着くと間もなく3人も戻ってきて予定通り3時に終了。
20111009_bmc_016_2


帰りはいつもの?湯の花で1時間ほどゆっくりして帰った。
やっぱアルパインは楽しいわ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/06/29

u46赤岩Session

20110629_006 2011年6月29日
小樽赤岩
東の小岩塔周辺

東のチムニー岩
ジェ―ドルルート  Ⅳ 20m
ダイレクトルート  Ⅴ+ 20m

トリコニー岩
ノーマルルート   Ⅴ- 13m

4段テラス
ノーマルルート   Ⅲ+ 18m

今日はu46くんとKNちゃん、ヌノッチで赤岩に行ってきた。u46くんとは冬の塩谷丸山以来。今回は初めての赤岩ということで初級ルートで遊んで来た。

20110629_0031 まずはヌノッチくんのリードでジェードルルート。そのままKNちゃんに抜けてもらって懸垂の支点を作ってもらう。その後、u46くんと登り、懸垂で降りる。初めての外岩で興奮気味。Ⅳ級ルートを登り切り、ラペルで降りた後は満足げだった。

20110629_002 今度はその横にあるダイレクトルート。ここは最後が少しハングになっているのでちょっと難しい。まずはKNちゃんオンサイト。私も何とか登れました。ヌノッチくんは1テンションで登りきる。u46くんは何度かテンションをかけながら果敢に挑戦したが核心部をクリアできず断念。2回目のルートでここはきついか。よく頑張った。

20110629_005 ここでKNちゃんが仕事のためお疲れ様。4段テラスに移動すると平日にも関わらず珍しく登っている人がいてびっくりした。隣のトリコニーに移動。ここのノーマルルートもトップロープで登る。以前はよく落ちていたヌノッチくんも難なく登られるようになった。成長したもんだ。ここはホールドの足もしっかりしているが、最後が少し悪い。u46くんも頑張り、抜けました。初挑戦で行けたのはセンスありますね。

20110629_007 最後に4段テラスに移動。ここは3級ルートなのでみんな気持ちよく登られた。

ヌノッチくんも仕事のため今日はここで終了。
皆さまお疲れ様でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/06

窓岩リッジの窓から望む赤岩

20110605_021 2011年6月5日
窓岩リッジ
1P     40m Ⅱ
2P     20m Ⅲ+
3P     20m A2
4P     10m Ⅴ
5P     30m Ⅳ
6P     30m Ⅴ-
7P     20m Ⅳ

東の大壁
佐藤ルート
1P     19m Ⅴ
2P     15m Ⅴ-
3P     26m Ⅳ

ついに念願かなった!日曜日が休めない私にとってはM川さんと赤岩に行けるのは稀だ。
3年ほど前からお願いしていた窓岩リッジ。お互いのスケジュールが合わなかったり、雨が降ったり。
中々実現できなかったが、先週、今週と2度日曜日に休める事になったのでお願いしていた。
先週はまたもや雨で中止。今年最後かと思われる日曜休日。やっと晴れてくれました~。
この日のために買った鐙(あぶみ)をやっと使う日がきた・・・。(1回くらい練習しとけよ・・・)
なにはともあれ、ついにこの日がきたのだ!

20110605_002 8時半に峠に着くとすでに車は満車状態。ところが東に向うもチムニー岩に1パーティ。テーブルに1パーティ。テーブルに取りついている方から窓岩リッジの残置のアドバイスをもらえた。「1個目のリングに気をつけて~」「ありがとうございま~す」。
人気の不動岩稜には人影なし。ほどんと踏み跡のない道をやっとの思いで取り付く。
20110605_005 1P・2Pは省略でガレを登って3Pに取り付く。
20110605_006 準備を整えていよいよスタート。車を降りてからなんとここまでの所要時間2時間弱。
20110605_011 10時20分スタート。そんでいきなりの核心部。M川さんのリードで進む。結構時間がかかった。さぁ、初めての人工登攀。初めの数手をフリーでいくがすぐに手もなく足もなく。早速鐙の出番。ところが、これがかなり難しい。上手く立てないのである。意外と腕力も使ってしまい、いきなりパンプ寸前。なんとか休み休み鐙の練習もしながら、抜けた。
やった~」はっきりいって人工をなめてた・・・。これはリードは無理である。練習しないと再チャレンジはできない。かなり肉体的にも精神的にもダメージを負ったまま4Pに進む。ここはトラバースルート10m。
4Pは鐙から解放されたが、沢山のギアと40Lのザックを背負ってのⅤ級ルートもなかなか厳しい。
4Pを抜けるとリッジで一休みできる。喉がやたら乾いていたのでやっとザックの中の水が飲める。
ここにきて思うが、この手のマルチをやるときはハイドレーションで水の補給ができるとよいということに気付いた。
20110605_014 ここからはミミズク岩の頂きが良く見える。だれも登らないとは思うが、その頂には鳥の巣があるので登る人は気をつけましょう!
20110605_013 5Pは距離こそあるが、難しいところはないのでゆっくり登ることができる。
20110605_020 それでも足元を見ると海が良く見えるので高度感はある。高所恐怖症だった私も随分となれたもんだ。
20110605_017 6Pは左のクラックを登るが、いいところで岩が脆い。右から登ったほうが最終ピッチには取り付きやすいところに出られる。
草つきのリッジで1度きり、窓の裾まで進む。赤岩ガイドにはコンテニュアスで進むことになっているが、無理せずもう1Pのつもりのほうが安心できる。
20110605_019 さぁ、いよいよ念願の窓くぐり。窓の入り口に残置ハーケンが1箇所あるだけなので途中のクラックにカムをセットすると気が楽になる。
難易度的にはⅣ級でホールドもフットもしっかりあるので難しくはない。
ただし高度感が半端ないのでここを初めてトラバースするには気合いがいる。リードするなら、なおさらだと思う。
2年前に大壁を登っている時にここに取り付いていたパーティを見た。その人はこのトラバースをあきらめて行けなかったが、ここを見てみればその気持ちも解らくもない。
いよいよ念願の窓くぐりだ。ランニングビレイを回収しながら最後のトラバースを終えると窓の中で馬乗りに座り込んでしまった。
こんなに満足感が得られたのはいついたいだろう・・・。クライミングを始めてからは間違いなく1番の達成感が得られた。
窓の外には大壁を登った人達が見える。初めて見る景色はまた何とも言えない。
時間は3時近くになっていた。かなり満足していたが、M川さんが「ついでに大壁も登って行こう」と誘ってくれた。
20110605_025 20110605_026 20110605_023 両腕の疲労もすでに回復していたので快諾。窓岩リッジはすべてリードしてもらったのでここは1Pと3Pはリードした。
やっぱり空身だと楽だ~。大壁を登りきると西に日が低くなってきて海に日が反射している。
たった2ルートだけど、充実したいい2ルートだった。
20110605_027 窓岩リッジ。今度はいつ登れるだろうか。

******************
なかなか登る人は少ないと思う。
3Pの残置ハーケンは65㎏の私がぶら下がっても大丈夫だった。
ただ、錆びているし腐食も進んでいる。
6Pの左リッジルートの残置ハーケンはすでに折れているのが多く、
クラック内にに先端だけが残っているのが目立っていた。
ここを登る人は十分注意が必要です。
*******************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/20

お花見赤岩

5月20日

20110520_002 今日は午後から仕事だったので午前中に赤岩に行ってきた。
ルートはテーブルリッジ。エゾヤマザクラが見ごろでした。
天気もよく気持ちいい岩登りになりました~。

20110520_003 開始が遅かったので時間に追われたのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/30

2011年赤岩シーズンイン

20110430_006 2011年4月30日

中赤岩周辺の岩

20110430_016 20110430_001 20110430_015 今日は会のメンバーと今シーズン初赤岩に行ってきた。天気は風もなく青い空、青い海が気持ちいい赤岩日和になった。困ったことに峠の駐車場には除雪の雪山があって2台ほどしか止められない。あと1週間ほどで雪は溶けると思われる。朝8時に峠集合だったが、まさかの貸切。その後H大の学生組が来ていたが、あとはN道さん、MSさん、N崎さんが来ていた。

20110430_007 毎年恒例で赤岩の1発目はタマゴ岩。
20110430_009 20110430_008 20110430_011 Wバンド、奥リスと登っていく。さすが冬期間小屋のクライミングボードで毎週登っているだけあって皆さん体ができています。

20110430_012 5年ぶりくらいで私も奥フェース左をリード。中々難しい。
右ルートはトップロープで登る。

ファイヤーマンはどうも右手のカチと左足のつま先立ちこみができない。あえなく核心で敗退・・・。それでも、同行のKNちゃんは登ってしまった。N崎さんが来てからOさんも何度かテンションをかけながら登ってしまった。
20110430_010 恐るべし女性陣。みんなうまくなってるわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/24

久々に赤岩

今日はパプマルさんと赤岩に行ってきました。
本当は南日高に沢登の予定でしたが残念ながら2日前に天気予報が雨に変わってしまい予定変更ですTT)
久々の赤岩は蒸し暑く曇っていたが、肩の調子も徐々に良くなってきた。
2時間ほどだが十分楽しんだ。

ルート

トリコニ岩
ノーマルルート  13m -Ⅴ
チムニールート  14m -Ⅴ

猫岩  23m Ⅳ

090724_akaiwa_006090724_akaiwa_004  トリコニーでトップロープをセットしていいるとボルトの脇の穴からヘビが顔を出していた。チョイ、ビビったので後方のボルトにセット。ヘビの種類を特定できなかったので石で穴をふさいでおいた。

先日、肩痛のため核心部を登れなかったので今回は肩を心配しながら、ゆっくりとトップロープで登る。最後の核心部も難なく登れたので少し安心した。パプマルさんも少々手こずりながら登ることができた。このあとチムニールートも登ってヘビの穴を元に戻してあげた。

090724_akaiwa_003090724_akaiwa_002  次はリードで猫岩を登る。パプマルさんには少し難しいかと思ったら意外とスルスルと登ってきた。
久々の岩登りはこれくらいで終了。

090724_akaiwa_011 午後からはパプマルさんのリクエストで仁木町の山秀農園にサクランボ狩り。おいしくておなかいっぱいになりました~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/05/25

パプマル西壁マルチピッチを登る

090525_015_2 5月25日

中赤岩周辺
奥リス ノーマルルート Ⅳ-15m

西赤岩周辺
西壁 西壁正面ルート
1P Ⅲ+ 14m
2P Ⅲ+ 19m
3P Ⅳ- 21m
(参考資料=赤岩 発行:小樽山岳連盟)

今日は久々にパプマルさんと赤岩に行ってきた。西壁は難易度が低いマルチピッチで何とかパプマルさんを登ららせることができた。わたくし一人では無理なのでサポートにKNちゃんにお願いして午前中付き合ってもらった。

峠に着くとN崎さんがちょうど来ていて今日は44フェースに行くそうだ。
090525_003090525_006  私たちは、まずパプマルさんが久々なので奥リスで確保とヌンチャクの回収、懸垂下降の練習をした。
西壁は空中懸垂があるのでラペルは必須なのです。リードをKNちゃんにやってもらい、ビレイをパプさん。
いづれ私がビレイしてもらうことになるのでしっかり覚えてもらった。パプさんも登り、ふたりとも懸垂下降で降りてきてもらった。

西に移動し、今度は西壁。
090525_011090525_013090525_017   1ピッチ目は私がリードでパプさん、KNちゃんの順で登る。
2ピッチ目は逆にKNちゃんリードで登ってもらう。
3ピッチ目は再び私のリード。パプさんもなんとか3ピッチ目を登りきった。
090525_016090525_019090525_025    振り返ると青々とした青い海と増毛の山々も今日はくっきり。

090525_028_2090525_039 降りのラペルはパプさんも楽しんでやっていた。
上から見る赤岩の海は何とも言えない絶景でした。

今日は午後から用事があったのに付き合ってくれたKNちゃんありがとうございました。

お昼はいつもの赤岩のこんがりパン屋さんで買い。そのまま山菜とりに出かける。
秘密のウド畑に行き何人かに配って帰ってきた。
今日の山菜料理は私が作る。
ウドの酢味噌和えと、ピリ辛油炒め。まぁまぁおいしかったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)