« キロロBC アポロで激パウ | トップページ | シオマル 最上冬尾根ルート »

2008/03/10

100座目は幌別山塊 主峰幌別岳

080309_horobetu_038 3月9日
080309_hotobetuスタート・・・ 6:30
ピーク ・・・11:35
エンド ・・・13:30(休憩含)

周辺地図はカシミール3Dを使っています。

パッポ隊長出動記
今回は8日前泊で9日に蘭越町から幌別岳に行って来た。今回の山行はこのブログを始めてからの目標にしていた100座目になり記念になる山になった。また記念にふさわしいいい山行だった。

メンバーはわたすげ3人と小樽商大OB会5人で行って来た。天気は両日とも快晴で絶好の山日和になった。

8日
080309_horobetu_001080309_horobetu_008080309_horobetu_012   4人で取り付きまで偵察に行く。東標高尾根の取り付きまで約2時間。下山は30分。登り返しありのほぼ平坦な林道歩きをしてキャンプに戻る。途中トウキョウトガリネズミを見つけ撮影成功^^scissors

キャンプについてから海鮮鍋が始まり山男たちの山談議が始まる。談議といっても山でするウ○チの話やら北海道松前町の島”大島”にある江良岳に登りたいなど。酔っぱらいのオヤジには楽しい話ばかりであった。そんなこんなで談議は続き夜は更ける。

9日
080309_horobetu_015080309_horobetu_020080309_horobetu_023   朝は5時起きで軽い食事を取って6:30に日の出とともにスタート。2時間ほどで昨日の取り付き地点に到着し、東標高尾根手前の沢から入る。勾配はゆるく歩き安い。途中から標高尾根に入り尾根上を進む。P543m手前の斜面は疎林でスキーでも楽しめるいい斜面だ。そこから上は比較的細尾根で雪庇、クラストなど条件によってはスキーでは危険な箇所が続く。今日は気温が上がりスキーアイゼンも必要なく順調に登る事が出来た。

080309_horobetu_028080309_horobetu_029080309_horobetu_040_2  左右には切り立った谷が裂け急斜面は所々雪崩になりそうな亀裂がたくさんあった。尾根上は山塊というのがふさわしいほどの山々が連なる。そしてそれらをつなぐ尾根には北西からの厳しい風が雪庇を見事に成長させていた。そんな厳しい条件の山も昨日今日と我々のために穏やかな時間を与えてくれた。ここは標高こそ800m弱の低山だが、標高に関係なくいい山であった。

080309_horobetu_048080309_horobetu_056080309_horobetu_066  まさに100座目という記念すべき山にふさわしい記憶に残る山だ。

080309_horobetu_054

|

« キロロBC アポロで激パウ | トップページ | シオマル 最上冬尾根ルート »

コメント

最高のお天気で本当記憶に残る山行ですね。
すばらしい酔っ払い紳士に囲まれ、これまた楽しいお話で泪が・・・・。
あれ?パプマルさんはお留守番ですか?
テント泊いいですね~。憧れですshine
昼夜問わずお山にいられて、しかも快晴sun日々の行いが良いのですね。
おめでとうございます!!
これからも楽しい山報告目が離せませんwink

投稿: ジョージ | 2008/03/11 21:03

ジョージさん

パプマルはお仕事でした。

私めは3連休でしたが、次の日は掃除洗濯、洗車、晩御飯つくり、ブログ、HP、氷割り、ポコタンの家お掃除、持ち帰った仕事、山の資料つくりなど超ハードな休日となりました。
仕事はやるし、遊ぶ時は思いっきり遊ぶ男なのであります。

涙でこれ以上キーボードが打てましぇんweep

投稿: パッポ | 2008/03/11 21:38

えらいsign03sign03

特に晩飯作りがrestaurant
男の鏡じゃないですかheart02
眩しいshine

思いっきり泣きませう!!あらら、私も涙が・・・。

仕事も遊びも全力投球よbleah

投稿: ジョージ | 2008/03/11 21:49

fujiパッポ隊長
100座目登頂おめでとうsign03
一歩一歩、一座一座の積み重ねがとうとう
100座に繋がりましたね。本当におめでとうhappy01
でもこれに満足せずこれからも
200座、300座を目指して頑張って下さい。
パプマルさんとエバが居なかったのが
ちょっと残念でした・・ネsign02

幌別岳(892.3m)のルート取り、なかなか
いいですね。(ブログでは800m弱の低山と
ありましたが?)林道は少し長いですが
東尾根の取り付から約2.5㌔で頂上だし
低山と言っても南北に延びた稜線と幾筋
にも広がった東西の枝尾根を見ると
立派な山の風格を感じましたよ。
いつかまたエバ夫婦とパプマルさんと
チャッピーを連れて行って下さいね。

エバ夫婦、明日から上然別山(1370.4m)
リベンジに行って来ま~すhappy01

投稿: eba chan | 2008/03/12 13:59

Ebaさん

本当は100座踏破とか記念のペナントでも作って狙いの山に行きたいなぁ~とも思っていましたし、もちろんEbaさんともご一緒できたらなとも思ってましたが、思っていたより早く進み今回にいたりました。

しかしながら本当に手ごたえのある変化に富んで面白い山でした。

投稿: パッポ | 2008/03/12 23:00

house帰宅しました。
天気予報通り本日は雨となりました。

予定を変更して昨日は、上然別山ではなく
然別山に登りました。
尾根への取り付までアプローチが短いことで
天気の良かった昨日中に登頂して下山しました。下山した時は、月夜でしたが・・。
固い雪質、密集した森林帯、急な斜面、倒木に悩まされながらも頂上からの眺望は最高でしたよ。間近にウペペサンケ山、北に二ペソツ山と石狩連峰、西には十勝岳連峰と大雪山を見渡し5分で下山・・のところやっぱり30分も長居してしまいました。これで然別三山の内、二座を征しました。報告書また読んで下さい。scissors

投稿: eba chan | 2008/03/14 15:09

ebaさんお疲れ様でした。

ここからだと然別は行って帰るだけで一日なので行くには元気が必要です。
日高が日帰り範囲はいいですね。
然別も近そうですね。

報告楽しみににしています。

投稿: パッポ | 2008/03/14 20:32

Ebaさん へ

こんにちはパプマルです
私も100座目に参加したかったのですが手持ち装備品や留守番のこともあり断念しました。ホントはEbaさん達と賑やかに参加したかったです。まぁお天気にも恵まれ、登りごたえがあったそうで良かったです。

報告書読ませていただきます。お二人一緒の登頂記念撮影がいいですね。うちもたまには撮ろっ~とheart02

投稿: パッポ | 2008/03/17 14:04

通りがかりです。
トウキョウトガリネズミの同定には注意が必要です。
北海道には他に3種のトガリネズミ類が分布していて、大型で足も大きいオオアシトガリネズミは同定しやすいですが、エゾトガリネズミとヒメトガリネズミはとても小さいです。ヒメトガリは尻尾にまばらな毛が生えていて太く見えるので、この写真とは違います。エゾトガリはトウキョウトガリよりも尾の比率がやや長いようですが、この写真では判断できません。

私は専門家ではないため、この写真を見ても残る2種のどちらなのか断定できませんが、資料によると、冬を越したエゾトガリ成獣は体重約7g、尻尾込みの全長約120mm、頭骨長約17.5mmです。トウキョウトガリの成獣は約2.4g(1円玉2個ちょいです)、尻尾込みの全長約80mm、頭骨長(これだけ幼獣の値)約13.5mmです。後は撮影時の記憶のサイズで判断してください。

投稿: キノコハンター | 2009/08/11 14:44

キノコハンターさん

わざわざ書き込みありがとうございます。
トガリネズミにこんなに種類があるとは知りませんでした。

投稿: パッポ | 2009/08/11 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/40451989

この記事へのトラックバック一覧です: 100座目は幌別山塊 主峰幌別岳:

« キロロBC アポロで激パウ | トップページ | シオマル 最上冬尾根ルート »