« おんな心と秋のピセナイ山 | トップページ | 長靴登山隊が紋別岳へ行く »

2012/11/06

長靴登山隊が樽前山へ行く

2012110524
2012年11月5日
28年ぶりの樽前山。当時はまだ10代でジャージとスニーカーで登った。
ルートは苔の洞門から下山は記憶が無い。
7合目ヒュッテ登山口・・・08:00
東山(樽前山ピーク)・・・08:50
西山        ・・・09:45
下山        ・・・10:53
2012110501 登り1時間45分 下り1時間10分 (休憩含む)
2012110504 久々ということもあり、パプマルさんが未踏ということで今回は樽前山に行くことにした。
2012110506 7合目登山口からスタート。天気はここ最近にしてはとてもいい天気。
2012110509 8時だというのに太陽は低くすっかり晩秋という感じだ。
空気は澄んでいて苫小牧の街と太平洋が見える。
2012110510 東には日高山脈から夕張山地と大雪までよく見える。
40分ほどで稜線に到着。

2012110515 火口原のドームが間近に見えその先には半分ほど白くなった羊蹄山も見えた。
2012110523 ここから5分ほどで樽前山ピークに到着。ここから左回りで外輪一周コース。
この外周意外と大周りでルート間違えた?と思うくらい西に向かう。
2012110527 1.3㎞ほど行くと分岐に着く。ここからドームを左に見ながら西山へ向かう。
2012110532 今は通れないシシャモナイコースの分岐を経る。
28年前に確かにここを通っている。もっとガレガレだった記憶があるがそんな感じはない。

2012110535 途中4人パーティーとすれ違う。われわれとは逆回りコースだ。
まもなく西山に到着。登山者が続々登ってくる。
2012110541 しばしの休憩後下山開始。
2012110544 途中避難小屋のような祠がある。
外輪一周するころには続々登山者やら観光客が登って来て山頂付近は賑わっていた。

下山すると平日にも係わらずヒュッテ前駐車場は満車に近い状態だった。

201211055020121105512012110502
下山するとちょうど外輪ですれ違った4人組みが降りてきた。
避難小屋の管理人代理の人で小屋の中を見せてもらった。
通常時は緊急時以外は宿泊出来ないが冬期間は泊まれるということだ。
ただし車は7㎞手前までしか入れないので注意。宿泊出来るかは確認した方がいい。

|

« おんな心と秋のピセナイ山 | トップページ | 長靴登山隊が紋別岳へ行く »

コメント

冬に避難小屋に泊まったことありますが、コークスストーブがレトロで管理人さんとの雑談に楽しい一夜でした。
山頂からはカリカリ斜面でアイゼン訓練にはもってこいですよ~
但し・・車止めから長い長い・・

投稿: ちょんぼ | 2012/11/06 18:34

ちょんぼさん

確かに。7kmは長いですね~。
帰りのことを考えるとやはりスキーで行ったほうがよさそうですね。
泊ってみたいけどな~

投稿: pappo | 2012/11/07 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/56054958

この記事へのトラックバック一覧です: 長靴登山隊が樽前山へ行く:

« おんな心と秋のピセナイ山 | トップページ | 長靴登山隊が紋別岳へ行く »