« 百松沢山北峰・南峰 | トップページ | 春の積丹岳 第1弾 夏道ルート »

2011/03/26

二ツ森 新兵器で行くぜ

20110325_023 2011年3月25日
二ツ森

スタート ・・・08:30
ピーク  ・・・11:00・11:40
エンド  ・・・13:25

20110325_map  登り 2時間30分  下り 1時間45分

20110325_028 今日は仁木町銀山の7kmほど東にある二ツ森に行ってきた。普通山は○○山とか○○岳とかいう山名が多いけどこの山は珍しい。以前から気になっていたので今回偵察がてら行ってきた。

まず車の止める場所が予定のルートの場所に止められなかった。初めに尾根内地区の神社の脇にある道から入ってみるが最終除雪地が民家があって完全に私有地。次に行ったのが上尾根内川沿いの道路。ここも私有地らしい最終除雪地で駐車するには適していない。当初の予定からはずいぶんずれたが土木川沿いの道路を進んでみると奥に続く林道の手前まで除雪してあったのでここに駐車した。

20110325_004 この山は取り付きまでの林道歩きが3.5kmほどあり長い。しかも取り付きの尾根が結構急斜面。
20110325_020 そこで今回はテレマークスキーはやめて新兵器MSRのスノーシューでの山行にした。

20110325_006_3 20110325_008 20110325_009 朝は雪が固いので全くラッセルなしで長い林道を歩く。co576mに続く標高尾根に取りつく。新兵器のEVOアッセントの調子はいい。急斜面も登れるし、ジグを切るにも小回りが利いてスキーのルートファインディングに比べると何処でも行ける便利ツールだ。

20110325_010 慣れないスノーシューでパプマルさんコロンとしています。急斜面からは深い雪も溜まっていてラッセルも結構ある。尾根が緩やかになってもラッセルは続き結構埋まる。でもスキーより軽く楽だ。パプさんはスキーのほうが楽だと言っていたが私はシューのほうが歩きやすい。

20110325_012 GPSを見ながら標高600mの等高線に沿ってトラバースを始める。やっと二ツ森のピークが見えるとコルへ下る。
20110325_014 20110325_015 普段スキーでの山行が多い3人なのでシューでの下りは慎重になっている。
20110325_028_2 西側から見たピークはミニ余市岳といった感じだ。

20110325_019_2 登っていくと南面はザラメ化していて登りやすい。北面は結構いパウダーが積もっていてスキーだったらかなり楽しめる斜面だった。

20110325_017_2 20110325_018_2 展望はまずまず。羊蹄山の裾野、東に三角山、阿女鱒岳、余市岳。西には銀山に続く稜線と、北には大黒山や赤井川村のカルデラを一望できる。

20110325_030 下山は3人でパウダー斜面を駆け降りる。まっすぐな点々シュプールもたまにはいい。

20110325_031 下山時間はスキーと違って時間がかかるかと思ったが、意外と速かった。
スノーシュー山行もまた楽しい。

|

« 百松沢山北峰・南峰 | トップページ | 春の積丹岳 第1弾 夏道ルート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/51223347

この記事へのトラックバック一覧です: 二ツ森 新兵器で行くぜ:

« 百松沢山北峰・南峰 | トップページ | 春の積丹岳 第1弾 夏道ルート »