« 小樽赤岩 マルチピッチでシビレまくり | トップページ | 安上がり »

2008/05/14

春山 花のアポイ岳と吉田岳

080513_112 5月13日
080513_apoi スタート ・・・08:00
アポイ岳 ・・・11:00
吉田岳  ・・・11:45・12:10
エンド  ・・・15:10

周辺MAPはカシミール3Dを使っています。

パッポ隊長出動記!
当初の予定では13日前泊で14日アポイ~ピンネシリ縦走の予定だったが、翌日雨天の予報で日帰りの強行予定に変更。メンバーはパッポ、パプマルと山岳110番さん。朝4時30分出発。朝日が東側にまぶしいドライブ。明日が雨とは思えないくらいいい天気。さて幻のヒダカソウには出会えるか!?
ルートは登山道~馬の背~幌満~アポイ岳~吉田岳~アポイ岳~新道コース

080513_007_2080513_010080513_028  登り始めてまもなくエゾ鹿さんのお出迎え。鹿さんジッとこっちを見ています。しばらくパプマルさんと鹿さんのにらめっこが続きました。登り始めると早速オオサクラソウのお出迎え。5合目の非難小屋からは一気に展望が開け南に海と北西にピークが浮かんでいます。

080513_033_2080513_039_2080513_078_2 花も徐々に種類を増していきアポイアズマギクやコザクラ、イワサクラ、アポイキンバイなど目を楽しませてくれます。馬の背から幌満側へトラバースルートを歩いてみるが森林帯でお花は少ない。稜線に出ると監視小屋があるが、花はあまり無い。残念ながらヒダカソウは見つかりませんでした。

080513_051080513_060080513_063   ピークに行く途中先頭を登っていたパプマルさんが服を払い始めた。PAPPO「どうした?」PAPU「ダニが~~」ダニが腕と足に2匹いたようだった。ピークについてみんなでよく見るとパプマルさんのスパッツにちびっ子のダニが結構付いていた。私の股間付近にも一匹いたが大事にはいたらなくて良かった。

080513_073080513_067080513_065   アポイ岳から吉田岳の稜線には岩場やハイ松帯、お花畑があり、「ここもやはり日高なんだなぁ~」と思う。ピンネシリの向こうにはあこがれの日高山脈が見えていたが、あいにく雲がかかっていた。今日はヒダカソウには出会えなかったけど、晴天の中いろんなお花を見ることが出来てよかった。途中一人の登山者に出合った。彼もヒダカソウには出会えていなかった。

080513_0761 吉田岳のピークでゆっくりして下山開始。アポイからの下山コースでガイドツアー5人とすれ違った。馬の背で一休みしていると吉田岳でであった単独行さんが追いついてきた。チョット話をすると、なんと地元の方。職場も近く、驚き。結構いいカメラを胸ケースに入れた爽やかな感じの方だった。ヒメチャマダラセセリという蝶も飛んでいた。もう春だだぁ~。

080513_083_2080513_094_2080513_099 帰りは新道経由で分岐からは登り返すが、海を見下ろしていい景色だった。ただ木道の階段がかなり歩きにくい。

今回は天気に恵まれ花も沢山だったが、ヒダカソウが見られなかったこととピンネシリまで縦走できなかったのは残念だった。またくるのはいつの事か!?

***** 今日の温泉 *****
みついし昆布温泉・蔵三
三石道の駅となり
10:00~22:00 年中無休。
なんと¥390
泉質 冷鉱泉 (源泉10度)
加温 循環 ろ過方式

*源泉かけ流しが流行っているがここは温度も低いし、循環、ろ過とイマイチだが、正直でよい。思ったより気持ちがいい温泉でお値段もこれまた気持ちがいい。更に温泉内のレストランも美味しい。久々ヒット温泉が出た。ここならまた来たい。 
★★★★☆

|

« 小樽赤岩 マルチピッチでシビレまくり | トップページ | 安上がり »

コメント

花々とも、稜線の連なりも良い雰囲気。
きっと海岸線も綺麗なんでしょうね~
津軽では高いところは残雪が・・・
低いところではブヨが煩くて大変です。

投稿: Q太郎 | 2008/05/15 17:23

Q太郎さん、こんにちは!
いよいよ夏山モードです。
友達はまだ雪山を求めて来週は十勝岳に行くそうですけど^^

アポイは花が早い山ですが、一気に雪から夏山に変わりました。
気持ちのいい山行でしたよ。

投稿: パッポ | 2008/05/15 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/41207260

この記事へのトラックバック一覧です: 春山 花のアポイ岳と吉田岳:

« 小樽赤岩 マルチピッチでシビレまくり | トップページ | 安上がり »