« 2013岩個人入門2 | トップページ | BMC平日山行部沢入門 »

2013/06/27

赤岩3つの岩塔周辺

20130625_005 ベルギー岩・ガッカリ岩・ドリョク岩

ドリョク岩
20130625_0341
1.リッジルート    Ⅳ- 35m
2.左クラックルート  Ⅳ+ 15m
3.右クラックルート  Ⅳ  15m
4.ジェードルルート  Ⅳ- 18m

ガッカリ岩
20130625_008 北東面4ルート(サーカス)Ⅵ- 14m

ベルギー岩
20130625_003 取りつきの崩落も進んでいて残置も少ないので今回は登らない。

参考資料:小樽赤岩

メンバーはH本、ハギ、オノッちと私の小樽の4人で行ってきた。
赤岩山の登山道を登りきると休憩所がある。そこから海側に不明瞭な踏み跡はあるがわかりにくい。
登山道をそのまま進み次の景色のいい休憩所から海側の踏みあとに入る。
少し藪を漕いでから下降する。ロープがあれば残置しておけば行きも帰りも安心だ。

3つの岩塔の真ん中に棚岩がありそこに荷物を置いて準備する。
棚岩から海を見て左がベルギー岩、右がドリョク岩、その海側にガッカリ岩。

20130625_004 まずはドリョク岩のジェードルに取りつく。ケミカルも打ってあり赤岩整備も入っている。
H本さんのリードで4人登る。終了点にもケミカルが打ってあるので安心だ。
動く岩もあるが比較的安定している。
下降は山側から歩いて降りられる。

次はサーカスに行ってみる。ジェードル状の大きなクラック。上部はハングしていてるがステミングしながら行けば何とかなりそうだ。
20130625_020 クラックの右側はもろいフレークで細かな落石が多いので注意。
ここもH本さんのリードで行く残置とキャメを併用でランニングを取る。
20130625_024 普段声を出して登ることはないが最後の核心は思わず大声を出して登りきる。
ここのリードは私には無理かも知れない。ここは取りつきにも終了点にもケミカルが打っていない。
20130625_032 ピナクルからの景色は抜群だった。赤黄のガレもよく見える。
下降はRCCボルトに捨てスリングをかけ懸垂で西面に降りるが岩が脆く落石しやすいので注意がいる。アドレナリンを出し切ったので左のクラックルート”ピエロ”を登ろうという人は誰もいなかった。

20130625_036 その後赤岩本を見ながらドリョク登れそうなルートを探して登ってみる。
右クラックは私のリード。すべてが信用できないので4級でも緊張する。
20130625_038 リッジルートはハギのリード。快適に登る。
20130625_042 ドリョクのリッジ上部は薄っぺらなになっていてここもしびれる。

最後は左右クラックの間に残置が打ってあったので取りついてみる。
しかし中ほどでかぶり気味になってきたので左クラックに逃げる。
そこからやや右にルートをもどしながら残置を使ってリッジに抜ける。

20130625_041 初見のルートはグレードが低くてもやはり緊張する。今回はいい経験ができた。

|

« 2013岩個人入門2 | トップページ | BMC平日山行部沢入門 »

コメント

隊長、H本さん、ハギさんの強力メンバーに、運良く参加させていただきありがとうございました。三人のすばらしい登りを見せていただきました~o(*^▽^*)o
サーカスの登りは、まさに「じぇじぇじぇ!!」でした~。見てるだけの私も、しびれましたよ。
私も、普段登ることのない岩を登る事ができて、とても良い経験になりました。ありがとうございました。またよろしくお願いいます。

投稿: おのっち | 2013/06/27 13:02

オノッチ
お疲れ様でした~
4級ばかりでしたが難しかったです。
オノッチさんも登りなれしているのでいい登りでした。やはりJ師匠の弟子ですね。
また行きましょう!

投稿: pappo | 2013/06/28 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/57674184

この記事へのトラックバック一覧です: 赤岩3つの岩塔周辺:

« 2013岩個人入門2 | トップページ | BMC平日山行部沢入門 »