« 小樽のインドアクライミング”オタモイウォール”誕生 | トップページ | ビシビシ行くぜ!来馬岳~バケモノ山 »

2013/01/29

2013BMC遭難対策訓練参加

20130127_bmc_034 1月27日
中山峠周辺

20130127_bmc_003 普段日曜日が休めないのでこの手の訓練には参加できないが、今回休みが取れたので参加することができた。
総勢26人の会員が揃いいい訓練が始まった。

20130127_bmc_006 朝は結構な風で時より吹雪。集合場所に着くころには雪がやみ回復傾向にあった。
20130127_bmc_007 3チームに分かれて訓練場所に移動する。私の班はCLに教育部長とSLに白猫さん。
タクボン、タッキー、モジ、ヤナ、なっちゃん、u46、O田と私。
20130127_bmc_010 ボーダーが4人とスキー6人の10人の混合チーム。訓練場所には先行して準備していた遭対部長とサポートのノリコニーがピットチェックなどして持っていた。

20130127_bmc_014 まずは各班に分かれて斜面に雪洞を作る。
私はヤナ、なっちゃんと組む。まずはゾンデで斜面の雪の深さを調べる。深さ、奥行きなどをチェックし掘り始める。奥に掘り進み1mほどほったら左の別班の穴に向かって掘る。
20130127_bmc_017 二つの穴をつなげて中をきれいにする。片側をスノーブロックで塞ぎ入口もツエルトで塞ぐ。
1時間ほどの作業時間だったが5人が座って入れるほどの拙堂が完成した。ビバークには十分の大きさだ。

20130127_bmc_022 今度はスノーマウントの簡易雪洞を作る。踏み固めた雪の上にザックを人数分おいてツエルトをかぶせる。
その上に雪をのせてたたきながら積んでいく。
雪が締まるまで15分ほど放置し1mほど下に掘り進んだのち横穴を掘り埋めたザックを取りだす。
20130127_bmc_025 その後中をきれいにして3人が座れるくらいの雪洞を作った。こちらも1時間ほどの作業時間で各班作ったが、隣の班は掘りごたつ風の快適な雪洞を作っていた。

次回は一泊でやりたいものだ。

20130127_bmc_029 今度は怪我人の運搬訓練。スキーやボードで運搬用のそりを作り搬送する訓練だ。
20130127_bmc_030 スキー4本をインシュロック、ゾンデなどを使用し連結する。
20130127_bmc_032 ブルーシートにテントマットを敷いて怪我人役を包みスキーソリに細引きで固定。
20130127_bmc_033 先頭2人、サイド2人と後方1人で運搬開始。
途中サイドのモジとヤナが苦戦していたが、無事終了地点まで運搬した。

終了は14時過ぎ。
引き締まった訓練の中のも笑いありでいいい訓練になった。

|

« 小樽のインドアクライミング”オタモイウォール”誕生 | トップページ | ビシビシ行くぜ!来馬岳~バケモノ山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/56651717

この記事へのトラックバック一覧です: 2013BMC遭難対策訓練参加:

« 小樽のインドアクライミング”オタモイウォール”誕生 | トップページ | ビシビシ行くぜ!来馬岳~バケモノ山 »