« チセヌプリ北斜面 | トップページ | 雲中の武利岳 »

2016/06/06

小樽赤岩ミミズク岩本チャン登攀

20160605_142604
ミミズクピナクルと窓岩の間を旋回するミサゴ。超レアアングル!

2016年6月5日

20160605_093630
メンバー イッシー ユキちゃん 私というこれまた超レアメンバー。
佐藤代表の助言とBMCの数年前の記録を参考に攀ってきました。
P6050692
残置ハーケンは腐りハンマーで叩くとバラバラに砕ける。
岩も脆いと聞いていたが思った以上に条件は悪かった。

1P リード 私 Ⅳ
P6050693
脆い岩、浮石に気をつけて登る。残置ピン無し。
2P リード 私 Ⅳ
P6050697
引き続き悪いホールドをだましだまし登る。
3P リード イッシーⅣ-
P6050713
12m程登るとテラスに出て切る。
4P リード私 Ⅲ
確信手前のジェドル下でロープの流れを考慮して切る。
5P リード イッシー A0 (Ⅴ+)
P6050718
ジェドルをA0で登り途中から左にトラバースし、さらにA0で登る。残置ハーケンは腐食が進み破断の恐怖と戦いながら登る。
しかも最後の残置が遠い。最後のヌンチャクのカラビナには腐食したハーケンの残骸が残っていた。
テラスにでたら、ピナクルの右を巻いてキャメで支点を作りビレイ。ここをリードしたイッシーを尊敬‼︎
20160605_145025
ピークからクライムダウンするとお地蔵さまが・・・。
20160605_150508
あの頂上にはミサゴの巣が!登っている最中は何度も旋回し、騒がしく鳴いていた。
20160605_151210
邪魔者がいなくなったので巣を確認にきたミサゴくん。

帰りは大壁側にクライムダウン。
20160605_142949 黒いリッジ、北大ルートの取り付きを確認して窓岩側に
懸垂。
20160605_162523
ガレガレなので落石注意。ロープの長さが心配だったので2回に分けたが、1回だとぎりぎりだったかも。

このルートは赤岩整備が入っておらず、危険です。。
登る方は自己責任で!

無事懸垂下降も終わるが、最後の最後に携帯を落とすおまけ付きで無事修了した。

|

« チセヌプリ北斜面 | トップページ | 雲中の武利岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/63752206

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽赤岩ミミズク岩本チャン登攀:

« チセヌプリ北斜面 | トップページ | 雲中の武利岳 »