« アンヌプリ巡礼体験隊 | トップページ | パウダー調査 in シオマル »

2010/01/25

美笛の滝 アイスクライミング

100123_bihue_001 1月23日
今日は会のメンバー6人で恒例行事になっている年1の美笛の滝にアイスクライミングに行ってきた。朝9:30に駐車場到着。まだ1台も来ていない。林道には20cmのパウダースノーが積もっている。こんな日に山に行ったら、さぞ楽しいことだろうと思いながらラッセルを進める。

準備を始めていると札幌のガイドさんが3人を連れてきた。我々は左のルンゼをリード。ガイドさんはその右側をダブルロープでリード。ガイド業界でも有名なそのガイドさんの登りは無駄がなくかっこよく見えた。アイスハーケンの設置もすばやく私から見ると神業。「かっちょえ~~~~

100123_bihue_003100123_bihue_008100123_bihue_009   1ピッチを上りきるころにはガイドさんたちは2ピッチの取り付いていたのでトップロープをセットした。ちょうどお昼だったので休憩を入れて左側の垂直の氷壁を登ってみた。左手のバイルが垂直に決まらない。2,3度目の打ち込みでやっと決まる。足をしっかり蹴り込まないとフットホールドも決まらない。5mほどの壁も登り終えると結構握力を使っている。

100123_bihue_004100123_bihue_005100123_bihue_013   2,3人登っているうちにガイドさん一行が下山したので、また全員で登り始める。2ピッチ上り終えるころにはもう3時になっていてた。天気もよく青空の下気持ちいい時間を過ごすことが出来た。すばやく懸垂で降りて撤収した。

さて今年は後何回行くことが出来るだろうか。

100123_bihue_011 行きの車の中で新規会員の募集について話し合われた。
そのかなで「”クライミングでダイエット”はどうでしょう?」と提案してみた。
実際はクライミングでやせられるわけではないが、登れない原因が体重であったときにその壁を登るためにダイエットに励むということである。
ちょっとインチキっぽい誘いではあるが、実際これでやせた女性を私は知っている。

|

« アンヌプリ巡礼体験隊 | トップページ | パウダー調査 in シオマル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/47388723

この記事へのトラックバック一覧です: 美笛の滝 アイスクライミング:

« アンヌプリ巡礼体験隊 | トップページ | パウダー調査 in シオマル »