« 定山渓布引の滝アイスクライミング | トップページ | 層雲峡・銀河の滝トップアウト »

2012/02/01

小樽毛無山周辺BC

20120201_015
2012年2月1日
スタート ・・・09:00
登り返し1・・・09:50
北斜面  ・・・10:20・10:50
終了  ・・・・11:20

早くも2月に入りました。アイスもパウダーも秒読みに入りました。今日は小樽毛無山バックカントリーを調査してきた。先日北嶺舎さんから誘われ急遽決まった偵察山行。メンバーはM下、U飼、パッポ、そして今回の企画発起人A氏の4人で行ってきた。

20120201_021
車は恩根内上流の広いスペースに止めた。

20120201_005
1台に乗り込み毛無峠駐車スペースまで移動。

20120201_007
林道沿いに進み朝里スキー場から見えるオープンバーンを登る。
20120201_008
今日も目的ではないがまずは1本目はこのオープンバーンを滑る。やや緩い斜面は滑りやすい初心者向きのいい斜面だ。
20120201_009
天気はまぁまぁで石狩湾がきれいに見え、曇っている割に夕張山地や大雪十勝連山まで良く見えた。

20120201_010
登り返してなだらかで広い尾根を北に進み右に鉄塔が見えると木の間から小樽の海と街並みが見える。
20120201_012
降り始めの斜面でピットチェックをする。安定していて今日は流れの心配はなさそうだ。ただ急に落ち込んでいる斜面には亀裂が入っているので刺激を与えるのは禁物だ。

20120201_014
まずはバーンの左を滑る。日曜日のいい雪が残っていていい感じだ。
20120201_016 20120201_017
また登り返して今度は亀裂の上に回り込んで右側を滑る。

20120201_019
私は2度も転んでしまい今日はイマイチの滑りだったがみんないい顔で気持ちよさそうだった。
一気にボトムまで降りて沢筋を下る。週末に滑った人のものと思われるトレースもうっすら残っていていいルートで帰ることができた。ただ渡渉、アップダウンが結構あるのでノートラックだとコース取りが難しそうだった。しっかり読図して深い沢に降り過ぎないように降りていかなければならない。沢も埋まってないところが多いので渡渉も注意が必要だ。

20120201_020
ほどなく大きな砂防ダムが現れ、ここを過ぎると間もなく終了となる。2度も登り返したのに2時間半かからずに終了。車を回収でても12時に終了した。

裏も表もいい感じで楽しめそうだが、オープンバーンの弱層状態と下山時のルートファインディングは注意がいる。

なお今日の調査内容は北海道新聞の小樽版 ねっとわーく○○に掲載されるらしい。

20120201

ルートが掲載されたので私のログも載せることにします。

20120213_2

|

« 定山渓布引の滝アイスクライミング | トップページ | 層雲峡・銀河の滝トップアウト »

コメント

らくちんそうですね。
結構滑りに適した斜面があるのでしょうか?
詳しいルートが知りたい…です。

投稿: さわぼうず | 2012/02/02 09:10

毛無峠付近は前からちょっと気になっていました。
意外と滑るところがあるんですね。

いつかは行ってみようかと思います。

投稿: あおフクロウ | 2012/02/02 23:36

沢坊主さん

ルートはコソっと教えますのでDM下さい。
行けば分かると思うのですが南も北もいい斜面があります。

投稿: パッポ | 2012/02/03 11:26

あおフクロウさん

あおフクロウさんなら下からのハイクがお勧めです。あとはついでに松倉岩にも行ってはいかがでしょうか。北面の展望は最高です!

投稿: パッポ | 2012/02/03 11:29

ブログ楽しく拝見しています。
毛無ってとっても開けてるんですね。
もし差し支えなければルートお教えいただけないでしょうか。

投稿: まさ | 2012/02/04 12:48

まささん
はじめまして。
地図は今回同行者の希望でのぜません。

朝里スキー場上部にある百葉箱のスペースから西に進みオープンバーンを登り切ります。
その後北に進むと絶景の北斜面があります。

北斜面は亀裂があるので雪崩には十分注意が必要です。

下山も渡渉が大変なので注意が必要です。

投稿: パッポ | 2012/02/05 07:43

おはようございます。
返信ありがとうございました。
いったらレポートします。

投稿: まさ | 2012/02/05 09:37

ブログいつも楽しく拝見させて頂いています。
いつもガイド本やブログのルートに頼り、トレース泥棒していた自分に反省ひとしおです。
開拓魂に頭が下がります。

投稿: u46 | 2012/02/11 19:55

u46さん
まぁこのルートは地図載せなくて知っている人多いから問題ないとは思うんですけどね~

ある人に「登山は机上から」と言われました。
地図をみて自分なりにルートを考えることです。

投稿: パッポ | 2012/02/12 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/53878854

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽毛無山周辺BC:

« 定山渓布引の滝アイスクライミング | トップページ | 層雲峡・銀河の滝トップアウト »