2017/04/04

道東遠征3日目 藻琴山

2017年3月30日 藻琴山
20170330_105718

メンバー マッサン、コン先生、キム、パッポ、パプマル
Mokoto
3日目はゆるく登れてスキーが面白い藻琴山!
20170330_093344
キャンプ場から沢沿いを歩き始める。
20170330_095442
どこも疎林帯でいい斜面がある。
20170330_095740
結局源頭まで詰めていくと大斜面が広がる。
20170330_101110
どこを滑ってもよさそうだ。
20170330_105723
遠征最終日もいい天気でピークハント!
20170330_111323
いい斜面です。
2
雪庇ジャンプするキム
1
だいぶテレマークらしくなってきたパプマルさん。
のぼり返して2本滑りました。
今回の道東遠征は天気に恵まれ最高のコンディションで楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/03

道東遠征2日目 武佐岳

2017年3月29日 武佐岳

20170329_104422
メンバー マッサン、キム、パッポ、パプマル
夏は小屋まで車で入れるがこの時期は小屋までのアルバイトが必須。
これが結構長い^_^;
Musadake
斜里のベース宿湯元館から1時間以上かかって着。
取りつき口を探すのに30分ほどかかる。
20170329_095634
この日も天気よく青空の下の山行。
20170329_105702
広い稜線歩きは気持ちいい。
20170329_112349
トラバース!
急登下でスキーデポ。
20170329_123143
山頂に着くとちょっと曇ってきた。
20170329_123647
下山は大トラバースであっという間に下山。
無事二日目も終了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/01

道東遠征1日目 海別岳

2017年3月28日 海別岳

20170413_11_25_57
メンバー マッサン、キム、コン先生、パッポ、パプマル
Unabetsu
強風で有名な海別岳。当日はほぼ無風で最高のコンディション。
20170413_11_27_24
雪山ガイドのルート手前の丁字路から取りつく。
20170413_11_27_35
ピーカンのなか先行者のトレースを辿って進む。
20170413_11_27_11
森林限界から先も雪質は安定していて帰りも滑りやすそうだった。
20170413_11_28_26
稜線に出るとやや風があったが穏やかな天気は続いていた。
北面も素晴らしい斜面が広がっていた。
20170413_11_24_32
急登、のぼり返しが有りそうだったのでスキーをデポ。
20170413_11_24_58
無事登頂!360度丸見えでした。
1日目無事終了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/03

チセヌプリ北斜面

2016年5月2日

チセヌプリ北斜面〜ビーナス


スタート 8:00
チセ 10:40
ビーナス 11:20
エンド 12:00


メンバー 浅ヤン、春吉、パッポ、パプマル
以前から何度か計画したも悪天候でいつも中止していたルートだったが、今回やっと行く事ができた。


パプマルさんの腰の調子をみながらザラメのチセヌプリへ!


360度のパノラマピーク


北斜面の眺望も素晴らしい。



長沼ビューポイント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/09

岩平峠BC偵察

2016年3月8日

岩平峠南斜面
20160308_110202
スタート ・・・ 8:30
ピーク ・・・・11:00
エンド ・・・・13:00
Iwahira
今回は以前から気になっていた斜面の偵察山行に行ってきた。
メンバーはマッサン、春吉と私たち4人。
20160308_083058
蕨台古平線の最終除雪地点からのスタート。
発足川沿いの林道分岐を右に進み沢沿いに進む。
20160308_085654_2
橋を渡ってしばらく進むと林道ヘアピンがあり、そこから沢沿いに進む。
20160308_092605
途中から尾根に取りつく。
20160308_100049
主稜線まで上がると八内岳が見える。
晴れていればニセコ連山が見えたかも知れない。
20160308_102256
稜線上は疎林帯で初心者のスキー野も適している。
20160308_104213
ピークまでは2時間30分。
20160308_111502
頂上からは八内岳に続く稜線。積丹岳、余別岳など積丹方面の山が良く見える。
20160308_111439
ここはJP。奥にはルベシベ山が見える。
この付近は東面の沢、南面も疎林帯のオープンバーンが広がっていて思った通りの斜面だった。
今回はピークから南の斜面を滑って帰ることにした。
高低差は約400m。雪質はこの時期にしてはいち早く春のザラメぽい雪になっていた。
心地よくシャーシャーと音を立てて気持ちよくすべれた。
Fullsizerender
帰りは少し読図力が必要になる。GPSを見ながらぴったり林道の橋にでた。
20160308_123500
後は林道を辿れば来たときの林道分岐に着く。
20160308_125050
早くもふきのとうが出ていた。ことしの雪解けは早そうだ。
この辺はいい斜面がありそうだ。次回は違う斜面も滑ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/26

ペケレベツ東面

2015年2月25日

冬期初の日高BCはペケレベツ岳にパウダーイーターの皆さんと行ってきた。
20150225_007
道央では降雪不足でなかなかいい雪にあたらかなった2月だったけど、ペケレベツの上部は意外にいい雪が積もっていて思いがけないあたり斜面を滑ることができた。
20150225_009
もちろんピークもしっかり踏んできた。
20150225_013
これは癖になるかも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/04

稲穂嶺偵察山行2

2015年2月4日
稲穂嶺
前回に続いて稲穂嶺偵察山行!
20150204map
登り・下り
スタート ・・・09:50
送電線 ・・・10:30
ピーク ・・・・11:10・11:30
エンド  ・・・12:07
登り1時間20分・下り40分
メンバー パッポ・パプマル
20150204_003
今日は手前の尾根から取りつき標高点253mのポコを目指す
20150204_004_2
尾根が狭いが疎林帯が続き帰りも快適そうだ。
20150204_007
ポコ253mは登らず左にある林道あとを辿る。
20150204_008
標高280m付近で林道を横断するがそのまま尾根を忠実に登って行く。
20150204_009
370m付近で送電線下に出る。送電線の下を通過してそのまま急な斜面を登って行く。
ここで約半分くらいの行程。約40分ほど。
20150204_010
こんなところに穴が!!意外と稲穂嶺ではこのような穴がよくあいているようだ。
標高400mあたりで先行グループのトレースと一緒に」成りラッセルを利用いさせていただく。
20150204_011
だんだん天気も良くなってきているがすっきり晴れない。
直下の急登を登っていると4人の先行者が降りてきた。
なんか見覚えのあるウェアの人がいたので気になった。
20150204_012
1時間20分ほどでピーク到着。
明日行く予定の銀山が見える。
20150204_020
ニセコ方面は雲の中で展望無しorz
下山準備をしていると先行グループが登り返してきた。
「すいません。みどりの方ですか??」
聞いてみるとHYMLの平日メンバーだった。
20150204_021
(左から低山さん、坪さん、ヨシオさん、かっちゃん)
平日山でHYMLのメンバーと会うのはまれで超レアな体験でしたw
しばらくお話をして、帰りはご一緒させていただきました。
20150204_024
かっちゃん

20150204_026
坪さん

20150204_028
低山大好きさん
20150204_030_2
よしおさん

20150204_032
パプマル

Img_2571
(山頂にて写真提供よしおさん)
MLのみなさんありがとうございました。
いい雪でした。いい偵察ができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/01/21

稲穂嶺偵察山行

2015年1月14日

稲穂嶺
20150114_008
手前の標高253mのポコを経由していくルートだったが、今回はひとつ沢を超えた西の尾根から取りつく。
スタート・・・・09:45
送電線下・・・10:30
ピーク ・・・・11:40~12:00
エンド ・・・・12:40
登り1時間55分・下り40分
メンバー CLパプマル、Iさん、Nonちゃん、パッポ
20150114_map
車は駅の駐車場に止めさせてもらう。
20150114_002
駅員さんに一声かけてからホームを横断して取りつきに向かう。
20150114_004
ホームの端に着いてからスキーを履いて歩き始める。
20150114_006
線路沿いは危険なので線路からは十分距離を取ったルートで進む。
大きくくぼんだ沢を超えてから尾根に取りつく。
20150114_009
序盤は雑木林を進む。しばらく登ると標高260m付近に差し掛かったころ送電線の下に出るのでそのまま送電線したを登って行く。
標高320m付近まで登ると送電線は尾根から左にそれていくが、そのまま尾根を忠実に登って行く。
緩い尾根をゆっくり登って行くと途中に50cmほどの大きな穴が空いた場所があった。
帰りは落ちないようにきをつけよう。途中は疎林帯が続き、帰りのスキーも楽しめそうだ。
20150114_014
標高420mあたりに着くと雪原が広がりピークの稜線と正面のオープンバーンが視界に入ってくる。
20150114_016
最後の急登をジグを切って登ってピークに着く。
20150114_019
ゆっくり登って2時間ほどでピークに到着。
ピークからは隣の銀山。羊蹄山、ニセコ連山。大黒山と銀山の街並みが一望できる。
20150114_028
20150114_029
銀山方面
20150114_026
羊蹄山と手前銀山
20150114_030
大黒山と銀山の街
20150114_040
4本のシュプールを刻む。
20150114_041
パプマルテレマーカー。
帰りは送電線下も面白い。
あっという間で40分ほどで下山。
20150114_051
パッと見どこがピークはわかりにくいが真ん中右奥がピーク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/29

年末スキー合宿inマッサンヒュッテ

20141228_019

2014年12月28日
3日間のスキー合宿がニセコのチセ近辺で行われました。
27日の夜から参加で28日に2班に分けた総勢17人でビーナスに行ってきました。
生憎ビーナスのピークはホワイトアウトだったが長沼方面の雪はよく中腹から下はよかった。
20141228_009
20141228_014
今年も同行していただいた皆さんありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/27

余別岳再訪

2014年03月26日余別岳
20140326_031

スタート  ・・・・・06:20
Co1029m ・・・08:50
ピーク  ・・・・・10:35・11:00
エンド  ・・・・・・13:30
登り4時間15分 下り2時間30分
20140326_001

5:30ちょうど日の出時間登り口まではもう少し。
20140326_002

ゲートまで車は入れた。2,3台は止められそうだ。
20140326_004
密度の濃い雑木林の急登尾根に取りつく。
20140326_007

登りきると積丹岳が見える。

20140326_014

ダラダラとした尾根を登る。ゆっくり歩いたつもりだったけど二人なのでペースは意外と速い。か?
20140326_025
Co1029mに到着。スキーはデポしてテレブーツにアイゼン装着。
20140326_027
雪庇に気をつけて細尾根を歩く。
20140326_031_2

1100mの急登は西側から巻く。

20140326_033

巻き終わってまたダラダラ。ピークは遠くてなかなか見えない。

20140326_039
4時間チョイでパプマルさん念願の初ピーク。
20140326_040

ポンネ方面

20140326_043

積丹岳方面

20140326_057

帰りは1029mまで戻って快適スキー。

20140326_060

快適快適春スキー。
下部はザックザックザラメ雪をつんのめりながら無事下山。
やっぱ春の積丹はいいなぁ~。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧