« 極上ザラメの浜益岳 | トップページ | COLD AKAIWA »

2010/04/23

春の積丹 珊内岳~屏風山縦走

100422_090 4月22日

100422_j スタート ・・・06:15
珊内岳 ・・・・10:45・11:00
屏風山  ・・・12:35・12:50
エンド  ・・・14:35
総走行時間 8時間20分 (休憩含む)

今回の山は久々ヒットの気持のいい尾根歩きだった。
天気にも恵まれ1年越しの思いのこもった山は予想以上に記憶に残る山になった。

パッポ隊長出動記

100422_001 100422_004 100422_006 今日はパプマルさんと積丹にある珊内岳から屏風山につぼ足で行ってきた。昨年もこの時期にポンネアンチシ山に登ったが、その時に見えた稜線が魅力的だった。

朝は比較的雪が締まって歩きやすいと思っていたが始めから5cmほど靴が沈んだ。
時々20cmほども埋まり、思ったよりも歩きにくかった。

100422_009 100422_014 100422_018 林道と詰め取り付きの尾根にも今年はたっぷり雪が残っていて上りやすい。念のためアイゼンも装着したが、しっかり腐っているためその必要はなかった。

100422_023 100422_027 100422_037 稜線に出るときにc800mのなだらかなポコをトラバースしようと近道をこころみた。しばらく進むと思ったより傾斜がきつくなりトラバースが怖くなってきた。途中からポコを登りきり稜線上にでた。ここは雪が安定していない時期はトラバースしないで尾根上歩いたほうがいい。

100422_038 100422_040 100422_042 c800mあたりまでは歩きにくかったが稜線に出ると埋まることはなく、つぼ足でも歩きやすくなり順調に稜線を歩いた。昨年は熊が歩いていたこの稜線も今年はまだ起きていないようだ。この稜線はポンネアンチシ、余別岳を背にして進む。
100422_046 100422_048 100422_052 珊内岳のピークはよく見えない。途中、南に伸びる稜線を見ずに分岐を北西に進む。小さなポコを二つ超えるが、二つ目のポコからやっと珊内岳のピークが良く見える。このポコから降りるところは意外と急勾配でクラストしていると結構怖い。この日は腐り気味だったので踵でしっかり蹴りこむと問題なく降りることが出来た。珊内のピークへはまっすぐ行きたいところだけど、見た目は意外と雪庇が発達していたので大きく巻いた。

100422_060 100422_055 100422_062 ピークはなだらかで格好のいい山ではないが積丹の山々が良く見え景色はいい。普段見えない鉞山(まさかりやま)や大天狗山なども良く見える。振り返ると日本海と岩内方面の山やニセコ連山、羊蹄山も見える。

100422_070 100422_071 休憩後今度は屏風山を目指す。珊内岳直下の雪庇を思いっきりジャンプしてショートカットで戻る。今度はトラバースせずに一個一個のポコのピークを踏みながら稜線上を歩く。ふと分岐のポコを見ると熊に似た影がこちらを見ているように見える。笛を吹いたが反応がなかったので登ってみた。近くで見てみると熊の形に似た白樺の木だった。

100422_069_3 100422_077 100422_079 ここから通称ガニマナコと呼ばれている細い稜線を歩く。昨年ポンネアンチシから下山するときに見えたこの岩場は「あんなところ歩けるのか?」と思ったところだ。

100422_085 たどり着くと思ったとおり直下は落ちていて普通に歩いて降りることは出来ない。北側からハイ松に掴まりながら岩をトラバースすることになる。もちろん3点確保で移動しないとまっさかさまに滑落する場所だ。ここを9mmのロープを持ちながら移動。3mほど移動すると難所を通過できる。その後パプマルさんをロープに掴まりながらトラバースしてもらい無事難所を攻略。

100422_084 100422_093 100422_088 後は大きく成長した雪庇に気をつけながら細い稜線を歩く。残雪の日高には行ったことがないが、たぶんこのくらい気持ちがいいのだろうと思った。

100422_112 100422_106_2 100422_107 屏風山から下山するときに山の北側が見えた。その切り立った岩がまさに屏風のようだった。降りは早い。

100422_113 100422_114 100422_117ある程度傾斜のある尾根の降りは爽快だった。朝よりも雪は腐り靴も20~30cmも埋まる。ところどころ膝上まで埋まり勢いをつけすぎて降りると膝をやってしまいそうだった。

100422_119_2 無事林道に下りて車についたときには普段歩きなれていない雪のため、結構足に来ていた。

100422_120 帰りは温泉998によって帰る。パプマルさんは久々の山行にもかかわらず良く歩いた。ちょっと膝が痛くなったようだった。ご褒美に帰りにすし屋でボタン海老とアワビを食べてもらった。私はビールを2杯飲ませていただいた。バタンQ。zzZZ

|

« 極上ザラメの浜益岳 | トップページ | COLD AKAIWA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/48160916

この記事へのトラックバック一覧です: 春の積丹 珊内岳~屏風山縦走:

« 極上ザラメの浜益岳 | トップページ | COLD AKAIWA »