« 2012BMC赤岩AC.VOL7:忘れ物DAY | トップページ | 花の大雪山縦走1日目:旭岳から白雲小屋 »

2012/07/12

布部のジャンヌー中天狗は花の名山

20120711_053 この山の存在は数年前に小樽の会がGWに布部~極楽平ルートで行った時だった。残念ながら仕事で参加出来なかった。その時に小樽S大OB会のN氏が極楽平から中天狗を見たときに言った「ジャンヌ―だ!布部のジャンヌーだ。」という言葉をそのまま今回ブログのタイトルに引用した。
昨年GWに同ルートで望んだが、西富良野岳の裾~布部岳を登りC1でまさかの肉離れ再発リタイヤ
そして今年は無念の雪不足で頓挫。ならば沢から夏に登ろうということに。
幸い岳友でユウパリコザクラ会エバさんが夫婦で昨年登っていたのでその記録も参考にしていってきた。
2012年7月11日
スタート ・・・07:15
入渓 ・・・・・08:12
直登沢出合・・・09:20
ピーク  ・・・11:26・12:07
本流出合い・・・13:28
入渓地点 ・・・15:08
駐車地点 ・・・16:00
20120711 登り4時間10分・下り3時間53分
(尻岸馬内林道歩きアルバイト1時間50分)

20120711_018 メンバー、Y教育部長、u46、オノッチとパプマルさんと私の5人。u46とは冬のフレ岳、丹鳴岳以来だ。
林道にはゲートがあり一般車両は入られない。歩くと6km1時間30分はかかり往復3時間はかかる。自転車という手もある。高低差はそれほどないのでそれも可能だ。我々は事前に空知林管理署に問い合わせ入林申請をして鍵を借りた。

20120711_020 尻岸馬内林道を快適に2kmほど走っていると巨大な倒木が林道をふさいでいた。orz
20120711_022 ここでまさかの1時間のタイムロス。予め取っておいた貯金タイムが底をついた。
20120711_025 ほぼ1時間で林道終点に到着。
20120711_026 当初の予定通りの時間に入渓。沢は何人かの踏み跡こそあるが岩がぬめっていてよく滑る。
たまにスパッと切ったような岩盤が側面に出てくる。大きな滝は特にない。20120711_028 大淵や釜といういわゆる渓相のいいさわというわけではないがやはり川を歩くのは気持ちがいい。
20120711_029 黒松内でもあったが今年は雪渓が多いようだ。最近日高方面で雪渓の事故があったらしいので皆注意して雪渓の上を歩く。u46はよほど雪渓が憎いのか大きな石を投げて何とか崩そうをしている。
20120711_032 1時間ほどで北東面直登沢出合いに到着。しばしの 休憩後いよいよ急登突入だ。
20120711_033 気合いを入れて出発!雪解けのせいか上流部の水は冷たい。上部が泥地系のため足場は悪い。
結構な急登で高度感はなかなかだ。難しいところはないがやっと沢登りらしくなってきた・・・。
と思っていたら100mほど登っただろうか・・・。すぐに枯れ沢になってしまった・・・。ここで軽アイゼンを装着。
20120711_035 あとは泥と雪渓を交互に登る。エバさんのブログにもあるがこの時期この沢では軽アイゼンが必須のようだ。
20120711_037 1時間ほどガンバレばいよいよ籔突入!籔と言ってもササ籔ではなく非常に歩きやすい。
小さな枝を掴みながら必死に登っていく。どんどん高度を稼ぐ。やがて木はなくなり、いきなり一面黄色い花に覆われた斜面に出る。
20120711_041 花をよけて歩くのが大変なくらいのお花畑である。
20120711_044 皆今までの疲れが吹っ飛んだように笑顔になっていた。
20120711_038 花はシナノキンバイ、
20120711_040 20120711_045_2 20120711_059_2 トウゲブキ、イブキジャコウソウ、エゾシオガマ、
20120711_046
ミヤマラッキョウ
20120711_057 チシマフウロ、チシマキキョウなどなど。
20120711_048 20120711_065 花の中の教育部長は一見違和感を感じるかもしれないが実にマッチしている。またピークに立つ教育部長もかっこいい。
20120711_060 先日登った芦別岳を感慨深く眺めるu46。わたくしも次なる目標の山夕張中岳を見る。
20120711_052 こちらから見る崕山もまた崕っぽい。
布部岳から松籟山、極楽平まで一望。
いつになく頂上での時間をまったりすごした。どれだけの種類があるか色々調査してみる。崕に見られるような花はなかったが、イブキジャコウソウは珍しい。
20120711_068 最後に5人で記念撮影。いいピークになった。

20120711_070 下山はより緩い斜面の東面を降りることにした。
20120711_071_3 ここは沢地形ではなくもっぱら籔歩きだが、笹はなく歩きやすい。
不明瞭な鹿道をたどりながら1時間10分ほどで本流に降りる。

20120711_075 帰りはフライアングラーのY部長がフライのパックロッドを取り出し毛バリを結んだ。
各自ウド、蕗、行者ニンニク、ボリボリなど山の恵みを採取して帰る。
20120711_079 20120711_081 Y部長もいい型のイワナをゲットした。
登りとほぼ同じ時間で下山。

20120711_056 今回はようやく踏んだ狙いのピークだったのでよかった。
思った通りピークの花が素晴らしかった。満足度の高い山行になった。

|

« 2012BMC赤岩AC.VOL7:忘れ物DAY | トップページ | 花の大雪山縦走1日目:旭岳から白雲小屋 »

コメント

沢2回目、薮漕ぎビギナーのu太郎です。
花満開、熊糞満載、山菜万歳な山行でした。眺望最高!またセッションして下さいねっ(^人^)

投稿: u46 | 2012/07/12 18:38

u46さん
お疲れさまでした~
3か月振りの同行でしたね。
いきなりマニアックな山ですいませんでした。もっと滝あり釜ありヘツリありの楽しい沢がありますのでまた行きましょう!

近いうちにまた沢もう一本行きたいですね~

投稿: パッポ | 2012/07/12 19:13

隊長 お疲れ様でした。
念願の登頂を沢から達成、帰りのお土産も
良いですね。同じ日に私たちは「富良野西
岳」に登っていました。丁度同じくらいの
ピーク到着です。本峰芦別を始めとして
眺望も良かったですね。
私も未踏の中岳に対する登行意欲はふつふ
つと湧いて来ました。
来春機会があれば是非一緒に・・とお願い
したい所です。
ブログ大変懐かしく楽しく拝見しました。
パブマルさんが一緒で良かったです。

投稿: エバ | 2012/07/12 22:35

先週は久々の雨の山歩きでお疲れ様です。rain初めてのさくらんぼ狩も楽しかったcherry
お花が綺麗な山ですね~
天気sunにも恵まれて昨日じゃなくて良かったですね
(昨日は一日中雨でしたよね)
痛かった左手ですが、翌日に病院に行ったら思った通り捻挫でした。sweat01
骨折していなくて良かったhappy01
土日は初参加のバス登山。超賑やかで楽しかったですbus
ホテルの夕食は飲み放題もあって、
お風呂上りのビールbeerも満喫しました~

投稿: きよりん | 2012/07/13 08:50

エバさん
色々アドバイスありがとうございました。
林道歩きを入れても価値のある山だと思いました。

来春は是非夕張中岳行きましょう!
その前に今年もご一緒させてください。

投稿: パッポ | 2012/07/13 09:47

きよりんさん
頂白山お疲れ様でした~。
雨で、あまり写真がなかったので記事にはしませんでした。下山後のサクランボ狩りは美味しくて良かったです。あの農園は友人なのでまた寄ってください。いろんなフルーツがありますよ~(^-^)/

投稿: パッポ | 2012/07/13 09:52

隊長、パプマルさん、教育部長様、u46さん、ありがとうございました。お花満開、眺め最高の中天狗でした。下山の収穫祭も大満足。とっても楽しかったです。
そして、夕張中岳、お茶々、シュウパロ岳、夕張マッターホルン等々、あの山域には、気になるお山がたくさんです。平日山行部、また一緒に山に行きたいです。よろしくお願いいたします。

投稿: おのっち | 2012/07/15 00:25

おのっちさん
お疲れさまでした~
冬だと遠い中天狗も沢からだとお手軽でしたね。林道歩きがなけれれば半日コースでしたし。
でも山頂の花はすごかったですね~。
またよろしく~

投稿: pappo | 2012/07/15 21:03

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 職歴書 | 2012/07/16 13:55

おのっちさんお久しぶりです。
ず~と前にたまたま小樽労山に一緒に入会しましたね~
私は数ヶ月で札幌の山岳部に戻ってしまいましたが、一緒に行ったニペソツが楽しくて覚えてますよ~

パッポさんの「平日山行部」近場の時には是非声をかけてね~よろしく~note

投稿: きよりん | 2012/07/18 09:12

きよりんさん
顔が広いですね。
平日山行山岳会の二人は再会の日も近いですね。

投稿: pappo | 2012/07/20 05:46

きよりんさん、是非お会いしたいですね~
一緒に、山行きましょう。今後とも、よろしくお願いします。

投稿: おのっち | 2012/07/20 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/55179724

この記事へのトラックバック一覧です: 布部のジャンヌー中天狗は花の名山:

« 2012BMC赤岩AC.VOL7:忘れ物DAY | トップページ | 花の大雪山縦走1日目:旭岳から白雲小屋 »