« 2012年1発目は恒例余市岳 | トップページ | 大黒山・えびす山詣で »

2012/01/09

あなどれないわ 音江山2012

20120119_028 2012年1月9日
音江山
スタート ・・・09:00
ピーク ・・・・11:20・12:20 登り返し含む
エンド  ・・・13:00

20120119 登り 2時間20分 下り40分(登りラッセルなし)
今日は黒猫さんのお誘いで深川の音江山に行ってきた。メンバーはHYMLのヤマさん、洋さん、低山大好きさん、黒さんの大御所4人に混ぜて頂く。パプマルさんは今日は残念ながら仕事でした。残念!

緊張して眠られない日なんてほとんど体験したことが無い私だが、さすがに今日のメンバーを聞いて心がハシャイでしまいよく眠られなかった。朝、野幌PAで待ち合わせ。黒さん車に乗りこんだ3人に挨拶をする。

20120119_017 ヤマさんは想像通りの人でいかにも山屋といった感じ。昨年キノコネタで少しメールでのやり取りをした。今回は偶然にも念願かなった形になった。
洋さんはHNがちゃん付けなのでもっとかわいい感じを想像していたが、男らしく精悍な雰囲気だった。風貌は私に似ている感じがした。しかもテレマーカー。かなりの腕前を後で披露してもらった。
低山大好きさんは今年2度目でなんか縁がある感じだ。腰痛を押しての参加で頭が下がる。
黒さんは同じ会に所属はしているが入門以外の山行は今日が初めて。クールでかなりの山好き。パウダー中毒にかかっているようだった。
まぁ、今日の5人はみんな中毒だと思うけど。
かくしてこのHYMLのオフミに初参加することになった。

駐車スペースにはすでに4台の車が止まっていて人気のほどをうかがわせる。
20120119_003 天気は晴れてはいなかったが、雪もなく風もなくおまけにトレースまで付いていて絶好のBC日和になった。始めはバラけてのスタートだったが温泉跡に着くころには足並みがそろった。
20120119_005 少し進むとヤマさんが靴ずれを起こし応急処置をした。
20120119_009 一つ目の尾根を登りきるとこんどはロングトラバース。ここは登らず下りずで進むのが理想。

20120119_006 co450mあたりで沢を渡渉し南西尾根に取りつく。とはいっても今回はすべてトレース通りなのでロストの心配のない。
20120119_010 登りと下りはルートが違うが、登りに使った尾根やその横の沢筋も十分楽しめそうないい斜面だった。

20120119_012 稜線に出てしばらく行くと4人組のジモティが滑降スタンバイをしていた。昨日も来たらしい。地元の人が二日連続で来るということはそれだけいい山であるということになる。ラッセルありがとうございました。

20120119_018 そして今年初ピークになりました。展望はほぼ無かったが深川の町並みが見えた。

いよいよ滑降です。
20120119_026 まずは低山大好きさんが行きます。めちゃくちゃ楽しんでいます。
ヤマさんが行きます。「ホッホッホッホ」リズミカルなショートターンで急なオープンバーンを下りて行きます。
20120119_029 テレマークの洋さんの華麗なターンを勉強させていただきます。
続いて私が行きます。「深い・・」「やばい・・」「たのすい~~
20120119_027 黒さんも続きます。黒さんもショートターンで華麗にシュプールを残しています。

高低差150程下って登り返し。お昼休憩をとって再びドロップい~~ん!
めっちゃいいです。ここの斜面オープンバーンが広すぎます。
この標高の山でこれだけ木が少ないオープンバーンが横に広い山は珍しい。
誰かが「あなどってたわ 音江山・・・」とかすかに聞こえました。

一気に高低差230mほどを滑りボトムまで滑ります。
雪質も斜度も申し分なしの大当たり日になりました。

20120119_030 帰りのロングトラバースも先程のジモティの付けたトレースをたどり登り返しなしで登ってきたルートに復帰。小樽からは少し距離があるがここも年1リストに追加してもいい山になった。

20120119_031 今日も全員無事下山。土日は休めないので今日のメンバーで来るのは難しいが機会があったらまた混ぜてもらいたい。
また聞こえてきた「あなどれないわ 音江山・・・
確かに・・・。「あなどれない 音江山
同行のみなさんありがとうございました。今度はパプマルさんを連れてきます。

|

« 2012年1発目は恒例余市岳 | トップページ | 大黒山・えびす山詣で »

コメント

こんにちは
音江山は札幌から出掛けるには微妙に遠いので僕も今まで一回しか行ったことがありません。
高速代も掛かるし「他の山でイイや」って思ってしまうんですよね・・。
でも記事を読んでいたらまた行ってみたくなりました。あなどれませんね。

投稿: あおフクロウ | 2012/01/11 23:13

あおフクロウさん
そうなんですよ。
私もそんな思いでいたのです。
キロロやニセコに行けばいいパウダーが沢山あるので行くまでもない山と思っていましたが、いいゲレンデそこにはあったんですね~

たまには滑られる山も楽しいですよ~^^
あなどれません!

投稿: パッポ | 2012/01/12 07:46

すばらしいディープパウダーですね!!
私も1度行ってますが帰りは登り返しの
連続でした…
さすが!ルートどりが上手ですね!

投稿: 沢坊主 | 2012/01/13 13:39

沢坊主さん

いいバーンがあるとついつい降りすぎちゃって登り返すこと良くありますよね。

今回は地元さん?のトレース通りに帰ったのですさすがジモトさんですね。

投稿: パッポ | 2012/01/13 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/53703293

この記事へのトラックバック一覧です: あなどれないわ 音江山2012:

« 2012年1発目は恒例余市岳 | トップページ | 大黒山・えびす山詣で »