2016/06/06

小樽赤岩ミミズク岩本チャン登攀

20160605_142604
ミミズクピナクルと窓岩の間を旋回するミサゴ。超レアアングル!

2016年6月5日

20160605_093630
メンバー イッシー ユキちゃん 私というこれまた超レアメンバー。
佐藤代表の助言とBMCの数年前の記録を参考に攀ってきました。
P6050692
残置ハーケンは腐りハンマーで叩くとバラバラに砕ける。
岩も脆いと聞いていたが思った以上に条件は悪かった。

1P リード 私 Ⅳ
P6050693
脆い岩、浮石に気をつけて登る。残置ピン無し。
2P リード 私 Ⅳ
P6050697
引き続き悪いホールドをだましだまし登る。
3P リード イッシーⅣ-
P6050713
12m程登るとテラスに出て切る。
4P リード私 Ⅲ
確信手前のジェドル下でロープの流れを考慮して切る。
5P リード イッシー A0 (Ⅴ+)
P6050718
ジェドルをA0で登り途中から左にトラバースし、さらにA0で登る。残置ハーケンは腐食が進み破断の恐怖と戦いながら登る。
しかも最後の残置が遠い。最後のヌンチャクのカラビナには腐食したハーケンの残骸が残っていた。
テラスにでたら、ピナクルの右を巻いてキャメで支点を作りビレイ。ここをリードしたイッシーを尊敬‼︎
20160605_145025
ピークからクライムダウンするとお地蔵さまが・・・。
20160605_150508
あの頂上にはミサゴの巣が!登っている最中は何度も旋回し、騒がしく鳴いていた。
20160605_151210
邪魔者がいなくなったので巣を確認にきたミサゴくん。

帰りは大壁側にクライムダウン。
20160605_142949 黒いリッジ、北大ルートの取り付きを確認して窓岩側に
懸垂。
20160605_162523
ガレガレなので落石注意。ロープの長さが心配だったので2回に分けたが、1回だとぎりぎりだったかも。

このルートは赤岩整備が入っておらず、危険です。。
登る方は自己責任で!

無事懸垂下降も終わるが、最後の最後に携帯を落とすおまけ付きで無事修了した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/07

新小樽赤岩クライミングがいど



新しい赤岩本来ました〜
制作に携わった皆さんご苦労様でした。
内容も写真付きでルートが分かりやすくとても良い仕上がりです。
登攀史なども以前の赤岩本からの記録をひきついでいて先人達への考慮もされています。

また新しい技術も紹介されています。
これから始める人。以前からやっている人にも是非入手したい一冊です( ´ ▽ ` )ノ

まだ行っていないルートもあるのでこの本持って行って来たいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/06/04

芦別岳1稜を攀る

2014年6月4日
Imgp2266
メンバー パッポ、マイケル、ヨッシー
昨年の本谷に続き今年も芦別岳に行くことになった。
偶然にも1稜に行きたいとうメンバーが二人からのお誘いがありすぐに日程とメンバーが決まった。

岩見沢IC3:0~登山口4:30~ピーク10:0~1稜取りつき10:3~登攀終了16:0~下山19:0
登攀時間5時間30分

この日はとても暑く富良野市内は30度を超える予報だった。当然いい天気で山も暑かった。
Imgp2183 今年は事前情報で本谷のゴルジュや周辺の雪どけが」進んでいるということだったので新道から登り本谷を300mほど下って取りついた。

Imgp2209 ルートはほぼ50mロープを出し切って11Pあるようだが、私が数えたピッチは12だった。
1Pの核心は唯一ルート経験者のマイケルが行く。30mほど登ったころでロープが出なくなった。しばらくしてまた少しずつ動き出し「ビレイ解除~」の声が本谷に響き渡った。
20140604_017 登ってみ   ると乗っ越の核心の崩落が激しく進んでいて確かなホールドがない。ここを登るには登攀技術よりもも度胸が必要だ。
Imgp2230後はリードを交代しながら登っていく。
Imgp2228
今日はBMCの遭対部の二人が一緒なので何かと心強い。
Imgp2248
コンテニュアスかスタカットか悩むところだが結局すべてスタカットで登る。
Imgp2264
踏み跡は明瞭でルートを間違うことはない。
Imgp2262
最終ピッチはCLということでリードは譲ってもらうW
Imgp2276
ジェードルはⅤ-かⅣ+ということだがさほど難しくはない。
登りきってセカンドのビレイ。
Imgp2277
久々本気のいい山行だった。
同行の二人に感謝!
Imgp2280
写真提供 ヨッシー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/25

赤岩で遊ぶ夏

20130724_03
7月24日
赤岩にて初心者二人と西壁マルチに行ってくる。
メンバー:パッポ、パプマル、春吉
20130724_08
よい天気でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/27

赤岩3つの岩塔周辺

20130625_005 ベルギー岩・ガッカリ岩・ドリョク岩

ドリョク岩
20130625_0341
1.リッジルート    Ⅳ- 35m
2.左クラックルート  Ⅳ+ 15m
3.右クラックルート  Ⅳ  15m
4.ジェードルルート  Ⅳ- 18m

ガッカリ岩
20130625_008 北東面4ルート(サーカス)Ⅵ- 14m

ベルギー岩
20130625_003 取りつきの崩落も進んでいて残置も少ないので今回は登らない。

参考資料:小樽赤岩

メンバーはH本、ハギ、オノッちと私の小樽の4人で行ってきた。
赤岩山の登山道を登りきると休憩所がある。そこから海側に不明瞭な踏み跡はあるがわかりにくい。
登山道をそのまま進み次の景色のいい休憩所から海側の踏みあとに入る。
少し藪を漕いでから下降する。ロープがあれば残置しておけば行きも帰りも安心だ。

3つの岩塔の真ん中に棚岩がありそこに荷物を置いて準備する。
棚岩から海を見て左がベルギー岩、右がドリョク岩、その海側にガッカリ岩。

20130625_004 まずはドリョク岩のジェードルに取りつく。ケミカルも打ってあり赤岩整備も入っている。
H本さんのリードで4人登る。終了点にもケミカルが打ってあるので安心だ。
動く岩もあるが比較的安定している。
下降は山側から歩いて降りられる。

次はサーカスに行ってみる。ジェードル状の大きなクラック。上部はハングしていてるがステミングしながら行けば何とかなりそうだ。
20130625_020 クラックの右側はもろいフレークで細かな落石が多いので注意。
ここもH本さんのリードで行く残置とキャメを併用でランニングを取る。
20130625_024 普段声を出して登ることはないが最後の核心は思わず大声を出して登りきる。
ここのリードは私には無理かも知れない。ここは取りつきにも終了点にもケミカルが打っていない。
20130625_032 ピナクルからの景色は抜群だった。赤黄のガレもよく見える。
下降はRCCボルトに捨てスリングをかけ懸垂で西面に降りるが岩が脆く落石しやすいので注意がいる。アドレナリンを出し切ったので左のクラックルート”ピエロ”を登ろうという人は誰もいなかった。

20130625_036 その後赤岩本を見ながらドリョク登れそうなルートを探して登ってみる。
右クラックは私のリード。すべてが信用できないので4級でも緊張する。
20130625_038 リッジルートはハギのリード。快適に登る。
20130625_042 ドリョクのリッジ上部は薄っぺらなになっていてここもしびれる。

最後は左右クラックの間に残置が打ってあったので取りついてみる。
しかし中ほどでかぶり気味になってきたので左クラックに逃げる。
そこからやや右にルートをもどしながら残置を使ってリッジに抜ける。

20130625_041 初見のルートはグレードが低くてもやはり緊張する。今回はいい経験ができた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/23

2013岩個人入門2

6月22日土曜日
20130622_009_2
12日に続いて岩入門に参加できなかった会員3名の個人岩入門をやってきた。
朝は霧雨でアスファルトも濡れていて中止にするかやるか判断が微妙なところだった。
札幌組も皆集合していて現地判断ということで全員集合した。

とりあえず霧雨は止んでいたが岩のコンディションは良くないはず。
それでも皆集まってくれたので入門課程はやってしまおうということになり中赤岩に行った。

20130622_001 メンバーは入門がクドミチさん、オカP。
サポートメンバーはヤスとオノッチだけだったが急きょ代表とタッカン、イシリョウさんが参戦してくれて内容の濃い入門をこなすことができた。

20130622_004 この時期にしては肌寒く5月の入門の様な感じだった。
20130622_005 順調に課程をこなした。
時間が経つにつれ岩のコンディションも良くなり皆で西壁に行くことにした。
初めての岩でMPを体験できるなんて今日の入門者はラッキーだった。
20130622_007
ピッチを登るにつれ高度感も上がりオカPもテンションあがりまくりだった。
20130622_008

タッカンのリードでカンテを登るイシリョウさんも楽しそうだった。
20130622_010
20130622_014
高所快楽症のオカP。どうやら岩にハマってしまったようである。
20130622_015
フォローで2P目を登るクドミチさんとサポートする代表。代表Pも登ってきたがタイムアップで途中で降りた。


結局雨にもあたらず無事に入門を終了した。
メンバーはこの後沢入門のため黒松内に移動。ご苦労様です。<(_ _)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/12

平日赤岩個人入門

2013年6月12日
今日はBMC平日山行部の赤岩個人入門です。
天気は暑くもなく青空が広がり最高の入門日和。
メンバーは入門がノンちゃん、サポートでイナ。
それに小樽の平日メンバー4人も参加してもらって7人で行った。

20130612_026 奥リスに到着すると警察の山岳救助訓練が行われていた。
昼まで奥リスを使うということだったので我々はたまご岩、ダブルバンドに移動した。

20130612_027 まずはイナのリードで行く。今シーズンはイナのレベルアップもやっていく。

懸垂下降訓練も行う。
20130612_032

Wバンドもイナのリード、ノンちゃんのフォローで行く。
20130612_034

20130612_035 お昼からは奥リスで自己脱出のデモを行い、トップロープでクライミングの練習。

3時に終了して温泉で汗を流す。
その後”なると”で若鳥の半身を食べながらの反省会。
__ 天気も良く、いい入門でした。参加のみなさんお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/10

シオマルクライミング2013

20130609_13 2013年6月9日
昨年に続いてシオマルにクライミングに行ってきた。
今回のメンバーは日曜日ということもあってBMCから8人が集まった。
また札幌山ガールの本取材チーム5人ともコラボして賑やかなスタートになった。
スタート ・・・08:07
ピーク  ・・・10:00
~クライミングと山頂ラーメン
     ・・・14:30
下山   ・・・15:30

8時登山口集合で車はまだ少なかった。
20130609_01 メンバーはクライミングチームがヤス、イナ、寺ちゃん、イトちゃん、ナベさん、シミちゃん、モジ子。
山Gメンバーはノダミさん、モッチ、マナ、ノンちゃん、福ちゃん。
平日では考えられないメンバーだ。
20130609_03 昨年まであった最終人家2件は取り壊され空き地になっていた。
20130609_04 登山道脇の木は切り倒され広々としていた。

早くもエゾハルセミが鳴きだして初夏を感じさせる。
20130609_09 高台に着くと余市の街は雲海に覆われ幻想的な風景が広がっていた。
途中ゆっくり休みながら登って2時間かけて登った。

山頂には数人の登山者がすでに登っていた。
20130609_10 挨拶をしながらクライミングチームはこれからがスタートなので準備を始める。
2ルートにトップロープをセットして登り始める。

20130609_11 ヤスはやはり力をつけてきている。5.9のクラックルートも初見で登る。
20130609_12 みんなインドアでは体験できないジャミングを試行錯誤してチャレンジしてみる。

登っているとORZのアツシくんが覗き込んでいた。今日は市民登山教室で数十人の登山者を引率してきたようだ。ご苦労様でした。
2ルートを全員やってお昼の休憩。
20130609_14 上に上がるとものすごい人数の登山者がいる。
山Gチームもラーメンを作って食べていた。
私たちも山頂ラーメンを作って食べる。たまには山でコッフェルとストーブを使って料理するのもいいものだ。

20130609_15 昼食後山Gチームは下山。モジ子とシミちゃんもここで終了。山Gチームと下山。お疲れ様でした~。
クライミングチームは午後の部を始める。
何本か登った後最後にナベさんのリードでジェードルルートを登る。
20130609_17 上でビレイしているナベさんは多くの登山者に見守られインタビューなどされある意味ヒーロー状態になっていた。
女子2名の難なく登り、今度はイナのリード。今シーズンは少しイナにリード経験を積ませることにしよう。
イナも上手に抜けフォローのビレイをする。支点作りに手間取るがこれも経験。
数をこなして早く作れるようになればいい。
20130609_19 全員登り終わると山頂には数人の登山者がいるだけだった。

20130609_20 最後に皆で記念写真。
20130609_23 下山して皆ぐったり??
20130609_25 登山名簿を見ると今日一日で3ページ以上の記入がある。
100人以上は登っていたようだ。
みなさんお疲れ様でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/23

小樽のインドアクライミング”オタモイウォール”誕生

1
小樽に新しいインドアクライミングウォールができた。
オープンは1月27日(日)にお披露目オープンになっている。
高さは4m。幅が10m以上はありそう。

2
可愛いウサギホールドもあるがこのルートは結構難しい・・。

場所はオタモイ3丁目11-6
代表は小樽登歩の会の高谷和奈さん
アクセスはメールでお願いします。
otamoi.wall@gmail.com
利用は予約制です。必ずメールを入れて確認してください。
利用料は¥600ほど。
利用曜日はいまのところ月、金の19時から21時まで。
ボルダーマットもあるが、ロープもあるので初心者でも安心して登られる。

利用に関しては変わっていくと思われるので必ず確認してください。


大きな地図で見る


アットホームで楽しめるウォールでワイワイ楽しもう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/11/21

小樽赤岩ドライツーリング

20121119_006 今日は最近やる気満々のイナと赤岩にドライツーリング初体験に行ってきた。
この時期の平日ということもあり駐車場は貸し切り。
早速準備し中赤岩の奥リスに向かった。
ルートはノーマル、ジェードル、観音ルート。

まずはノーマル15mⅣ-。
20121119_001 トップロープでバイルなしで登ってみる。
アイスやミックスよりも難しい。クライミングシューズならフリクションで登れるルートも細かい突起にアイゼンの爪を乗せて立ちこむには度胸がいる。なんとか登りきる。いつもらくらく登るルートもグレードが一つ上がった感じだ。イナも難なく登って行った。

20121119_004 今度はバイルを使ってみる。手とはまた違った感じだが、アイス、ミックスの経験もあるのでさほど違和感なく登る。同じルートもまた違った感じで面白い。イナはバイル初体験。一生懸命登っている。「こまめにレストしたほうがいいよ~」とは言ったが懸命に登りなんとか登り切ったときには腕はパンパンになってしまったようだ。

今度はⅣ+のジェードルルート。
20121119_005 まずはイナ。核心部でムーブを探っているうちにパンプしてしまい交代。このルートは逆層なのでハング気味の核心部はややてこずる。ステミングしながら足を上げなんとか登りきる。

最後に観音ルートⅢ+を登る。
__ ここもバイル無しとバイルを使って2度登る。初めにここを登るべきだったか・・・

ドライ初体験は面白かった。機会があったらまたやってみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)