« 砥石山でタマゴダケGET! | トップページ | 熊が転げ落ちる山 カムイエクウチカウシ山 »

2007/08/29

青に浮かぶ カムイエクウチカウシ山

070828_020 8月27日 アプローチ編

パッポ隊長出動記
今年の念願であった日高の山。中でも目標と定めていた山に行く事ができた。メンバーはH先生と北海道支店長のNO寺さんと私パッポである。

天気も予報どおりで朝から快晴。途中の車内でも山の話が尽きる事はなくあっという間に中札内ピョウタンの滝に着く。
車はコイカクシュサツナイ川のあかしやトンネルの過ぎたところで駐車する。その先は砂利の林道でゲートが降りていて一般の車両は通行できない。入渓はその6km先の七ノ沢出合いからでかなりのロングアプローチ。

七の沢・・・11:30
八の沢・・・12:30
三股・・・・14:40

070828_003070828_006070828_008   札内川はアングラーにも有名なトラウトのいる川だ。少しルアーをかじっている私は途中いいポイントで釣りながらのゆっくり溯行になった。川がじょじょに細くなるにつれ日高カムエクの思いがだんだん強くなり、わくわくした子どものように明日の事を考えた。テン場に着くとまだ時間が早い。とりあえず昨日から凍らせていたビールを取り出し、3人で乾杯。冷えていて最高に美味い。テントを張り、焚き火用の流木をひろい夕飯の準備を始める。先日ICIで買ったMSRの浄水器で3L水をつくる。なかなかいい感じのアイテムだ!¥15,000もしたけど重い水の荷揚げを考えれば今後も活躍するだろう・・・・。

070828_010070828_009070828_017_3   途中で釣ってきた魚を小枝に刺し、「さて、塩でも振ろうかな・・」「あれ・・」「あれれ・・
どうやら準備して忘れてきてしまったようだ。困っているとO寺さんが生味噌タイプの味噌汁用の味噌があるとのことで急遽オショロコマのチャンチャン焼きにメニューは決まった。
そこにH先生も数匹釣って戻って、から揚げも始めた。もちろん調味料は持参の事と思っていたら持ってきたのは油と砂糖・・・。「先生!砂糖って・・」このボケにはつこっみようがなく素揚げを味見させていただいた。なんともいえない複雑な味。(´-`)固形スープで味付けでもと思い探していると私の用意した塩があるではないか!!!皆安堵して素揚げに塩を振り食べるとやはり美味しい。もちろん串刺しのチャンチャン焼きも最高に美味しかった。

その後もウイスキーを飲みながら夜は更け気づくと10時半になっていた。
少し雲が出ていて星は見えなかったが明日に期待をこめて床に入った。

|

« 砥石山でタマゴダケGET! | トップページ | 熊が転げ落ちる山 カムイエクウチカウシ山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/16276931

この記事へのトラックバック一覧です: 青に浮かぶ カムイエクウチカウシ山:

« 砥石山でタマゴダケGET! | トップページ | 熊が転げ落ちる山 カムイエクウチカウシ山 »