« 変化に富んだ道北の名峰ウェンシリ山 | トップページ | 沢靴キャラバンステルスソールを試す »

2012/06/05

2012BMC赤岩AC.VOL6:マルチ三昧

20120604_akaiwa_014 2012年6月4日
BMC赤岩リーダーになって晴れて赤岩企画を立てられるようになりました。
初の企画は平日山行で2,3、人集まればいいかなと思っていたら思いのほか6人の参加があってびっくり。
2パーティーに分かれていくことにした。
メンバはY教育部長、ヒマラヤ帰りのゴットンさん、赤岩整備協議会メンバーのタッキー。
赤岩リーダーまでもう少しのヤス、O労山のONッチ、そして私の6人。
教育部長Pは奥リス全ルート攻略へ。私たちは先日行った西奥と西壁カンテへ。

西壁カンテルート
1P  19m   Ⅳ-
2P  14m   Ⅳ
3P  23m   Ⅳ+

西奥壁側面クラック(ノーマルルート)
1P   19m  (Ⅴくらい)
(出だしは左バンド下のフェースからのバリエーション)
2P   22m  Ⅳ+
3P   14m  Ⅳ

馬の背・ノーマルルート
1P     17m Ⅳ- 
2P     24m Ⅳ-

参考資料:小樽赤岩

*西壁カンテ*
20120604_akaiwa_004 まずは準備運動がてら西壁カンテ。私は初めてのルートだったが、ヤスが登ったことがあるのでリードで行く。
2Pは最後に登った私はそのままリードしバンドまで上がる。3PはONッチがサクサク登って終了!。
終了点から西側のルンゼに40mほどの懸垂で西奥取りつきに出る。

*西奥*
20120604_akaiwa_005 ここはBMCのリーダー課題なのでヤスのリードで行く。
1P目が核心なのでこまめにヌンチャクを掛けてもらってヤバそうならA0するように行ってもらった。
グレードはⅤくらいに感じた。
20120604_akaiwa_006 2P目は2本のクラックの右側から登り途中で左のクラックに移る。そのまま直上して例の怖いところで切る。
グレードはⅣ+。
3Pはかぶり気味の出だしが悪い。クラック沿いに直上して黄色い岩の左を巻いて終了。
頂上からは西壁に抜ける道があるのでそのままクライムダウンして西壁のルンゼを降りて終了。

ヤスがここで抜けたので一度峠に戻る。東に行くとピナクルに取りついている教育部長Pが見えたので、我々は隣の馬の背に行った。

*馬の背*
1P目は通称脳梗塞左のジェードルを登る。難しくはないが脆く残置もほとんどないのでキャメをかましながら登る。
終了点にはきれいに整備されたケミカルが打ってあるのでビレイは安心して出来る。
2P目は右に移ってチムニーに入る。左側からチムニーを抜けて上部のケミカル支点でビレイする。

20120604_akaiwa_008 ちょうどピナクルを登っている教育部長Pが見えた。
20120604_akaiwa_010 リードするY部長、久しぶりの岩を楽しんでいるゴットンさん、スパイダーマンのように登るタッキー。
馬の背ピークでしばらくゆっくりして懸垂で東面に降りる。

第1回平日部赤岩山行は気分よく終了した。

|

« 変化に富んだ道北の名峰ウェンシリ山 | トップページ | 沢靴キャラバンステルスソールを試す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/54881550

この記事へのトラックバック一覧です: 2012BMC赤岩AC.VOL6:マルチ三昧:

« 変化に富んだ道北の名峰ウェンシリ山 | トップページ | 沢靴キャラバンステルスソールを試す »