« 長靴登山隊が樽前山へ行く | トップページ | 長靴登山隊が有珠山(外輪)へ行く »

2012/11/06

長靴登山隊が紋別岳へ行く

2012110510_2 2012年11月5日
登山口 ・・・11:50
ピーク ・・・13:00・13:30
下山  ・・・14:30
2012110520 登り1時間10分 下り1時間(休憩含む)

2012110502_2 アスファルト登山道として有名?なNTT登山道のある紋別岳に行ってきた。
2012110503 距離は4.8㎞。二つ目の山としては結構な距離がある。
落ち葉に隠れたアスファルト道路を歩く。
風もなく穏やかで暖かい小春日和になった。

2012110506_2 もうキノコの姿も見えない。
距離を歩くことにピークの鉄塔は近づいているはずなのに道路沿いの距離表示はなかなか減っていかない。
2012110507 変化のない舗装道路を歩くのも疲れる。支笏湖の風景を見ながら登れるのはいい。

ピークを大きく回り込んでやっと到着。
2012110508 鉄塔には数人の作業員が登っていた。
20mほどの鉄塔だがかなりきつそうで悲鳴を上げパンプしている作業員もいるようだった。
パプマルさんが「登りだけなら代わってやるよ~」と叫んでいた。

頂上三角点には鉄塔下を行かないとだめだ。しかし不親切なことに関係者以外立ち入り禁止の看板がある。
ただ、その先には三角点と頂上標識がある。「どうすれば・・・」
2.3秒考えていくことにした。

2012110509_2 ピークには先客がいた。その後、単独の女性2名も登ってきた。
平日にも関わらずこんなに人に逢うのは珍しい。

2012110513 帰りは送電線下にある作業道から降りることにした。
2012110514 先行者の情報で今シーズンに200万円の事業費で送電線したのルートの笹刈をしたそうだ。
せっかくなので歩いてみる。
2012110517 笹が2~4m幅で刈り入れされている。
ただ歩きやすくはない。送電線に沿っているのでジグという考えはなく結構な急斜面も直登になっている。
距離的にはかなり短縮出来たがずっと笹のルートなのでいいルートかどうかは疑問。
2012110518 最後に橋を渡ってアスファルト道に出る。

景色はいい山だ。

|

« 長靴登山隊が樽前山へ行く | トップページ | 長靴登山隊が有珠山(外輪)へ行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/56055148

この記事へのトラックバック一覧です: 長靴登山隊が紋別岳へ行く:

« 長靴登山隊が樽前山へ行く | トップページ | 長靴登山隊が有珠山(外輪)へ行く »