« キロロBC 1107敗退2008 | トップページ | 満月のお出迎え 奥手稲山の家  »

2008/02/17

赤岩山 バックカントリー

2月17日
スタート・・・ 8:40
ピーク ・・・10:25
エンド ・・・12:20
周辺地図はカシミール3Dを使っています。
パッポ隊長出動記
080217_akaiwa_006_2080217_akaiwa_004_2080217_akaiwa_012_2   今日はシャクナゲに行く予定だったが朝からの猛吹雪で山を変更。メンバーはわたすげの会のK隊長とM越さん、Mさん、I田さんと私たちの6人。山は、地元赤岩山に決定!
ルートは幸町から林道を西に進み西斜面を登る。P352から尾根沿いに東北東に進みP371の赤岩山に行く。ピークには鉄塔が3,4本立っていて小樽の電波基地になっている。
080217_akaiwa_013_2080217_akaiwa_014_2080217_akaiwa_015_2 赤岩西ガレ付近を見に行ったが雪で海はうっすら見えた。ツエルトでゆっくり休憩。M越さんのお漬物美味しかった^^
帰りは登り返しがあるのでP352mまでシールで戻る。
080217_akaiwa_011_2 西斜面は木の密度は少ないものの小枝も多く森林スキーの練習には丁度いい。
お昼前に下山で今日も無事!

|

« キロロBC 1107敗退2008 | トップページ | 満月のお出迎え 奥手稲山の家  »

コメント

無事のご帰還ご苦労様ですpaper
いやぁ~スキー楽しそうですねhappy01
山スキー私もやりたいんですよ~。
来年挑戦します。
チャッピーもはじけてますね~good


気の合う仲間で行く会は楽しそうでいいですねnote
旭川にもあったらいいのに。
うらやますぅい~ですshine

投稿: ジョージ | 2008/02/17 18:08

ジョージさん
どもです。

是非^^山スキーはたのし~ですよ~~~
旭川にも会はあると思いますよ~

来年はご一緒しましょう!
旭川大雪のBCを案内してくだしゃいhappy01

投稿: パッポ | 2008/02/17 18:52

パッポ隊長ご苦労様です。
隊長、ほんとに怪我してたの?
・・って言うくらい山三昧・スキー三昧
してますね。

17日は、久々の会山行だったんですよね。
会の皆さんも隊長の全快を喜んでいた事でしょう。どこの場所だろうと気の合った仲間との
活動は楽しいものだと思います。happy01

ebaの夫婦登山は気楽さがモットーな反面
ワイワイ楽しんで・・という団体ならではの
賑やかさや、難しい場面での助け合い、ラッセルの楽さ等はどうしても感じることは出来ません。仲間との充実した楽しい報告を拝見していつも羨ましく思っています。
そんな中でeba夫婦の明日は、北日高のウンチ
キ・・岳にリベンジ予定です。
あぁ~ホントマイナー山が多くなってきましたわ~。

チャッピーによろしくscissors

投稿: eba chan | 2008/02/18 15:15

ebaさん

リハビリ第一でやっぱり動いたほうが調子がいいのです。

私たちも基本は2人ですよ。
冬くらいしか会の人と行く機会がもてないのでいけるときにはなるべく同行したいと思っています。

投稿: パッポ | 2008/02/18 18:44

ebaの夫婦登山報告

パッポ隊長こんにちはhappy01
19、20日と山行ってきましたので
報告だけしま~すsun
19日北日高の「ウンチキ・・岳」リベンジ
でした。何と登り6時間30分もかかりました。
深雪のラッセルと急斜面そして若木の密林に
泣かされましたよ。でも頂上からの景色は
最高でした。下りは3時間30分、車に着いたら
月夜でしたぁ~sad
日高はやっぱり凄いですわ~。

20日は、夕張の伝説の山「鬼首山」(641m)
に登りました。散歩のつもりだったけど
甘かったです。登り3時間30分、下り1時間40分でした。スキーも楽しめ景色も良かったです。

もう顔が真っ黒に日焼けしました・・。
山行記出来たら送りますね。

以上

投稿: eba chan | 2008/02/20 17:43

ebaさんお疲れ様でした。

いい天気でよかったですね。
鬼首山とはまたすごい名前ですね。

報告メール楽しみにしております^^

投稿: パッポ | 2008/02/20 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/40156958

この記事へのトラックバック一覧です: 赤岩山 バックカントリー:

« キロロBC 1107敗退2008 | トップページ | 満月のお出迎え 奥手稲山の家  »