« 山岳遭難救助訓練 | トップページ | 雷電997m峰(敷島内山)から浮かぶ積丹岳を望む »

2010/03/19

塩谷丸山で雪洞訓練

100319_007 3月19日

今日はパプマルさんと久々に山に行ってきた。
それも3月初旬に引いた風邪が長引きやっと治ったからだ。
なので、久々の山は無理しないように、手ごろで身近な塩谷丸山にした。

100319_001 100319_004 100319_005   登山口に着くとすでに降りてきた人が3人。雪はすでに春山でラッセルなしでツボでも行ける。
落ちた体力を気遣いながらゆっくり登る。頂上付近もガリガリのうえに5cmほどの雪が積もっているだけ。今日はスキーは誰もいなく我々だけ。
100319_012 100319_013 100319_021   頂上直下の吹き溜まりに雪洞を掘った。
2人が入れる穴をほるのに30分かかった。
穴からは小樽の街がきれいに見えた。

下りはパプマルさん悪戦苦闘。
やはりテレマークは難しいようだ。
無事下山し久々の山を気持ちよく登るいことができた。

もう春だ。

|

« 山岳遭難救助訓練 | トップページ | 雷電997m峰(敷島内山)から浮かぶ積丹岳を望む »

コメント

照り返しが綺麗に見えるのは、ザラメ状に氷結しているからですねshine

津軽では概ね雪解けが早いですが、降り方が異常だったせいか場所によって差が大きいようです。
今日は地元『岩木山』でした。
今月上旬には絶望的に思われた積雪量も、最近の降雪と低温で持ち堪えている様です。
南八甲田の広大な景色も良いですが、大黒沢のダイナミックなダウンヒルも良いですよgood

投稿: Q太郎 | 2010/03/24 21:04

Q太郎さん

岩木山もよさそうですね。

こちらも昨年同様町は雪解けが進み
家の庭には早くもフキノトウが出てきました。

昨日は1000m弱の山に行ったのですがc400m付近の積雪は180m。あと一カ月は行けそうです。

投稿: パッポ | 2010/03/25 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/47851934

この記事へのトラックバック一覧です: 塩谷丸山で雪洞訓練:

« 山岳遭難救助訓練 | トップページ | 雷電997m峰(敷島内山)から浮かぶ積丹岳を望む »