« 長靴登山隊が紋別岳へ行く | トップページ | 小樽赤岩ドライツーリング »

2012/11/14

長靴登山隊が有珠山(外輪)へ行く

20121113_026 2012年11月13日
スタート ・・・10:20
外輪稜線 ・・・11:30
外輪山展望台・・11:40
ロープW駅・・・12:20・13:00
下山  ・・・・14:00

20121113 登り2時間 下り1時間
昨日急に思い立って有珠山に行ってみようということになった。
私が生まれてから1977年と2000年の2度噴火している有珠山。
世界ジオパークにもなっていてカルデラ地質や自然、縄文遺跡など周辺は見どころが多い。
最近は治山事業を推進していてる。

20121113_005 高速道路架橋手前に登山者用の駐車スペースがある。そこから山に向かっていくと左に遊歩道がありここからスタート。
歩き始めてすぐにポツポツと感じた。よく見るとカラマツの落葉が雨のように降ってきていた。
20121113_008 遊歩道沿いの晩秋ということもあり雑木林の葉はほとんど落ちていて見通しがいい。
20121113_009 また笹も少なく林の奥まで見通せる不思議な感じの山だ。

20121113_010 急な登りはなくなだらかな歩道を登っていく。
20121113_017 1時間10分ほどで外輪に着いた。太平洋と伊達、虻田の街が見渡せる。
20121113_016 まずは10分ほどで着く外輪展望台に向かう。ここから先は進めない。

20121113_023 ここから少し戻って外輪を歩きロープウェイ駅まで行ってみることにする。

20121113_027 少し下ると立派なログのトイレがある。そこから歩道はずっと続いているが先にはものすごい階段が見えた。
20121113_028 カルデラを左に見ながら進む。ところごころ煙が上がっている。
20121113_030 噴火の影響か立ち枯れした木もいたるところに見られる。

20121113_032  いよいよ急な階段を登る。何段あるんだろう?休まず登りきれるだろうか??
20121113_033 と思いながら登り始める。階段は260段+α。登りきると見晴らしのいい展望台がある。

20121113_035 ロープウェイ駅から来る観光客もちらほらいる。
20121113_036 世界ジオパークということもあり外人も2人ほど来ていた。

20121113_037_2 駅内で温かいコーヒーを買って飲みながら休憩。
20121113_039 40分ほどゆっくりしてから下山開始。
20121113_004 1時間ほどで下山した。

|

« 長靴登山隊が紋別岳へ行く | トップページ | 小樽赤岩ドライツーリング »

コメント

長靴登山良いですね・・・

ご無沙汰しています。屋久島から帰還して以来11月の山に行けていません。
余りにも天気が良過ぎて、普段しない4日連続の日帰り山行で運を使い切った感がありますわ(笑)

今月は上さんとも休みが合わなくて・・・
天気にも見放されて・・・

有珠山
以前同時期に登った事を思い出しました。
あの時は、大有珠まで忍びで登りました。

もうすぐ雪山ですね・・

楽しみです。

投稿: エバ | 2012/11/14 23:33

エバさん
大有珠山いきましたか。現在は立ち入り制限があるので、登頂は無理のようです。
屋久島良かったですね。丁度今友人パーティが屋久島行ってます。この時期は天気が安定していていいですね。

投稿: パッポ | 2012/11/15 13:36

こんにちは

観光気分?で気軽に歩くには良さそうなコースですね。
来シーズンに娘と一緒に登ってみようかと思います。
ただ、一緒に登ってくれるかどうかは微妙ですが・・(笑)

長靴って歩き辛いイメージを持っていたのですが、普通?に山にも登れるんですね。
見た目もカッコイイ?し、足元がぬかるんでいる日には良さそうです。

投稿: あおフクロウ | 2012/11/16 00:55

あおフクロウさん
いま時期はこの程度の低山が無理なく私には合っています。
長靴も合っていないと歩きにくいです。
私の履いているのは小樽のミツウマブランド。グリーンフィールド¥4500です。
靴裏のパターンもよく滑りにくくてGoodですよ!

投稿: pappo | 2012/11/16 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/56111094

この記事へのトラックバック一覧です: 長靴登山隊が有珠山(外輪)へ行く:

« 長靴登山隊が紋別岳へ行く | トップページ | 小樽赤岩ドライツーリング »