2015/03/10

アドベンチックな積丹大天狗山

2015年3月9日

20150309_018
スタート ・・・・・09:00
ピーク ・・・・・・12:45
エンド  ・・・・・14:50
登り 3時間45分 下り 2時間
Daitengumap
メンバー ナベさん、ノンちゃん、パッポ、パプマル。
以前から気になっていてなかなか行くことができなかった積丹の大天狗山。
数年前にオプカルイシ川の駐車場に車を止めて「いったいどこから取りつけばいいのだろう」と言う感じでいきなりの急斜面が目の前に広がる。
20150309_001
序盤の登りはどこから登っても登りやすいといったような正解的なルートは無い。
スキーでは到底登れそうもない密集した雑木林と急斜面に始めからスキーという選択肢はなかった。雪も気温が高かったでいか春めいた感じでいい感じに埋まり始めからシューを履くことになった。
始めは右側に見えるバンド状の尾根に取りつこうと考えたが、正面の急斜面の前に立つと意外に行けそうな感じだった。
「とりあえず行ってみるか!」ということでゆるんだザラメ斜面をガシガシラッセルして登っていく。
20150309_005
序盤の急登を登り切ると景色はいっきに良くなる。
なだらかになった稜線を歩き始めるが、地図には載っていない起伏が多くある。
次第に風が強くなってきて進退の決断を考えたが、同行メンバーのやる気に満ちた目を見たとたんその迷いは吹き飛んだ。
20150309_014
最後のオープンバーンの壁は距離をあけて登る。先頭は経験豊富なナベさんに行ってもらう。
20150309_016
そのルート取りは絶妙でうまく樹林帯を縫うようにジグをきり安全なコース取りだった。
20150309_017
直下の稜線はものすごい強風で立っているのも大変な感じだった。
私がしゃがんで戸惑っていると「上ホロの強風を体験しているのでたしたことない」というナベさんの励ましに感動し一歩づつ進んだ。
強風のなか何とかピークに立ち写真を撮ってすぐに下山した。
(本当に風が強かったW)
20150309_022
帰りは雪崩を注意し慎重に降りていく。
20150309_024
ふと振り返るとメンバー3人が滑落していた。雪が深かった為途中で止まったが危ないところだった。
下山は途中から偵察がてら沢を下ることにした。
標高200mあたりから沢の口が開き始めたのでトラバースし安全な方から下山した。
20150309_026
まだ3月9日だというのに蕗の唐。
無事下山で同行のメンバーありがとうございました。
**独り言**
最近はネットにいろいろな山行記録が載っていて参考にしている人も多いと思う。
ルートもコピー。計画書もコピー。便利になってきた。
でも私は個人的に人の計画やルートをそのまま行くのは好きではない。
「登山は机上から」と私は良く言う。地図を見てルートを探り山行タイムを予想する。行ってみて試行錯誤するのが楽しい。もちろん装備もいろんな状況に対応出来るようにしておかなければならない。
その点で今回の山行は冒険性が高く非常に楽しかった。自称滑り系山屋だが、こんな山行が隠れた山屋の心を引き出させてくれる。マイナーな山ほど楽しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/28

まさかのパウダー十勝幌尻撤退

20120327_025
2012年3月27日
スタート ・・・06:30
尾根取りつき・・07:45
co1100m ・・・・11:00
エンド  ・・・13:00
20120322
登り4時間30分 下り2時間 休憩含む

久々の敗退。
20120327_006
戸蔦別ヒュッテに向う林道は作業のため早くも除雪されていた。しかしオピリネップ川沿いの林道は一度除雪されてはいたが2,3日前の雪のため車が入れず、林道入口からのスタートとなる。ラッセルは10cm~15cmほど。1時間少しで夏登山道の駐車場についた。
20120327_007
そこから尾根取り付きまで30分ほど。徐々に雪が深くなってくる。
20120327_010
尾根の取り付きからは30cmほどのラッセルになる。
天気は最高にいい。この調子だと気温も上がり深雪も重雪になり稜線にさえ出られないという事態になってきた。
20120327_011
始めは頑張ってラッセルするが、徐々に疲れてきて100m登るのに何度も足が止まるようになってくる。
20120327_017
どう考えても稜線にさえ出られない状況で、あとはいつ撤退の決定をするだけだった。
20120327_016
11時を過ぎて行動時間も4時間を超え十分ラッセル訓練もできたという判断をして少し休んで下山することにした。

20120327_022
思いがけずこの時期のパウダースノーにクラスト斜面をイメージしていただけに何とも言えない敗退になった。

20120327_034 20120327_035_2
帰りは日高でソバを食べた。コシがあって美味しいそばだった。
20120327_033
う~~無念。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/03/06

ナイフリッジフリークに積丹・鉞山

20120305_055 2012年3月5日
鉞山(まさかりやま)
5年前に余別岳に登った時に「あのとがった山は何だろう。」と思ったのが初めて鉞山を見た時だった。
100422_060 その後2年前に珊内岳に行った時も気になっていて「こんな山登られるのだろうか・・?」と思いネットで調べた。
数人の記録が引っかかった。

20120305 スタート ・・・08:15
渡渉地点 ・・・09:15
c400m   ・・・10:30
ピーク  ・・・12:10・12:30
エンド  ・・・14:30
登り4時間 下り2時間

20120305_004 林道の最終除雪地点に着くと目的の鉞山が良く見える。「やはりとがっている。まるでウルトラマンの頭のような稜線だ。」
20120305_009 林道と進むと看板があってそこを右に曲がり林道通りに進むが、このまま進むと大きく迂回するので降り切ったヘアピンでショートカットする。
20120305_013 急登を登り再び林道に出る。鉞山は若干横向きになるのでリッジはとがってが見えないが、それでも狭そうな稜線が良く分かる。
20120305_018 2本目の橋を超えると左に入り、本流を渡渉する。この時期はスノーブリッジがあって安全に渡渉出来た。一応渡渉用ゴミ袋を持ってきたが今回は必要ない。

20120305_019 急な尾根に取りつき高度を上げる。ラッセルは10cmほど。ピッケルを持つが、アイゼンは必要なさそうだ。
20120305_020 c250mあたりにいいお休み椅子があってここで小休止をする。
20120305_022 なれないツボ足で結構疲れる。その後c400mまで休み休みゆっくり登ってポコをトラバースする。
20120305_023 その後しばらくはなだらかな稜線を歩く。足が結構埋まって疲れたのでシューを途中にデポしたことを少し後悔した。

20120305_028 c600m付近でロープを出しパプマルさんとアンザイレンで登る。
20120305_029 難しいところが何か所かあるが、先に私が登り安全な場所でスタンディングアックスビレイで確保する。
20120305_031 場所によっては肩幅程のナイフリッジを歩く。北側面はほぼ下が覗けないほど切り立っている。
20120305_039 今日は風もなく天候が良かったため視界が利き歩きやすかった。確保が必要だった場所は2か所。
20120305_041 後は5mほどあけてゆっくりと進んだ。

ナイフリッジのいい場所があったのでパプマルさんに撮影をお願する。
20120305_036 いつものことだが、指がレンズに入っていていいところが写っていない。
下手だな~も~・・・」と言いながらカメラを取り上げ私が撮った一枚がこれ!
20120305_038 (/_;)\(-"-)普通ならドロップキックが来そうなボケだが、ここでやられると完全に滑落なのでやめてもらった。どうやらうちのカメラは指がレンズに入りやすいカメラのようだ。

20120305_045 緊張する稜線歩きもさほど続かず、すぐにピークに着く。

20120305_050

20120305_046 展望は最高!左から大天狗、余別岳、珊内岳、屏風山、赤石山と積丹山塊を見渡した。
20120305_047 また雪山ガイド増補版にも載っている珊内~屏風の間にあるガニマナコの撮影にも成功した。
20120305_0471 本来ならガイドにこの写真も載せたかったところだがが、また機会があれば入れてもらおう。海から見るとカニの目の見えるという”ガニマナコ”。やっと宿題が終わった気がした。

20120305_056


20120305_057 下りは早い。ズボッズボッと腐った雪を大股で下りる。1時間ほどで渡渉地点に戻り、さらに1時間で下山。

20120305_007 下山途中でもう1つ気になった山があった。能蘭山495m。低山なので「ついでに登ってしまえ。」くらいに思っていたが、実際見てみるとアルパイン要素がちょこっとありそうな山だ。今日の所は偵察ということでやめておこう。

***************************
 今回登った鉞山の山行記録には小樽GCCの山西さんの記録もあるようだ山西さんとは岳連の遭対訓練や理事会でよく顔を合わせていたが昨年暮れに亡くなられた。飲み会の席ではよく山に誘われていたので非常に残念な思いだった。
 そんなんこともあり今回山西さんも登った鉞山を辿ることにした。個人的だが、追悼山行という意味も込めて登ってきた。
***************************

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/04/19

春の積丹 第5弾 ポンネアンチシ山

20110418_039_2 2011年4月18日
スタート ・・・05:45
滝の沢林道・・・06:00
林道終了地点・・06:54
尾根取り付き・・07:10
稜線co800m・・・09:30
co990mポコ・・・09:50
ポンネアンチシ山10:40
余別岳稜線~撤退
ポンネアンチシ山11:50
林道終了地点・・14:40
滝の沢林道・・・15:25
エンド  ・・・15:44

Yhmlmap 登り 5時間 下り4時間(途中食事休憩30分)

20110418_002 今日は2度目となる積丹のポンネアンチシ山に行ってきた。メンバーはEba夫婦、I藤さん、パプマルと私の5人だ。時間があったら余別岳も狙おうという当初の計画でポンネ未踏3人を加えての山行だ。

20110418_005 朝4時に小樽で待ち合わせ、2代の車で当丸峠を越え神恵内大川林道(今月3回目)に向かう。4月5日に来た時よりはかなり雪は減ってきたが、まだまだたっぷり残っている。
20110418_006 車はやはり滝の沢林道の橋までは行けず、手前1kmの所に止める。

20110418_011 準備運動も兼ねて15分のアルバイトはさほど山行タイムの影響にはならない。先週も来た珊内岳の取り付きの林道終了地点までは1時間ほど。そこから一本奥の尾根まで右岸を登らず、降りず進んでいくと大きな沢があるのでスノーブリッジを越えていよいよ取り付きになる。

20110418_012 100mほど急な斜面を登るとこのルート1番の難所のやせ尾根がある。ここの尾根には細い上に一本の邪魔な木があるので気を付けたい。

20110418_021 しばらく急な登りとなだらかな尾根を登っていくとco700m当たりでゆるい尾根になる。天気が良ければポンネのピークが良く見えるはずだった。
20110418_024 ここを登りきるとポンネと珊内岳と結ぶ稜線に出る。2年前はここに真新しい熊の足跡があったところだ

20110418_030 標高858mあたりに上がると余別岳も見えるはずだったが、今日は何も見えなかった。ついでに雪まで降ってきてテンションは10%ほど下がる。990mポコに着けばそれはそれは素晴らしい展望が開ける・・・・はず。

それでもお昼からは天候も回復という天気予報を信じてまた登り始める。

20110418_034 今回はゆっくりめに歩いたので5時間弱でピークに到着。ここからの展望は最高で余別はもちろんだが、積丹岳。振り返れば先週登った珊内、屏風山、ガニマナコ、赤石山なども良く見える。

P4180837 偵察も兼ねて余別岳への稜線を歩いてみる。標高点1163mに着いた時、展望がない上に風も強くなり中止とした。余別岳ピークまではあと900mだった。途中でパッポ隊長すっぽりと雪の穴に落ちる。八甲田に行った時も1度やってますが、ツボ足の時は気をつけないとだめですね。(写真提供Ebaさん)

やっぱりこの稜線は晴れた日に歩いてみたい。

20110418_028 稜線には雪庇が発達しているところが多く、大きく破断しているところもあった。

P4180840 ポンネのピークで写真を撮っていると、パプマルさんが「そういえば今日は結婚記念日だった。」といった。しまった。すっかり忘れていた・・・。晴れていたらいい記念になったのに。残念。(写真提供Ebaさん

20110418_051 20110418_053 20110418_055 下山は早い。co900mあたりから南下を初めて沢を横断してもとのルートに復帰した。
元のルートに着くと「あれ!?私たち以外のひとのトレースがあるわ!!」とI藤さん。
すいません。ルートの説明をちゃんとしなくて。

20110418_061 下りの急斜面ではピッケルを使っての滑落訓練もした。ほとんど本気で滑落しかかった人も中にはいたが、それぞれいい練習ができて良かった。

最後の林道歩きは男性陣、女性陣に分かれて山談義などしてあっという間に車に無事到着。

今回は天候悪化による視界不良のほかに2,3日まえに降った新雪20cmが歩くペースを落としたが、
雪が締まっていればツボで歩くスピードも速くなるため、もう少し早い時間で行けると思う。

帰りは温泉998に入って汗を流す。
こうして総行程10時間に及ぶ山行は無事終了となった。

Ebaさんお付き合いありがとうございました~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/14

春の積丹 第4弾 珊内岳~屏風山

20110412_082 2011年4月12日
珊内岳~ガニマナコ~屏風山縦走

昨年に続き道ルートの歩行。昨年の反省点も含めて今年も行ってきた。
昨年記事 2010年 珊内岳~屏風山縦走

20110405map スタート ・・・06:20
co914m  ・・・09:30
珊内岳  ・・・10:30・10:40
屏風山  ・・・12:15・12:40
エンド  ・・・14:30

総走行時間 8時間10分 (休憩含む)
今年は滝の沢出会いの橋1km手前までしか除雪が入っていない。
往復2km林道歩きアルバイト

20110412_006 まずは林道歩き。朝は冷え込んでいたおかげでツボ足でも全く埋まらず歩きやすい。1時間ほどで林道終了地点。
取り付き急登はキックステップで登り始める。
20110412_011 co550m付近にある第一の関門。ここは南西面の残雪をキックステップで登る。
20110412_015 co610mは東面を巻いて登る。
20110412_017 co700mは東面をトラバースしてコルに出る。

20110412_022 ここを過ぎるとしばらく緩斜面を歩き、標高940mに向かって急斜面を登る。
20110412_023 平坦な尾根に登りきると北には余別岳、ポンネアンチシ山が見える。
20110412_028 南西には屏風山に続く稜線と珊内岳が少し見えるが、ピークは望めない。

20110412_030 後は景色を楽しみながら珊内岳を目指す。

co1031mはトラバースをしてその北のポコ1040mは稜線上を歩く。
20110412_037 ここからコルへの下りは急なので緊張する。

20110412_041 20110412_046 20110412_049 珊内岳からの展望は積丹山塊中を見渡せ素晴らしい。

20110412_053 ここからルートはco1000mまで戻り通称ガニマナコち呼ばれる稜線を歩いて屏風山を目指す。
標高点989mからの下りが一番の難所で南西斜面とトラバースも考えられるが、そこはかなり雪崩のリスクがある。もしトラバースするなら2人以上で20mほどのロープで互いに確保することを進める。
20110412_064 私は西面の岩場を三点確保でトラバースする。

20110412_069 岩はもろいのでこちらも注意が必要になる。

20110412_073 ここを下りきると後は最後の登り。20110412_090 屏風山のピークもまた素晴らしい。
20110412_078 20110412_079 20110412_084 南には先日登った赤石山が望まれる。

20110412_092_2 下山は南尾根を少し下る。振り返ると屏風山の裏側が見え、切り立った岩壁が屏風山の名前の由来ということが良く分かる。
ピークから300mほど下ったところに南東に尾根があるのでそこから下山した。

20110412_095 時間的に雪が腐り始めるのでスノーシューがありがたい。どんどん高度を下げるとあっという間に林道に復帰する。

2年続けての珊内岳。この時期だけの贅沢な展望は飽きる事がない。

20110412_102 帰りは珊内の温泉。

20110412_101 珊内の町から今日歩いた稜線は見えるか楽しみにして行ってみたが、町の橋からの展望は残念ながら雲がかかって見えなかった。
また今度来ることがあったら見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/26

二ツ森 新兵器で行くぜ

20110325_023 2011年3月25日
二ツ森

スタート ・・・08:30
ピーク  ・・・11:00・11:40
エンド  ・・・13:25

20110325_map  登り 2時間30分  下り 1時間45分

20110325_028 今日は仁木町銀山の7kmほど東にある二ツ森に行ってきた。普通山は○○山とか○○岳とかいう山名が多いけどこの山は珍しい。以前から気になっていたので今回偵察がてら行ってきた。

まず車の止める場所が予定のルートの場所に止められなかった。初めに尾根内地区の神社の脇にある道から入ってみるが最終除雪地が民家があって完全に私有地。次に行ったのが上尾根内川沿いの道路。ここも私有地らしい最終除雪地で駐車するには適していない。当初の予定からはずいぶんずれたが土木川沿いの道路を進んでみると奥に続く林道の手前まで除雪してあったのでここに駐車した。

20110325_004 この山は取り付きまでの林道歩きが3.5kmほどあり長い。しかも取り付きの尾根が結構急斜面。
20110325_020 そこで今回はテレマークスキーはやめて新兵器MSRのスノーシューでの山行にした。

20110325_006_3 20110325_008 20110325_009 朝は雪が固いので全くラッセルなしで長い林道を歩く。co576mに続く標高尾根に取りつく。新兵器のEVOアッセントの調子はいい。急斜面も登れるし、ジグを切るにも小回りが利いてスキーのルートファインディングに比べると何処でも行ける便利ツールだ。

20110325_010 慣れないスノーシューでパプマルさんコロンとしています。急斜面からは深い雪も溜まっていてラッセルも結構ある。尾根が緩やかになってもラッセルは続き結構埋まる。でもスキーより軽く楽だ。パプさんはスキーのほうが楽だと言っていたが私はシューのほうが歩きやすい。

20110325_012 GPSを見ながら標高600mの等高線に沿ってトラバースを始める。やっと二ツ森のピークが見えるとコルへ下る。
20110325_014 20110325_015 普段スキーでの山行が多い3人なのでシューでの下りは慎重になっている。
20110325_028_2 西側から見たピークはミニ余市岳といった感じだ。

20110325_019_2 登っていくと南面はザラメ化していて登りやすい。北面は結構いパウダーが積もっていてスキーだったらかなり楽しめる斜面だった。

20110325_017_2 20110325_018_2 展望はまずまず。羊蹄山の裾野、東に三角山、阿女鱒岳、余市岳。西には銀山に続く稜線と、北には大黒山や赤井川村のカルデラを一望できる。

20110325_030 下山は3人でパウダー斜面を駆け降りる。まっすぐな点々シュプールもたまにはいい。

20110325_031 下山時間はスキーと違って時間がかかるかと思ったが、意外と速かった。
スノーシュー山行もまた楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)