2017/05/18

道南 横津岳~袴腰岳

2017年5月17日 横津岳~袴腰岳

20170517_072453
メンバー パッポ、パプマル
2月に車をレジアスエースにして後ろにDIYでベッドを作って初の車中泊遠征は道南の横津岳。
スタート  ・・・07:00
横津岳  ・・・07:30
袴腰岳  ・・・09:00
エンド  ・・・・11:00
20170517_064904
予報通りの曇り・・・というか雲の中・・・。
20170517_065404
立派な舗装道路。ゲート脇を通って侵入する。
20170517_065728
両脇には食べごろの蕗のとうが咲いている。
20170517_065816
霧の中を黙々と歩く。
20170517_070801
うっすら太陽を確認できる。やや霧が薄くなってきたような・・・。
20170517_072108
あと200mで頂上かなってところで急に霧がはれ始めて一気に頂上の電波塔が姿を現す。
20170517_072141
ブロッケン現象っぽい霧の輪が自分の影の周りにできる。
これはブロッケンだな。きっと。
20170517_072748
下界は厚い雲に覆われている。
20170517_073040
横津岳到着!
20170517_074646
せっかくなので袴腰岳にも向かう。
20170517_075203
少し登山らしくなってきた。
20170517_075806
時期を変えると湿原の花を楽しめるようだ。
20170517_081609
6月位がいいのかも知れない。
20170517_083228
雪渓も残っている。
20170517_083730
袴腰岳のピークには雲が広がってきた。
20170517_091129
ピーク到着。天気は良かったが、相変わらず下界は厚い雲に覆われていた。
20170517_091113
20170517_091521
袴腰岳ほからみた横津岳方向。結構歩いたな。
この稜線だけ晴れてるって、なんか気分いいな。
下山後は前回来た時に休みで入れなかった谷地頭温泉に行ってきた。
平日の昼間なのにすごく混でた。ツツジが見ごろでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/04

道東遠征3日目 藻琴山

2017年3月30日 藻琴山
20170330_105718

メンバー マッサン、コン先生、キム、パッポ、パプマル
Mokoto
3日目はゆるく登れてスキーが面白い藻琴山!
20170330_093344
キャンプ場から沢沿いを歩き始める。
20170330_095442
どこも疎林帯でいい斜面がある。
20170330_095740
結局源頭まで詰めていくと大斜面が広がる。
20170330_101110
どこを滑ってもよさそうだ。
20170330_105723
遠征最終日もいい天気でピークハント!
20170330_111323
いい斜面です。
2
雪庇ジャンプするキム
1
だいぶテレマークらしくなってきたパプマルさん。
のぼり返して2本滑りました。
今回の道東遠征は天気に恵まれ最高のコンディションで楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/03

道東遠征2日目 武佐岳

2017年3月29日 武佐岳

20170329_104422
メンバー マッサン、キム、パッポ、パプマル
夏は小屋まで車で入れるがこの時期は小屋までのアルバイトが必須。
これが結構長い^_^;
Musadake
斜里のベース宿湯元館から1時間以上かかって着。
取りつき口を探すのに30分ほどかかる。
20170329_095634
この日も天気よく青空の下の山行。
20170329_105702
広い稜線歩きは気持ちいい。
20170329_112349
トラバース!
急登下でスキーデポ。
20170329_123143
山頂に着くとちょっと曇ってきた。
20170329_123647
下山は大トラバースであっという間に下山。
無事二日目も終了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/23

雲中の武利岳

20160622_103233

2016年6月22日

武利岳
メンバー パッポ パプマル
スタート ・・・08:15
5合目 ・・・・09:40
ピーク  ・・・11:10
下山   ・・・13:30
登り 2時間55分 下り2時間10分 (休憩含む)
朝3時に出発し、登山口到着は8時。遠いなぁ~
白滝側から通行止めの情報があったので留辺蘂側から入る。
白滝からの道に合流する林道?は舗装してあり問題なし。
20160622_074407
ダートもよく整備されていて快適に運転できる。最後の駐車場に上がるところが少し荒れている。
20160622_083136
序盤は歩きやすい。
20160622_084927
稜線に上がる急登。倒木が多く荒れている。
20160622_085853
2合目を過ぎても急登は続く。笹が少なく森の中まで見通しが利き気持ちがいい。
20160622_091134
3合目を過ぎると稜線に上がり、視界も開け景色が良くなる。
20160622_091321
巨岩に生えるエゾ松。
20160622_091400
いたることろに岩が出てくる。
20160622_091501
なかなか雰囲気があります。
20160622_093737
雲は消えませんが、頂上は雲の上かと期待を込めて登って行きます。
20160622_094040
途中下りもあります。完全に雲の中。
20160622_095544
まだ雪渓がありました。
20160622_100250
雪渓が解けた辺りにはショウジョウバカマ。
20160622_102246
ハイ松帯突入。小さな虫がいっぱいいて閉口。
20160622_104244
岩登りチックな個所も!
20160622_105253
やせ尾根上にはキバナシャクナゲ、イワウメ等が咲き始めていた。
20160622_111205
頂上につきました。残念ながら雲中でした。
20160622_125835
残念ながら展望は得られませんでしたが、変化に富んだ面白いルートでした。
帰りはおんね湯温泉に入って帰宅。遠かったな~W

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/09

岩平峠BC偵察

2016年3月8日

岩平峠南斜面
20160308_110202
スタート ・・・ 8:30
ピーク ・・・・11:00
エンド ・・・・13:00
Iwahira
今回は以前から気になっていた斜面の偵察山行に行ってきた。
メンバーはマッサン、春吉と私たち4人。
20160308_083058
蕨台古平線の最終除雪地点からのスタート。
発足川沿いの林道分岐を右に進み沢沿いに進む。
20160308_085654_2
橋を渡ってしばらく進むと林道ヘアピンがあり、そこから沢沿いに進む。
20160308_092605
途中から尾根に取りつく。
20160308_100049
主稜線まで上がると八内岳が見える。
晴れていればニセコ連山が見えたかも知れない。
20160308_102256
稜線上は疎林帯で初心者のスキー野も適している。
20160308_104213
ピークまでは2時間30分。
20160308_111502
頂上からは八内岳に続く稜線。積丹岳、余別岳など積丹方面の山が良く見える。
20160308_111439
ここはJP。奥にはルベシベ山が見える。
この付近は東面の沢、南面も疎林帯のオープンバーンが広がっていて思った通りの斜面だった。
今回はピークから南の斜面を滑って帰ることにした。
高低差は約400m。雪質はこの時期にしてはいち早く春のザラメぽい雪になっていた。
心地よくシャーシャーと音を立てて気持ちよくすべれた。
Fullsizerender
帰りは少し読図力が必要になる。GPSを見ながらぴったり林道の橋にでた。
20160308_123500
後は林道を辿れば来たときの林道分岐に着く。
20160308_125050
早くもふきのとうが出ていた。ことしの雪解けは早そうだ。
この辺はいい斜面がありそうだ。次回は違う斜面も滑ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/16

目国内岳周辺の国内豆知識

目国内岳は夏冬とも人気の山でよく登られている。
最近は三国内という三等三角点も山スキーの人気の山になっている。

三国内があるということで、ほかの○国内があるということもよく知られている。
しかし、その三角点がどこにあるのかはなかなか知れていない。(というか私は知らなかった)
そこで一国内を始め、二国内、三国内・・・・目国内を調べてみた。

Map

点はすべて三等三角点。

一国内:・N42.51.03/E140.29.26:標高252.82m
二国内:・N42.52.47/E140.25.18:標高582.12m
三国内:・N42.53.13/E140.28.31:標高969.87m
四国内:・N42.54.01/E140.30.53:標高1202.25m
五国内:・N42.54.06/E140.32.15:標高980.43m
六国内:・N42.51.31/E140.27.00:標高234.32m
七国内:・N42.49.47/E140.27.36:標高57.98m
目国内:・N42.51.45/E140.32.03:標高334.03m

ということで!
なんと目国内岳のピーク近くにある三角点は目国内ではなく点名:四国内でした。前目国内岳は五国内。目国内という三角点はあったが、ピークという点ではなかった。また、七国内は標高57.98mという低さ。

調べてみると色々面白い三角点。

*三角点資料はiphoneアプリ”三角点”を使用*

| | コメント (0) | トラックバック (0)