« 百名山晴天の幌尻岳に向かう | トップページ | 初秋の幌尻岳に再会を誓う »

2008/09/12

七ッ沼カールに泊まりたい!

080909_porosiri220080909_73 北カール~幌尻岳直登

080909_porosiri 幌尻山荘・・・06:50
北カール・・・10:30・11:30
幌尻岳 ・・・12:45・13:15
七ッ沼カール・15:10

9月9日
2日目
パッポ隊長意出動記!
080909_porosiri220080909_26080909_porosiri220080909_30  ゆっくりとはいったもののやはり明るくなると起きてしまう。今日もいい天気だ!さて戸蔦別へまでは靴を濡らさずにもいけるのだが、せっかく沢シューズで登っているのだからとジャブジャブと沢を歩いていく。

080909_porosiri220080909_35080909_porosiri220080909_44080909_porosiri220080909_57   六の沢出合いまではダラダラと登る。1200mの分岐も左。入ってすぐにいい滝がある。ここは会の人から左岸を巻くと聞いた情報で「あまり巻くと厳しく、滝のすぐ横にいいルートがある。」ということだった。私は難な登ることが出来たがパプマルさんは少々てこずったようでした。ザイルは出すまでではなかったが、途中で手を出して引っ張りあげた。パプマルさんはもう少し岩登りをする必要がありそうだ。

080909_porosiri220080909_69080909_porosiri220080909_67080909_porosiri220080909_70_1   ゆっくりの行程だったが、思ったよりザックが重く時間もかかってしまった。間もなく沢の中央に大きな岩があってGPSで確認すると間もなくカールに出る。振り返ると戸蔦別岳が見える。パプマルさんはアポイをぬかせば初めての日高で、初めてのカール。目の前に広がったカールと夏道の尾根が一周して左に幌尻が見える。ここでお昼の休憩。水を5L追加して運ぶ。ここでの5Lはきつい。それでも何とかカールを詰め左の岩場を登る。途中ハイマツ帯もあるが岩場を目指し登っていくと頂上に着いた。

080909_porosiri220080909_83080909_porosiri220080909_85080909_porosiri220080909_87   頂上には北戸蔦別からきた夫婦と札幌のガイドさんと夫婦の3人の5人だけ。すべてが見えた。初めての幌尻でこんなにいい天気に恵まれ最高だ。前回登ったエサオマン、カムエク、北戸蔦別、ピパイロ。ニペ、石狩、西にはかすかに羊蹄山も見えた。大雪の赤岳周辺では紅葉も見ごろと聞いたがこの辺はもう少し先のようだ。

080909porosiri_020080909porosiri_028080909porosiri_030  七ッ沼カールへ行くには幌尻側からと戸蔦別側の2ルートがある。ここは近いので幌尻側から降りたいところだが、会の先輩から「パッポ君、是非あの稜線を歩いてきたまえ」といわれていたので頑張って歩いてきた。しかし歩いてみるとその言葉通り切れ落ちた稜線。前には戸蔦別、後ろに幌尻と文句の無いロケーション。ここは是非歩く価値ありです。戸蔦別の急斜面に北戸蔦別からきた夫婦と下りてくる人が見える。その人も七ッ沼にテン泊だった。明日は幌尻に行って北戸蔦別に戻るとのこと。とりあえず一張りでなかったことに安堵。やっぱり熊は怖いからなぁ~^^

080909porosiri_025 今日の夕食は登る途中で採ったクリタケ入りキノコのペンネとカレーピラフ。なぜか山の食事だけは私が担当のよう。「ホント、テントも水も料理もしてガイド並みの働きだなぁ~」
パプマルさんがうらやましいのでありました。さて食事。何か足りない。「ああ~乾杯が出来ない」と昨日2本飲んだのを大変後悔しているのでありました。

そして夜・・・
080909porosiri_034 今回は21時と3時に起きました。21時の時は月が出ていて軽く雲もありくっきりした星は見えませんでした。やがて月は山に隠れ幻想的な光が山のきれいなシルエット浮かび上がらせた。3時にパプマルさんが起きた時は「すっごいよ~」確かに風も無く空には満天の星。昼も夜も晴天に恵まれたのでした。

ただ2日連続の沢靴履きっぱなしで足はうるけ小さな豆が出来て多少涙目のパッポでした。
明日はどうなることやら・・・・(つづく)

|

« 百名山晴天の幌尻岳に向かう | トップページ | 初秋の幌尻岳に再会を誓う »

コメント

2日目も楽しく拝見させてもらいました。

七つ沼ではお仲間も出来て良かったですね。
やっぱ、熊 怖いよね。

あれだけ天気が良いと幌尻とか戸蔦別の頂上にテントというのも面白かったかも?
なんか今回は登山靴を併用せず登ったようで
大変でしたね。岩場が長く続く登山道が多いので隊長の作った豆が痛々しいです。ホントご苦労様って感じ・・。

一番の失敗・・やっぱり酒だよね。
すべて出揃った自然のど真ん中に苦労して
登って来たら、もう最後は乾杯sign03
これしかないっしょっscissors

3日目も楽しみにしてますよ~。

羅臼岳10月に行くかも・・・

投稿: eba chan | 2008/09/13 13:54

ebaさん

そうなんですよ。
やっぱりテン泊の乾杯は重要ですよね。
失敗失敗!(ノ_-。)

10月の羅臼ですか。
秋の知床もよさそうですね。
いいなぁ~

投稿: パッポ | 2008/09/13 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/42455253

この記事へのトラックバック一覧です: 七ッ沼カールに泊まりたい!:

« 百名山晴天の幌尻岳に向かう | トップページ | 初秋の幌尻岳に再会を誓う »