« 窓岩リッジの窓から望む赤岩 | トップページ | 道南秀峰駒ヶ岳:剣ヶ峯を間近で »

2011/06/09

彩雲~虹色雲と遊楽部岳

20110608_043 2011年6月8日
臼別岳1251.5m
遊楽部岳(見市岳)1275.7m

20110608 スタート・・・07:15
6合目 ・・・09:50
臼別岳 ・・・11:15
ピーク ・・・12:12・12:50
エンド ・・・17:12
登り5時間:下り4時間20分

20110608_006 道南でもロングコースとして知られる遊楽部岳にメンバー5人で行ってきた。朝4時に出発して黒松内から高速に乗ってみる。今は落部までいけるが八雲で降りる。八雲はガスっていて小雨も降って天気予報の裏切りを感じた。ところが登山口が近づくにつれて晴れてきた。初めの予定より少し遅れて7時過ぎに登山口に到着。久々のロングコースにみんな意気揚々だ。

1合目表示まで15分だった。しばらくは松林が続き、初めの急登を登る。高度が上がるにつれ、ブナが増えてきて道南の山らしくなってきた。

20110608_007 20110608_014 20110608_013 春の花が見ごろになっていた。
20110608_018 20110608_061 20110608_041 サンカヨウ、ツバメオモト、シラネアオイ、コザクラ、カタクリ、ショウジョウバカマ等。中でも白いシラネアオイ、は多く目立った。また、白いカタクリも目に付いた。途中にはウドや、アイヌネギなど春の山菜も目につく。

20110608_015 20110608_010 登山道のいたるところにはヒグマの痕跡が登っていた。こまめに笛を吹き鈴も鳴らしながら進む。エゾハルゼミの声も聞こえ始め初夏を感じさせる。羽化したてのかわいらしい蝉が登山道わきで飛び立ちの時間を待っている。

20110608_021 9時前に915mピークに着いた。ここからは、アップダウンを繰り返す。

20110608_031 稜線上には雪渓が登っている場所も多いが、アイゼンを必要とするところはなかった。

20110608_038 出発から4時間で臼別岳。ここにきてやっと遊楽部岳のピークが見える。
20110608_062 天気はよく奥尻島や雪の残った狩場山も良く見える。

20110608_044 臼別岳から下って遊楽部岳を見上げると虹色の雲が出ていた。こんなのは初めて見た。ほかのメンバーも初めて見たというので珍しい自然現象なのだろうか。

*あとで彩雲ということが判明。

最後の急斜面を登るとピーク1277mがある。

20110608_050 20110608_051 地図では標高1277mがピークになっているが、ここには分岐の標識しかなく、「ピークまでは15分」という案内表示もあった。始めは1277mでやめようと思っていたが、あまりになにもないピークなので三角点のある1275.7mまで行くことにした。

20110608_057 予定通り5時間で登頂。日が長いので13時までゆっくり山頂を過ごす。日本海側は晴れていたが、太平洋側はガスっていて雲海が広がっていた。

下山はあっという間とは行かず、またアップダウンを繰り返す。たっぷりと10時間に及ぶ山行は無事終了した。

下山後は八雲の温泉に入って森の道の駅に移動。
8時にテントに入ってビールが効いた私は爆睡Zzzzzzz。
女性陣は別テントで小宴会?

|

« 窓岩リッジの窓から望む赤岩 | トップページ | 道南秀峰駒ヶ岳:剣ヶ峯を間近で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/51907083

この記事へのトラックバック一覧です: 彩雲~虹色雲と遊楽部岳:

« 窓岩リッジの窓から望む赤岩 | トップページ | 道南秀峰駒ヶ岳:剣ヶ峯を間近で »