« 赤井川三角山と二角山 | トップページ | 小樽のインドアクライミング”オタモイウォール”誕生 »

2013/01/23

赤井川三角山と二角山2

20130122_013 2013年1月22日
今日は予定の山に大きなクラックが入っていたため急きょ中止し先週行った三角山に行った。
スタート ・・・09:17
三角山  ・・・11:43
二角山  ・・・12:47
エンド  ・・・13:36
20130122_2

20130122_002 メンバーはイナ、スプリット妹といつもの3人。
ルートは林道を1時間ほど歩き帰りのことを考えて沢を詰めた。
20130122_003 沢にはところどころ穴があいている箇所があったり、木から落ちた雪による塊が何箇所かあった。
そのため下山は先週に続きトラバースルートを取ることにした。

20130122_006 三角山直下は東面から回り込んだ。
ラッセルをするS妹が「おお~」と感嘆するほどそそられる斜面があったが、
いくつかクラックが入っており今回は見合わせることにした。

20130122_010 頂上からは先日見られなかった羊蹄山やニセコ連山もはっきり見え展望は抜群だった。

20130122_016 今回の滑降斜面は西面。疎林帯を滑って行くとオープンバーンが開けて最高のパウダーが待っていた。
降りすぎると帰りがつらいので150mほど滑ったところから北にトラバースする。
20130122_022 途中食事休憩をとってシールを張り二角山へ登り返す。

20130122_023 二角山には先日迎えてくれたバカ殿樹氷が今回も迎えてくれた。
この時間になると天気がいいせいで雪は腐れ始め重雪になってきた。
20130122_031 先週いい思いをしたPフェースはちょっと重雪で残念だった。
Pフェースを沢まで下ると登ってきたトレースに出るが沢の途中に会った穴や、
雪の塊のことを考え前回と同じトラバースルートで替えうことにした。

20130122_032 帰りはところどころストックで補助しないと進まないま所もあるが大きな登り返しはなくボーダーでも問題なく帰れたようだ。
次回は東面をいただいてみたいものだ。

|

« 赤井川三角山と二角山 | トップページ | 小樽のインドアクライミング”オタモイウォール”誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/56605988

この記事へのトラックバック一覧です: 赤井川三角山と二角山2:

« 赤井川三角山と二角山 | トップページ | 小樽のインドアクライミング”オタモイウォール”誕生 »