« 遠かりしイドンナップ岳:アタック編 | トップページ | 南沼キャンプでゆったりトムラウシ山 »

2011/07/25

市民登山初参加で大雪山旭岳

20110724_011 2011年7月24日
旭岳

20110724 スタート・・・10:00
ピーク ・・・13:00
エンド ・・・15:00

20110724_001 今回はめったに休めない日曜日に小樽山岳連盟主催の市民登山に初参加してきた。メンバーは岳連所属の各メンバーと一般市民総勢57人。ルートは裾合平お花見ルートと頑張って北海道の最高峰旭岳に登ろうルートの2ルート。4班に分かれて行ってきた。

20110724_002 朝は小樽駅5時15分に集合。途中で参加者を拾いながら進む。一人拾い忘れのハプニングもあったが、全員乗せて高速に乗る。今回の総リーダーはクライミングでいつも登っているKj君。注意事項などの説明などがある。旭岳ロープウェー駅到着は9時。早速みんな準備をして各班に分かれてロープウェーに乗る。

20110724_008 私の班のリーダーはO山岳会のAYさん。サブはK山岳会のS藤さん。私の担当は記録と救護担当だった。リーダーのAYさんとは岳連の遭対協の訓練でご一緒したことがあった。サブのS藤さんは冬余市岳や先日の夕張岳でよく一緒に行くメンバー。後、会で一緒のM浦さん、O石さんと子どもたち。それから最近会に入ったけど、以前丸山でご一緒したハマナスさん。そうそう会の先輩のN雲さん、K保さんも一緒だった。あと数人は初めてご一緒する人たち。

20110724_009 20110724_047 20110724_010_2 1班から10分遅れてスタート。天気はとても良くて頂上もばっちりだった。大きな鐘のある付近まではチングルマ、コザクラ、エゾノツガザクラ、キンバイが見ごろだった。
20110724_017 20110724_018 石室は2階建てできれいな内装。春にでもきてここをベースにスキーを楽しんでもよさそうだ。小屋はもちろん2階からも入ることが出来る。

20110724_024 7,8合目、と順調に登る。ところが次第に雲が下がれてきた。9合目に着くことには雲の中に入って少し肌寒い。風も出てきて汗もあまり掻かず、水も減らない。

20110724_029 時よりムービーを回しながら山行記録を残す。みんな頑張っています。特にO石さんの子どもたちはあのザレ場をスニーカーで歩きにくいだろうけど頑張って登っていた。

ニセ金庫岩のところで頂上付近にいた先行1班が見えた。あともう少しで頂上です。みんな頑張って~~。
20110724_030 金庫岩に登ってみたかったが、ここは団体行動。次回のチャンスにしておこう。

予定通り13時ちょうどにピークへ到着。頂上にはたくさんの登山者たち。展望は雲の切れ間から時より白雲岳、中岳が見えるくらいだった。
20110724_035 記念写真を撮ってしばしの休憩。

1班はまた時間差出発で先行。10分遅れで私たちも下山開始。
20110724_040 20110724_042 20110724_044 これまた予定通り15時に下山。
20110724_046 下山も無事終わりみんなでロープウェーにのり温泉まで歩く。

20110724_048 温泉は脱衣所が狭かったが、ゆっくりと入ることが出来た。温泉ではほかの班の人とゆっくり談笑が出来てよい。入浴後は地下の大広間で生ビールを飲み中ら1時間ほどゆっくり出来た。子どもたちにはくつうの時間だと思うけどこれが大人になれば重要な時間だということがわかるんだよ。でも二人とも素直でいい子だ。

20110724_049 この時間もまたいい時間なのである。普段ご一緒できない人と語らうのもまた楽しい。1時間はあっという間だったけど、バスの時間がまた長い。途中のコンビニでアルコールの補充もあり大分飲んでしまった。小樽に着くころにはほぼグデングデン状態だったが、有りがたくK保さんに送っていただき無事家まで送ってもらえた。ありがとうございました~。

|

« 遠かりしイドンナップ岳:アタック編 | トップページ | 南沼キャンプでゆったりトムラウシ山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/52305536

この記事へのトラックバック一覧です: 市民登山初参加で大雪山旭岳:

« 遠かりしイドンナップ岳:アタック編 | トップページ | 南沼キャンプでゆったりトムラウシ山 »