« 余別岳再訪 | トップページ | 発寒川沢入門 »

2014/06/04

芦別岳1稜を攀る

2014年6月4日
Imgp2266
メンバー パッポ、マイケル、ヨッシー
昨年の本谷に続き今年も芦別岳に行くことになった。
偶然にも1稜に行きたいとうメンバーが二人からのお誘いがありすぐに日程とメンバーが決まった。

岩見沢IC3:0~登山口4:30~ピーク10:0~1稜取りつき10:3~登攀終了16:0~下山19:0
登攀時間5時間30分

この日はとても暑く富良野市内は30度を超える予報だった。当然いい天気で山も暑かった。
Imgp2183 今年は事前情報で本谷のゴルジュや周辺の雪どけが」進んでいるということだったので新道から登り本谷を300mほど下って取りついた。

Imgp2209 ルートはほぼ50mロープを出し切って11Pあるようだが、私が数えたピッチは12だった。
1Pの核心は唯一ルート経験者のマイケルが行く。30mほど登ったころでロープが出なくなった。しばらくしてまた少しずつ動き出し「ビレイ解除~」の声が本谷に響き渡った。
20140604_017 登ってみ   ると乗っ越の核心の崩落が激しく進んでいて確かなホールドがない。ここを登るには登攀技術よりもも度胸が必要だ。
Imgp2230後はリードを交代しながら登っていく。
Imgp2228
今日はBMCの遭対部の二人が一緒なので何かと心強い。
Imgp2248
コンテニュアスかスタカットか悩むところだが結局すべてスタカットで登る。
Imgp2264
踏み跡は明瞭でルートを間違うことはない。
Imgp2262
最終ピッチはCLということでリードは譲ってもらうW
Imgp2276
ジェードルはⅤ-かⅣ+ということだがさほど難しくはない。
登りきってセカンドのビレイ。
Imgp2277
久々本気のいい山行だった。
同行の二人に感謝!
Imgp2280
写真提供 ヨッシー

|

« 余別岳再訪 | トップページ | 発寒川沢入門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/59916750

この記事へのトラックバック一覧です: 芦別岳1稜を攀る:

« 余別岳再訪 | トップページ | 発寒川沢入門 »