« 今年2度目の三国内山 | トップページ | 山岳遭難救助訓練 »

2010/02/18

キロロBC周遊 余市岳~プリン~アポロ

100218_002 2月18日 単独行
100218_yoitij ゴンドラ駅 ・・・09:30
余市岳   ・・・11:00
プリン  ・・・・11:30
アポロ   ・・・12:10
エンド   ・・・13:00

周辺地図はカシミール3dを使用

パッポ隊長出動記
今日はパプマルさんが仕事のため久々に単独でキロロに行ってきた。余市岳は曇っていたら長峰方面に行こうと思っていたが曇りの天気予報は見事に外れピーカン。ルートはゴンドラから余市岳、北西斜面を経てプリン・c1156mの平らな雪原を通りそのままトラバースで尾根にでてアポロ。

100218_003 100218_008 ピーカンの好天にも関わらず平日のため先行者はなし。ラッセルは10~15cmほど。しばしばスノーモービルのトレースに助けらせる。頂上の急登は今日も風が強かったがクラストもなく登りやすかった。頂上付近から振り返ると単独行者が一人むかって歩いているのが解った。

c1400m付近から北西斜面を滑る。初めはクラスト斜面だったが、50mほど降りると問題なく滑りやすい。ここから本当は西側によらなくてはいけなかったが、いい斜面過ぎたために少し降り過ぎた。orz

100218_009 100218_010 ここでシールを付けて大トラバース。プリンを経由してアポロを目指す。
100218_012 100218_015 このあたりをキロロのカムイミンタラと呼ぶ人もいるが、確かにどっちを見ても素晴らしい光景。山から吹き下ろす風に粉雪が舞いダイアモンドダストも見られる。この辺りは標高1100mほどで雪質も良くどの斜面もいい斜面に見えた。
100218_016 100218_023 ラッセルもこのFATスキーで30cmほど。かなりのパウダーが溜まっていた。
100218_036 100218_030 雪がかるいのでラッセルもつらくはない。そのうち稜線に出るとかぜの作った雪の造形シュカブラもきれいだ。

100218_032 100218_033 ちょうどお昼にアポロに到着。どうやらノートラックで昨日も今日も人が入っていないようだ。
100218_047 100218_048 今日は沢筋を一気に降りた。初めの急斜面のあと、中間くらいにもいい斜面があって、ジェットコースターのような気分。
滝もないので滑りやすくいい。5分も滑っただろうか。あっという間に取りつき地点。

100218_044 なんと昨日のトレースが残っているではないですか。ラッキー!これがなければ30cmラッセルを一人で林道までしなくてはいけないところだったので本当に助かった。この人たちは一体どこを滑ったのだろう??

おかげでスムーズにキロロスキー場に復帰。
久々の単独行はいい運動になった。

|

« 今年2度目の三国内山 | トップページ | 山岳遭難救助訓練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/47610102

この記事へのトラックバック一覧です: キロロBC周遊 余市岳~プリン~アポロ:

« 今年2度目の三国内山 | トップページ | 山岳遭難救助訓練 »