« アドベンチックな積丹大天狗山 | トップページ | 旭川の名渓 オロエン川遡行 »

2015/08/16

飛生川は水冷たかった・・・

20150816_017

2015年8月16日
今日は最近話題の萩野の飛生川に行ってみた。
入渓 ・・・7:05
c150m核心ゴルジュ ・・・10:50
終了  ・・・・ 14:10
取り付きの林道はゲートが閉まっていてゲート前に駐車。
30分ほど歩いて行くと工事現場があって林道の修復をしているようだった。
20150816_002
増水の影響か土台の土がえぐられいつ橋が落ちてもおかしくない感じ。
20150816_003
出だしの小滝
20150816_004
序盤は滑の広い川幅で初心者でも沢ハイキング感覚で気楽に歩ける。
20150816_005
とにかく水がきれい。
20150816_007
度胸があれば激流ウォータースライダー。
20150816_009
側面の岩盤は脆いようで落石注意。ヘツリも注意が必要だ。
20150816_010
当初エスケープに考えていた右岸の沢は登るのは困難な感じだった。
20150816_011
長い年月をかけてえぐられた川岸。
20150816_013
とりあえず行ってみるが、抜けられず戻るパプマル。
20150816_015
ここもエスケープは難しそうな沢の合流地点。手がかりなしのナメ滝。
20150816_020
ここはサスケのように左岸を思いきって走って抜けるW
20150816_022
核心のゴルジュ。ヘツリは困難。泳いで突破を図るがもう少しのところまで行ったがホールドを見つけられずうだうだやっていると古傷の膝と手首が痛み出し無念の敗退。
ここは巻くという手もあったようだ。
時間的にここまで3時間。計画では車の関係も有3時間でピストンと決めていたのでここで引き返しを決断。
20150816_025
帰りは気温も上がってきて女子チームも果敢に泳ぐ。
ルートファイングィングの時間もかからず2時間ほどで下山。
いい偵察ができました。今度は寒さ対策をしてしっかり抜けたいと思います。

|

« アドベンチックな積丹大天狗山 | トップページ | 旭川の名渓 オロエン川遡行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/62128913

この記事へのトラックバック一覧です: 飛生川は水冷たかった・・・:

« アドベンチックな積丹大天狗山 | トップページ | 旭川の名渓 オロエン川遡行 »