2016/03/31

定山渓天狗岳 中央ク―ロアール

20160330_083806

2016年3月30日
定山渓天狗岳アルパインルート
中央ク―ロアール
メンバーP&たく家
駐車場  ・・・06:10
天狗平  ・・・07:40
登攀開始 ・・・9:40
ピーク   ・・・14:40
エンド   ・・・16:30
天候 曇り時々晴れ~吹雪~小雨~晴れ
これまで定天には夏道、沢、東尾根、左クーロアールと登って来たが、今回初めて念願の中央クーロアールを初見登攀してきた。
20160330_094157
1P
今年は暖冬雪不足といわれていたが、意外に雪付きが良く簡単に登る始めた。
20160330_110630
リッジの4mほど下にRCCとリングボルトの支点があるのでここで2Pを切る。
残置は2,3本。NPは使わずに登りきる。
20160330_112834
最後の登りはジェードルの右側が登りやすい。
リッジを登ったところでロープを1本しまいシングルロープでコンテニュアンス始めようと思ったがいきなりナイフリッジがあり確保して進む。
その後は雪斜面とハイ松帯をコンテで進んで行く。
20160330_123359
20160330_134147
5P終了点付近。
ここから大きく左にある雪崩斜面をトラバースしながらスタカットで右上する。
所々大きな亀裂がありルートどりが難しい。
ロープ50mいっぱいにある岩場でキャメを使ってセルフビレイ。
後はコンテで30m登ればピーク。
やりきった笑顔満点のタクボンとしばしのピーク談義。
20160331_14_30_32
帰りはデブリ斜面の中央ルンゼを気をつけながら降りる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/07

新小樽赤岩クライミングがいど



新しい赤岩本来ました〜
制作に携わった皆さんご苦労様でした。
内容も写真付きでルートが分かりやすくとても良い仕上がりです。
登攀史なども以前の赤岩本からの記録をひきついでいて先人達への考慮もされています。

また新しい技術も紹介されています。
これから始める人。以前からやっている人にも是非入手したい一冊です( ´ ▽ ` )ノ

まだ行っていないルートもあるのでこの本持って行って来たいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/06/04

芦別岳1稜を攀る

2014年6月4日
Imgp2266
メンバー パッポ、マイケル、ヨッシー
昨年の本谷に続き今年も芦別岳に行くことになった。
偶然にも1稜に行きたいとうメンバーが二人からのお誘いがありすぐに日程とメンバーが決まった。

岩見沢IC3:0~登山口4:30~ピーク10:0~1稜取りつき10:3~登攀終了16:0~下山19:0
登攀時間5時間30分

この日はとても暑く富良野市内は30度を超える予報だった。当然いい天気で山も暑かった。
Imgp2183 今年は事前情報で本谷のゴルジュや周辺の雪どけが」進んでいるということだったので新道から登り本谷を300mほど下って取りついた。

Imgp2209 ルートはほぼ50mロープを出し切って11Pあるようだが、私が数えたピッチは12だった。
1Pの核心は唯一ルート経験者のマイケルが行く。30mほど登ったころでロープが出なくなった。しばらくしてまた少しずつ動き出し「ビレイ解除~」の声が本谷に響き渡った。
20140604_017 登ってみ   ると乗っ越の核心の崩落が激しく進んでいて確かなホールドがない。ここを登るには登攀技術よりもも度胸が必要だ。
Imgp2230後はリードを交代しながら登っていく。
Imgp2228
今日はBMCの遭対部の二人が一緒なので何かと心強い。
Imgp2248
コンテニュアスかスタカットか悩むところだが結局すべてスタカットで登る。
Imgp2264
踏み跡は明瞭でルートを間違うことはない。
Imgp2262
最終ピッチはCLということでリードは譲ってもらうW
Imgp2276
ジェードルはⅤ-かⅣ+ということだがさほど難しくはない。
登りきってセカンドのビレイ。
Imgp2277
久々本気のいい山行だった。
同行の二人に感謝!
Imgp2280
写真提供 ヨッシー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/25

八剣山ミックス

20140127_013
2014年1月25日
八剣山ミックスクライミングに行ってきた。
メンバーはCL T田、ザッキート私の3人
登山口・・・・・06:50
基部 ・・・・・・08:20
リード
1P P
2P T
3P Z
4P P
5P Z
6P Z
ピーク ・・・・・13:30
下山  ・・・・・15:00
日の出前に道路情報館に集合するとほかの山屋達も集結していた。
登山口についてうっすら明るくなってきた。
20140127_008
西側からみると山の頂上にちょこんと岩があるだけの貧相な感じの山だが基部からは楽しさ満点のいい山だった。
基部まではツボでラッセル。急斜面に入ってからは悪戦苦闘。
尾根を忠実に登り岩塔基部に到着する。

20140127_011
1P目は私がリードで行く。ランニングビレーはイボイノシシ・キャメ・ハーケンと多種多様だ。
2P目はT田さんが行く。痩せ尾根の稜線歩きだがランニングビレーは立木を使う。
雪庇のあるので気が抜けない。強風であおられたらひとたまりもない。
3P目はザッキーのリード。
20140127_014
4Pは私が行く。50mロープぎりぎりまで進んで立木でビレー。
は5Pは6P基部までザッキーが進む。微妙なクライムダウンも難なくこなした。
20140127_019
6Pもそのままザッキーのリード。
T田さんと私も続いて5時間ほどでピーク。振り返ると歩いてきたナイフリッジとピナクルがよく見える。
20140127_017
天気も良くいい山行になった。
久々にお本気モード充実した気分になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/25

赤岩で遊ぶ夏

20130724_03
7月24日
赤岩にて初心者二人と西壁マルチに行ってくる。
メンバー:パッポ、パプマル、春吉
20130724_08
よい天気でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/27

赤岩3つの岩塔周辺

20130625_005 ベルギー岩・ガッカリ岩・ドリョク岩

ドリョク岩
20130625_0341
1.リッジルート    Ⅳ- 35m
2.左クラックルート  Ⅳ+ 15m
3.右クラックルート  Ⅳ  15m
4.ジェードルルート  Ⅳ- 18m

ガッカリ岩
20130625_008 北東面4ルート(サーカス)Ⅵ- 14m

ベルギー岩
20130625_003 取りつきの崩落も進んでいて残置も少ないので今回は登らない。

参考資料:小樽赤岩

メンバーはH本、ハギ、オノッちと私の小樽の4人で行ってきた。
赤岩山の登山道を登りきると休憩所がある。そこから海側に不明瞭な踏み跡はあるがわかりにくい。
登山道をそのまま進み次の景色のいい休憩所から海側の踏みあとに入る。
少し藪を漕いでから下降する。ロープがあれば残置しておけば行きも帰りも安心だ。

3つの岩塔の真ん中に棚岩がありそこに荷物を置いて準備する。
棚岩から海を見て左がベルギー岩、右がドリョク岩、その海側にガッカリ岩。

20130625_004 まずはドリョク岩のジェードルに取りつく。ケミカルも打ってあり赤岩整備も入っている。
H本さんのリードで4人登る。終了点にもケミカルが打ってあるので安心だ。
動く岩もあるが比較的安定している。
下降は山側から歩いて降りられる。

次はサーカスに行ってみる。ジェードル状の大きなクラック。上部はハングしていてるがステミングしながら行けば何とかなりそうだ。
20130625_020 クラックの右側はもろいフレークで細かな落石が多いので注意。
ここもH本さんのリードで行く残置とキャメを併用でランニングを取る。
20130625_024 普段声を出して登ることはないが最後の核心は思わず大声を出して登りきる。
ここのリードは私には無理かも知れない。ここは取りつきにも終了点にもケミカルが打っていない。
20130625_032 ピナクルからの景色は抜群だった。赤黄のガレもよく見える。
下降はRCCボルトに捨てスリングをかけ懸垂で西面に降りるが岩が脆く落石しやすいので注意がいる。アドレナリンを出し切ったので左のクラックルート”ピエロ”を登ろうという人は誰もいなかった。

20130625_036 その後赤岩本を見ながらドリョク登れそうなルートを探して登ってみる。
右クラックは私のリード。すべてが信用できないので4級でも緊張する。
20130625_038 リッジルートはハギのリード。快適に登る。
20130625_042 ドリョクのリッジ上部は薄っぺらなになっていてここもしびれる。

最後は左右クラックの間に残置が打ってあったので取りついてみる。
しかし中ほどでかぶり気味になってきたので左クラックに逃げる。
そこからやや右にルートをもどしながら残置を使ってリッジに抜ける。

20130625_041 初見のルートはグレードが低くてもやはり緊張する。今回はいい経験ができた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/23

2013岩個人入門2

6月22日土曜日
20130622_009_2
12日に続いて岩入門に参加できなかった会員3名の個人岩入門をやってきた。
朝は霧雨でアスファルトも濡れていて中止にするかやるか判断が微妙なところだった。
札幌組も皆集合していて現地判断ということで全員集合した。

とりあえず霧雨は止んでいたが岩のコンディションは良くないはず。
それでも皆集まってくれたので入門課程はやってしまおうということになり中赤岩に行った。

20130622_001 メンバーは入門がクドミチさん、オカP。
サポートメンバーはヤスとオノッチだけだったが急きょ代表とタッカン、イシリョウさんが参戦してくれて内容の濃い入門をこなすことができた。

20130622_004 この時期にしては肌寒く5月の入門の様な感じだった。
20130622_005 順調に課程をこなした。
時間が経つにつれ岩のコンディションも良くなり皆で西壁に行くことにした。
初めての岩でMPを体験できるなんて今日の入門者はラッキーだった。
20130622_007
ピッチを登るにつれ高度感も上がりオカPもテンションあがりまくりだった。
20130622_008

タッカンのリードでカンテを登るイシリョウさんも楽しそうだった。
20130622_010
20130622_014
高所快楽症のオカP。どうやら岩にハマってしまったようである。
20130622_015
フォローで2P目を登るクドミチさんとサポートする代表。代表Pも登ってきたがタイムアップで途中で降りた。


結局雨にもあたらず無事に入門を終了した。
メンバーはこの後沢入門のため黒松内に移動。ご苦労様です。<(_ _)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/12

平日赤岩個人入門

2013年6月12日
今日はBMC平日山行部の赤岩個人入門です。
天気は暑くもなく青空が広がり最高の入門日和。
メンバーは入門がノンちゃん、サポートでイナ。
それに小樽の平日メンバー4人も参加してもらって7人で行った。

20130612_026 奥リスに到着すると警察の山岳救助訓練が行われていた。
昼まで奥リスを使うということだったので我々はたまご岩、ダブルバンドに移動した。

20130612_027 まずはイナのリードで行く。今シーズンはイナのレベルアップもやっていく。

懸垂下降訓練も行う。
20130612_032

Wバンドもイナのリード、ノンちゃんのフォローで行く。
20130612_034

20130612_035 お昼からは奥リスで自己脱出のデモを行い、トップロープでクライミングの練習。

3時に終了して温泉で汗を流す。
その後”なると”で若鳥の半身を食べながらの反省会。
__ 天気も良く、いい入門でした。参加のみなさんお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/09

2013年赤岩シーズンイン

5月5日
20130505_akaiwa_006_6 今年は3月から休みの度に天候に恵まれずさっぱり山に行けてない。
それでも日は過ぎてしまいあっという間にGWになってしまった。
始めは山も考えていたがやはり天気が芳しくなく雨の合間に赤岩に行ってきた。

20130505_akaiwa_002 メンバーは今期から登攀部長に就任したせこりんと新教育部長のザッキ―。
もと登攀部長のタッカン。元遭難救助隊長の岡さんの5人で行ってきた。

東のチムニーで軽くアップとロープワークの確認。
20130505_akaiwa_014 タッカン、岡さんがバビルートを登っていた。
微妙なトラバースがある5級ルートだが今回は登らなかった。
今度登ってみよう。

20130505_akaiwa_018 4テラに移って西面マミヤスルートを初めて登ってみた。
靴に泥がついて結構苦労した。

20130505_akaiwa_019 最後にトリコニで自己脱出の訓練をして終了!
シーズン始めは体が重くてまいった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/07

平日アイスクライミング交流会

2013年2月6日
20130206_005 今日は平日にも関わらず総勢10名が集まって札幌近郊の滝に行ってきた。
メンバー:パッポ、M川、T谷、H本、S藤、KNちゃん、NNっち、ONっち、INA、長さん。
会は小樽登歩の会、カンカァル山岳会、小樽GCC、小樽労山、BMCと5団体から参加。
先週行った友人から除雪が入ったとの情報が入り例のに行くことにした。

20130206_002 ルートは右岸から懸垂して左岸と真ん中、計3本トップロープをセットする。
初アイスのINAも快適に登り楽しんでいる。
私も新バイパーの調子を確認しながら登ってみる。クオークに比べると少し重いがなかなか使いやすい。

20130206_009 全員3ルート登り最後に登り4本ずつ登って終了。
近郊にこれだけ遊べるエリアがあるのは大変いい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧