« 2012BMC赤岩ACVOL.1 | トップページ | 2012BMC赤岩AC.VOL.2:赤岩リーダーへの道 »

2012/04/30

余別岳雪どけ進み積丹岳に変更

20120428_015
2012年4月28日
積丹岳夏道ルート
今日はパプマルさんと白猫さんの希望で余別岳に行く計画だった。ところが北尾根の取りつきにはすでに雪が繋がってなく急遽積丹経由で目指すことにした。
スタート ・・・07:20
積丹岳 ・・・・11:15・13:00
エンド  ・・・14:30

メンバーはBMCの白猫さん、u46くん、パプマルと私。小樽で乗り合わせ4人で積丹岬の湯があるウエンドに向かう。車は尾根の取りつきまで入ることが出来た。途中雪どけがあまりに進んでいたので心配になり、少し見に行くとやはり雪が無く藪こぎを強いられることになる。ツボでは行けそうだが、スキーでは厳しそうなのでルート変更を決断した。

20120428_001
ツボ足の単独行が2名先行していった。その後スタートして順調に登る。小屋について白猫さんが水の補給をした。小屋はきれいで玄関の階段も畳も新しくなっていた。

20120428_005
パプマルさんは初めてのルートだった。なだらかなルートで歩きやすかったようだ。
予定通り4時間でピークに着いた。頑張って余別まで行こうと思っていたが、積丹から余別の間の雪もかなり少なくなっていて北面にはブッシュが出ていた。
スキーでこるまで下りるのは困難ということで今日の山行はここまでということにした。
GWということでピークでは沢山の人が登ってきた。山行スタイルはテレマーカーやツボ、スプリットボーダーなど様々。

20120428_014
札幌から来たという単独行者の記念写真を撮ったり写り込んだり。
変な人だと思っただろうなぁ~。

20120428_018_2
少し遅れて白猫さんも到着。みんなで記念撮影。しばらくルートを考える白猫さん。
意を決して出発。がんばれ白ネコさん!

単独で天泊予定の白猫さんを見送りしばらく頂上でゆっくりした。白猫さんをコルに確認したので下山することにした。

帰りはいい感じのザラメで緩斜面を快適に滑った。下山後白猫さんの余別登頂メールが入って安堵する。

さて明日は赤岩だ!

|

« 2012BMC赤岩ACVOL.1 | トップページ | 2012BMC赤岩AC.VOL.2:赤岩リーダーへの道 »

コメント

余別・・残念でしたね。

各地からの報告ですごい速さの雪解けを
聞いていますが、それほどとは・・・。
5/2の計画にも入っていた余別だっただ
けに残念ですが、隊長の報告を読み今シ
ーズンは諦めました。
明日は、ダメ元で東大雪に取り残した
然別湖の北にある「石山」に日帰りしよ
うと思っています。

赤岩・・私たちにはもう遠い、かも?

投稿: エバ | 2012/05/01 16:23

ebaさん
こんばんは。
まぁ、余別は来年条件のいい時に行くことにします。暑寒別岳あたりはまだよさそうですねどね~ちょっと遠いし。ガソリン代も高いし。

今月は赤岩通いに専念します。
赤岩にもお手軽ルートはたくさんあります。
ぜひ行きましょう!

投稿: pappo | 2012/05/01 20:46

いいですね。今シーズンは結局正月だけでしたが、来シーズンは是非もっとご一緒させていただけたらと思ってます!宜しくお願いします(^^)

投稿: キング | 2012/05/01 21:44

キングさん
夏は海がメインになるのですかね。

今年はボーダーと行く機会が以外と多かったです。来年はボーダーも楽チンの山に行きましょうね!

投稿: pappo | 2012/05/01 23:17

こんにちは

快晴の積丹岳イイですねー。

僕は5月中旬ぐらいまでは忙しくて山スキーには行けないのですが、
その頃には雪が無くなってそうですね。
最近暑い日が続いているので、かなりアセッています・・。

岩も楽しそうですね。

投稿: あおフクロウ | 2012/05/03 19:25

あおフクロウさん
気温は明日あたりから例年並みになるようですが雪はあるところにはあって稜線など雪が少ない場所はかなり雪がないです。

私はもうスキーはワックス塗ってしまおうかと思っています。
5月は岩をがんばりたいと思っています。

投稿: pappo | 2012/05/03 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/54597102

この記事へのトラックバック一覧です: 余別岳雪どけ進み積丹岳に変更:

« 2012BMC赤岩ACVOL.1 | トップページ | 2012BMC赤岩AC.VOL.2:赤岩リーダーへの道 »