« 新緑のブナめぐりピリカ丸山 | トップページ | 雌阿寒岳~阿寒富士~オンネトー周遊 »

2008/05/30

エゾハルセミと乙部岳(パプマル格闘編)

080528_091_2 5月28日
080528_otobe スタート ・・・05:30
行者洞 ・・・・06:09
ピーク  ・・・09:00・9:45
エンド ・・・・11:40

登り・・ 3時間半 
降り・・ 1時間55分
カシミール3Dの画像です

パッポ隊長出動記!

080528_037_2080528_039_2080528_040_3   今日は道南2日目。来月、会山行が行われるのでその偵察を兼ねて沢コースから尾根コースでいって来た。尾根コース登山口に車を止めて400mほど戻り、沢ルートスタート。まだ山開き前で登っている人も少なめ。はじめは見慣れない杉林の中を歩く。渡渉と繰り返しながら左手に断崖を見ながら歩く。1時間ほどで行者洞窟がある。

080528_047080528_081080528_054   ここで小休憩。休んでいると「くおのやろぉ~~」とパプマルさんの声。どうしたのかと聞くとアポイに続きまたダニが出たそうだ。そのときはこのパプマルさんの「くおのやろぉ~~」という台詞を何度も聞く事になるとは知る由も無かった・・・・。

080528_071080528_093080528_072   なだらかな沢コースも終盤は急になり、一気に高度を稼ぐ。左手には岩稜が現れ登山道には行者ニンニクが群生している。ゆっくりペースで写真を撮ったり休憩ととりつつ2時間半ほどで尾根に着く。ここから九郎岳には2・300mほどだったが、あい重なるダニっこクラブの攻撃で二人ともあえて藪に入る度胸は萎えてしまっていた。

080528_074080528_092080528_076  ここからはお花の種類も増えてきた。サンカヨウ、シラネアオイ、エゾキスミレなど数種のお花畑。

080528_103080528_101080528_104   頂上についてもパプマルさんの格闘は続いていた。「くおのやろぉ~~」と靴やらザックの背中の部分などにも付いていた。頂上には巨大なレーダーがあってとても違和感がる。もちろんちゃんとした施設なので車で来ることも可能なのだろう。一般車は入れないがアスファルトの道路が延びていた。ちなみに道道1061から八雲に通じる林道は通行止めとのこと。展望は360度。雄鉾岳、大千軒岳に続き、今回で3回目の道南山行。やっと晴れました。アッパレ。奥尻島や駒ヶ岳、羊蹄山、遊楽部、狩場までくっきり。やった~~~。

080528_107080528_116080528_085   下山は尾根コースから。意外と急な感じ。これは登るときついかな。降りは意外と早く2時間かからず下山。途中高度が下がるにつれ気温が上がったのがエゾハルゼミが鳴き始め道南の初夏を感じた。

080528_134080528_125080528_126   下山して車の前でも「くおのやろぉ~~」という声は続いていた。助かったのは二人とも実害に会わなかったこと。今年はなんか変。ダニがやたら多い。いままではこんな多かった記憶は無い。温暖化の症状か・・・。今年はこまめにダニチェックをしたほうがよさそうだ。

080528_143080528_132080528_137   温泉は乙部の温泉。¥400。ここもすべすべしてなかなかいい温泉でした。

080528_139_2 パプマルさん「くおのやろぉ~~」って日頃のストレスを発散していました(*_*;)次の日もパプマルさんは車のお掃除をしてくれました~~
くおのやろぉっ」「くおのやろぉ~~」「くおのやろぉ~~」「くおのやろぉ~~」「くおのやろぉ~~」 結局何匹を懲らしめたんだろ??

|

« 新緑のブナめぐりピリカ丸山 | トップページ | 雌阿寒岳~阿寒富士~オンネトー周遊 »

コメント

 ノマドです。お早うございます。随分と頑張って行っていますね。
 乙部岳は私達(妻)も昨年6月に尾根コース往復で行ってきました。ダニは気が付きませんでしたヒグマのフンが数箇所ありました。
 アカゲラでない鳥の写真ですが、どんな鳴き方をしていましたか。例えば細い甲高い声でヒッツキー・ヒッツキーか、割と低いが透る声でチヨチヨビーと繰り返したいたか、です。

投稿: ノマド | 2008/05/31 09:04

ノマドさん

ノマドさんは鳥にもかなり詳しいようですね。私はあまり詳しくなくて図鑑で調べながら楽しんでします。この鳥実は鳴き声分からないんです。というのもまわりはウグイスが多くこの鳥もウグイスと思って撮りました。いま調べるとエゾムシクイかセンダイムシクイだと思いますが、どちらかというとセンダイムシクイに似ていると思いました。いかがでしょう??

投稿: パッポ | 2008/05/31 19:51

 ノマドです。お早うございます。
 ウグイスの仲間は動きが早いので、写真を撮るのが難しいのですが良く撮れていますね。私もセンダイムシクイのように見えますがはっきりしません。エゾよりもセンダイのほうが数が多いので、可能性からも言えますが決めては鳴き声です。割と低いが透る声でチヨチヨビー(「焼酎一杯グイー」と聴きなします。)と繰り返したいたらセンダイムシクイです。

投稿: ノマド | 2008/06/01 05:32

ノマドさん

「焼酎一杯グイー」と鳴くのはいいですね。私はビール等なので「ビールいっぱいぐぃ~」と鳴きそうですが^^
今度鳥のことで分からないときは掲示板にてノマドさんに聞くとよさそうですね。beer

投稿: パッポ | 2008/06/01 07:54

 山登りのとき、野鳥の声が分かると楽しさが深まりますね。
 深雪党の掲示板に、1月中旬に行ったマレーシア・ランカウイ島の野鳥を投稿中です。私の探鳥始めもあります。ご笑覧ください。

投稿: ノマド | 2008/06/01 19:10

ダニ?ダニ?ダニ?
ダニってこんな肉眼で見えるものなんですか?私ダニの恐怖知りませんでした・・・・。
もしかしたら、ブヨに刺されたと思ったのが、もしかしてダニなのかもしれないのかな・・・。
次回からダニ注意してみます。見つけたら、どうやって仕留めるのかな?払いのけるのか?
パプマルさん懲らしめ方伝授して下さい!!

投稿: ジョージ | 2008/06/03 20:33

ジョージさん

ダニは1~2mmほどあり肉眼で良く見えます。ダニに食われたら払っただけでは取れませんからおそらくダニではないでしょう。今年はやたら多いようですので藪漕ぎのあとは注意したほうがよさそうです。

投稿: パッポ | 2008/06/03 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/41372181

この記事へのトラックバック一覧です: エゾハルセミと乙部岳(パプマル格闘編):

« 新緑のブナめぐりピリカ丸山 | トップページ | 雌阿寒岳~阿寒富士~オンネトー周遊 »