« 勇者を目指すなら剣山 | トップページ | 花吹雪舞う長万部岳 »

2010/09/12

日帰りだって素敵 コイカクシュサツナイ岳

20100910_075 2010年9月10日
コイカシュサツナイ岳

本当は9月の8日~11日までの4日間で日高遠征の予定だった。今月に入ってから8日に急遽仕事が入り1日目がダメになってしまった。「雨ならあきらめもつくのに・・・」という思いとウラハラに週間天気予報はどんどん良くなる一方だった。しかも夜9時までの仕事で前日移動というのもきつい状況だったので今回の1839予定は中止になった。
まぁ、無理をして2日で帰ることもできたが、11日があいにくの曇り予報。「1839峰に行くなら晴天の下で!」という思いもありやはり次回に持ち越しとした。コイカクに日帰りする人はかなり少ないとは思うが、今回は次回につながる布石ということでしっかり偵察してこようと登ってきた。

Koikaku スタート ・・・05:30
函   ・・・・06:00
上二股  ・・・07:00
1300m ・・・・08:40
夏尾根頭・・・・09:45
コイカク岳・・・09:55・10・30
エンド  ・・・14:08
登り4時間30分、下り4時間

20100910_039 昨日は剣山に登って、芽室の温泉に入り、札内ヒュッテ横の駐車場に車中泊する。ビールを2杯飲むと日ごろの疲れもドッとでて爆睡に入る。夜中に鹿の鳴き声が結構聞こえていた。空は満点の星空が広がっていた。 久々の日高単独なので多少のワクワクとドキドキ感が交錯してなんども目が覚める。

20100910_041 20100910_042 20100910_043 朝5時に起きて支度を済ませ登山口へ向かう。先行者はひと組。水量は多くない。沢靴が浸るくらいの水量を渡渉しながら進む。
20100910_045 歩き始めてすぐに砂防ダムがある。ここは右岸に巻き道がある。
20100910_049 その後まもなく函が現れる。ここも右岸に巻き道があるが、函の撮影後右岸の岩を攀じ登って巻き道に出た。
比較的単調で川幅の広い河原や、林の踏み跡を歩く。
20100910_054 20100910_056 20100910_057なぜここに?」と思うくらいピンクテープがあり、ルートを見失うことはない。というか川を登るだけなのにここまで残置ピンクテープは必要だろうか??というくらいいっぱいあった。上二股も解りやすく二股川の間にテンバがありそこから尾根に取りつく踏み跡も明瞭だ。

20100910_058 20100910_061 20100910_063 尾根道の登り始めで幾分笹が覆ったところもあるが、少していれのしていない登山道といった感じで踏み跡も明瞭。迷う心配はないくらいしっかりした踏み跡になっている。登るにつれ踏み跡はしっかりしていて歩きやすい。ただ、とても急だ。
上二股からピークまではおおよそ急登で、一気に高低差1000m以上を登ることになる。co1000m付近で先行者とすれ違う。関西の単独行者で8日~の1839峰だったそうで、素晴らしかったそうでした~。「いいなぁ~。もしかしたら同じ山行予定になっていたかも知れない・・・といっても始まらないけど。」

20100910_065 20100910_066 20100910_070 co1300mにテンバがありました。ここでやっと尾根半分チョイといったところ。この辺になると風が冷たくなりアウターを着る。天気はいいがやはり初秋を思わせる冷たさだ。思ったよりもペースが上がらない。昨日の剣山の後遺症か、疲労が取れきれていなく登りの時間よりも止まっている時間のほうが多くなってきた。

20100910_068 右側の尾根にはピラトミ山ピラトコミ山が見える。最近ここを藪こぎで登った兵(ツワモノ)がいるが、はたして私が登る日は来るのだろうか・・・。登りはどんどん急になって、岩場も出てくる。バランスを崩して一歩踏みちがえると大変な滑落事故になりそうなところもある。重いザックを背負っていたらこの辺はかなり注意が必要だ。

休み休み、なんとかかんとか尾根頭に到着。

で、そこに待っていたのは~~~

素晴らし~~~目の前にに広がる日高の山並み。
まさに日高の真ん中といった感じ。

20100910_074 コイカク、ヤオロの左に夢の1839峰が・・・。
20100910_073 振り返ると1823峰、カムエク、エサオマン、札内岳・・
ああ~ここで帰るのは残念だ~」と思いつつ、しばし涙の休憩(ノд・。)。ダメ元で携帯を見る。SBはもちろん圏外。え?Dは通じるようです。凄いなDは・・・。Aはどうなんだろう??

20100910_078 20100910_097 20100910_099 さてさて次回の山行に思いをはせ日帰りなので下山しなくてはいけません。
30分の休憩後長い尾根を降りなくてはなりません。

20100910_104 20100910_105 一歩一歩下り始めるとあっという間に下山でした。
といってもかなり長かったです。本当は。

とぼとぼ歩く河原は何となくさみしい感じでした。
4時間ほどで登山口に着きました。えらい疲れました~
帰りは中札内から一気に高速で。高速無料はいいなぁ~

|

« 勇者を目指すなら剣山 | トップページ | 花吹雪舞う長万部岳 »

コメント

1839峰残念でしたね~。

コイカクは僕の大好きな山で日帰りで日高にどっぷり浸かれる素晴らしい山ですよね。
この山は僕が妻にプロポーズした思い出の山なんですよ!

そしてピラトコミネタでツワモノと書いていただき光栄です。

投稿: たかやなぎ | 2010/09/16 12:53

たかやなぎさん

いいですね~
恋隠す・・・山登り。
コイカクでプロポーズなんてヽ(´▽`)/

私は沢の詰め以外で本気の藪こぎをやったことがありません。
こんな登り方もありのだと感心しました。

近場の未踏山で今度試しにやってみたいと思いました。

投稿: パッポ | 2010/09/16 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/49418845

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰りだって素敵 コイカクシュサツナイ岳:

« 勇者を目指すなら剣山 | トップページ | 花吹雪舞う長万部岳 »