« 納涼沢歩き | トップページ | 花のニセイカウシュッペと怪獣アンギラスと大槍 »

2010/07/06

沢から登ろう室蘭岳

100705_030 2010年7月5日
室蘭岳(鷲別岳)

J100705_2 スタート ・・・07:50
ピーク  ・・・11:26・12:00
滝沢分岐 ・・・12:26
林道始点 ・・・14:00
エンド  ・・・14:36
周辺地図はカシミール3Dを使っています

パッポ隊長出動
100705_004 100705_007 100705_009 先週に続き今季2度目の沢登り。
今回はパプマルさんとまだ登っていない室蘭岳に沢から登ってきた。先週北嶺舎が行ってきて良かったということだったので期待も大。かなり以前10年ほど前にこの川の上流にある川又温泉に行ったことがあったので当時を思い出しながら車を走らせる。

100705_010 遡行を初めてすぐにペパーミントブルーの釜がある。まだ体も温まっていないのでザブンをしなかったのを最後まで悔やむことになる。なので濡れるのが嫌じゃない人はここで釜泳ぎを強くお勧めします。その後もきれいなナメが続きメジャーな沢コースであることを思い知らされる。
100705_011 100705_016 100705_037 登りは時に大きな滝もなく巻くところもなく順調に登る。

100705_043 100705_055 100705_056 渓流釣りでいろんな川に入っているがこの川のきれいさは素晴らしい。
いよいよ核心の頂上直下の登り。ノーマルルートを登りたかったが、直登の方が登りやすそうに見えたのでまっすぐ登る。
100705_059 ノーマルルートへの登り口は解りにくい。しばらく行くと巻かなくては登れない所があったので巻いてみたが、そのまま沢に降りずに尾根に取りつく。
パプマルさんも必死については来るがペースが上がらない。ちょっと女性にはきついルートだった。
踏み跡のある尾根に着くころにはパプマルさんはダウン寸前のバテバテになっていた。

100705_070 100705_071 100705_073 しばらくするとカ~ンと鐘の音が聞こえる。
頂上に着くと大きな鐘のモニュメントがあった。思わず私も鳴らす。パプマルさんもカ~ン。
平日なので登山者は単独者一人。景色は少しガスっぽく遠くまでは見えないがピリカヌプリや太平洋がきれいに見えた。

100705_083 100705_088 100705_080 下りは滝沢。ピリカヌプリへ向かう山道を

100705_060 100705_065 100705_063

100705_062 100705_077 100705_086 下り下りきったコルに標識があって分かりやすい。
100705_091 100705_103 100705_095 すぐにフィックスのある急斜面を下ると狭いナメは始める。渡り廊下のように狭いナメがずっと続く。
100705_097 100705_090 100705_109 途中に5mほどの滝が2、3か所あるがここにもフィックスロープがあるので懸垂滑降する場所はない。
100705_106 100705_107 100705_114 逆を返せば、フィックスを使わなければ2、3か所懸垂下降を楽しむところがある。

100705_117 100705_119 100705_121

100705_120 Co300m付近まで下ると林道始点に向かう踏みあとがある。
意外と下りは早かった。
今回下りに使った滝沢は苔がきれいで登りに使っても十分楽しめる沢だ。
100705_123 私のような初心者にはいい沢だ。

********今日の温泉************
アヨロ温泉に行ってみた。残念ながら閉まっていた。orz///改装中でした。
そこで36線沿いの虎杖浜にあるオーシャンという温泉へ。¥400で入浴できる。
ここは2つ驚くところがある。
1つはロッカーが有料であること。¥100入れたら下にコインが落ちたので「あれ、壊れたのかな」と思い鍵をあけてみる。良く見ると有料と書いてあるじゃないですか。入浴料が¥600になってしまいました;;)
もうひとつ驚いたのは冷凍サウナッって言うのがあるじゃないですか!高温サウナを入った後に恐る恐る入ってみる。霜の付いた鉄管が張り巡っていていかにも寒そう。「これ触ったらくっついちゃうかな~」と思いつつ触ってみる。くっつかない。意外と寒すぎず気持ちいい。

|

« 納涼沢歩き | トップページ | 花のニセイカウシュッペと怪獣アンギラスと大槍 »

コメント

すごく綺麗なブルーですね。
そろそろお釜で泳げる季節ですね。
もっとも足が付かない深みでは恐怖が先にたちますが・・・

投稿: Q太郎 | 2010/07/08 08:54

こんにちは、はじめまして。
私のブログに遊びにおいでくださりコメントを頂き、ありがとうございました。
私もこちらに たびたびお邪魔しておりました。

金花湯を沢登りで行く・・・あこがれですが もう私的には無理でしょう。
また遊びに来ますので、どうぞよろしくお願いします。

投稿: ぴかリン | 2010/07/09 22:00

Q太郎さん

ええっ??泳げないんですか?
泳げないパプマルさんも沢ではバンバン飛び込んでますよ。もちろん危ないところはロープで確保していますけどね。

夏は忙しくて、あと何回行けるだろう?

投稿: パッポ | 2010/07/10 07:47

ぴかリンさん

ようこそ~spa
パプマルさんが大フアンでいつもHPのぞいていました。そのアクティブな行動力にいつも感心しています。

以前は私たちも野湯にはまって道内色々回っていたので興味しんしんで拝見しております。

もともと山登りを始めたきっかけも中岳温泉ですから。

こちらこそ宜しくお願いします。

投稿: パッポ | 2010/07/10 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/48810608

この記事へのトラックバック一覧です: 沢から登ろう室蘭岳:

« 納涼沢歩き | トップページ | 花のニセイカウシュッペと怪獣アンギラスと大槍 »