« 銀山偵察隊 | トップページ | パウダーの代償は全治2週間 »

2008/01/17

千尺高地でミッドナイトイーグル?

080116senjaku_021 1月16日
080116senja スタート ・・・10:15
千尺高地 ・・・12:50
エンド ・・・・14:30

パッポ隊長出動ログ

今日は第3回目のWMG山行でポンキモの予定が工事真っ只中で駐車できず、現地予定変更で千尺高地に行ってきた。メンバーはH先生、北海道支部長、I藤とEbaチャン夫妻に我々パッポとパプマル。

080116senjaku_001080116senjaku_004080116senjaku_007 はじめはポンキモの駐車スペースに2台駐車してEbaチャンを待っていた。天気もよく意気揚々としているところに工事のガードマンさんがトコトコやってきて「ここはダメなんだよね~」と言ってきた。はじめはごねようかと思ったが、この人に言っても仕方が無いので素直に従った。ちょうど予備に千尺の地図があったし、みんな行ったことがあるのですぐに決まった。元山スキー場には1台も駐車している車はなく貸切。ところが真新しいラッセルがスキー場にジグを描いているではないか~。「縦走でもしているのかなぁ」と思いつつ有難く使わせていただく。ラッセルの深さは膝下30cm。

080116senjaku_015080116senjaku_011080116senjaku_026 らくらくで進んでいくと半分くらい行ったところで先行者グループにおいついた。その光景は少し異様でまるで映画「ミッドナイトイーグル」を見ているような感じだ。全身真っ白なスーツの人が3、4人にガイドさんが2人。「ラッセルありがとうございま~す」挨拶をして先行を交代。「あれれ、後についてこないで独自のルートで進み始めているぞ」。その後は50mずつ交代で7人で進んでいく。「大人数はやっぱり楽だなぁ」(´-`)。昼過ぎに到着。続いてチームホワイトも到着。彼らは長尾山まで行くとのこと。

080116senjaku_024080116senjaku_012080116senjaku_025さてシールを外し、少し下ったところで休憩。ここではじめて自分の右親指と中指が凍傷になっている事に気づく。感覚が無く、金槌で指をたたいた時のような、なんともいえない感じ。

080116senjaku_047080116senjaku_040080116senjaku_045ともあれ深雪を楽しみあっという間に下山。その頃には指の感覚も徐々に戻り、軽度の凍傷ですんだ。帰りには皆で定山渓の温泉でゆっくりアフター。無事第3回WMG山行が終わってよかったよかった。

白い人たちは自衛隊さんだったのかなぁ??

|

« 銀山偵察隊 | トップページ | パウダーの代償は全治2週間 »

コメント

パッポ隊長こんばんわ
モタモタしていたエバ夫婦のせいで・・
もっと早く着いていたら、ポンキモに
行けたのにね。ごめんなさい。
でも、変更した千尺高地は思いがけない
白い恋人? たちに助けられて楽しましたし
帰りのパウダーも少し楽しめたのでエバ
二人は満足でしたよ。
他の皆さんはどうだったかな?
翌日、徳舜別山に登って来ました。
歳取ると前日の疲れが残り寝坊しての
出発でした。結局7合目でタイムアウトに
しましたが、その直後大吹雪となり
エカッタ、エカッタ・・と下山しました。
森林帯の中ですが結構スキーが楽しめて
良かったですよ。今月末三度のリべンジを
予定し登頂を目指します。
色々ありがとう。

投稿: eba chan | 2008/01/19 00:00

Ebaさんお疲れ様でした。
会の皆も喜んでいました。ありがとうございます。

徳舜は面白かったですか。
行ってみようかなぁ。
冬はまだ行った事ないし。

28日は仕事でいけませんが、報告よろしく!

投稿: パッポ | 2008/01/19 18:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/17729072

この記事へのトラックバック一覧です: 千尺高地でミッドナイトイーグル?:

« 銀山偵察隊 | トップページ | パウダーの代償は全治2週間 »