« 大雪山お泊山行デビュー | トップページ | 大雪山 夏の花便り »

2007/07/19

花の大雪お鉢めぐり

070717_094 7月20日

石室  ・・06:00
北海岳 ・・07:40
間宮岳 ・・09:00
中岳  ・・09:40
北鎮岳 ・・10:07
黒岳  ・・12:20
エンド ・・13:30

070717_052070717_051 070717_054 さぁ、今日は桂月岳で初御来光か・・・!?
3時頃早起きの人が起きだす。昨夜の満点の星空の感動を引きながら御来光をと思っていた。パプマルはというとグースカ寝ている。何度か起こしたが、よほど疲れたのかおきないのでそのままもう少し寝ることにした。4時になるともう明るくなって石室には日は当たらないが、桂月岳には新しい日があってきれいに浮かび上がっていた。

070717_057070717_060070717_063   そのうちパプマルも起きて食事をとる。朝飯はおにぎりと豚汁。出発は6:00。北海岳を目指して歩き出す。途中雪渓と川があるが、夏登山靴で問題なく渡れた。昨日に引き続きチングルマや、コマクサ、などがきれいに咲きゆっくりゆくっり歩く。

070717_082070717_085070717_086   北海岳からは白雲岳に向かう登山者が見える。松田岳、新井岳を経て旭岳への分岐につく。(ここは私が始めて山登りをしたコースで来た事があるところ。4年前当時無謀?にも旭岳から中岳分岐~中岳温泉、姿見池まで何も知らずに良くきたもんだ。)その後、間宮岳、中岳、北鎮岳に登り急な雪渓を下る。

070717_101070717_111070717_117  070717_127070717_125 070717_132ここから石室まで4組の登山団体とすれ違う。はじめは5人組み、15人組み、20人、15人。みんな旭岳への縦走のようだ。

石室から黒岳に登るところには台湾からの旅行者も来ていて、サンダルで下ってきている。もはや黒岳は観光地になっているようだ。夏に雪が見られて、花がきれいで景色も良く、南からの旅行者には最高のようだ。頂上には小学生の登山遠足の団体も来ていた。ガイドさんの説明を聞いていると実に分かりやすく、いい勉強になった。

070717_141070717_145070717_149   後は下るのみ。初めての10kgオーバーのザックはやはり足に堪えた。一歩一歩がずしりと腰、足に伝わり、あの急傾斜はかなり疲れた。

久しぶりの長い距離の山行となったパプマルだが、高低差もさほどなく、景色も天気も良くいい山行になったようだ。

私はというと、これしきの荷で音をあげているようでは目指す日高が思いやられる。
まだまだのようだ。

|

« 大雪山お泊山行デビュー | トップページ | 大雪山 夏の花便り »

コメント

天気に恵まれてよかったですね
そしてパブマルさんも体調が回復したみたいで
なによりです
これからも あまり無理をしない程度にパブマルさんを
夏山に誘い、楽しく夫婦山行を楽しんで下さい

投稿: 北海道支部長??? 小野寺 | 2007/07/20 18:48

北海道支部長!交流登山お疲れ様でした。
今回も青森八戸の方とご一緒できなくて残念でした。
来年は是非!と思っているところです。

かみさんもなんとか体調も良くなり軽い山行にはいけるようになって来ました。体力的に万全になりましたらO寺隊の隅に加えてください^^)/夫婦で!

投稿: パッポ | 2007/07/20 19:10

パナプルさんの復活登山おめでとうございました!
やはり、お二人さん揃っての登山がお似合いですね (^・^)
ワタシも、今日から明日にかけてテン泊の大雪の予定でしたが・・このお天気では、断念!久しぶりの休足日デス。
ワタシの日高は、8月中旬に2泊3日計画しています。
頑張らねば!
また、パナプルさんとの山行記を楽しみしております。

投稿: countryman | 2007/07/21 09:22

countrymanさん休足日ですか。
たまには家にいないと・・・・(爆)

テン泊は本当に良かったです。
新しい山の楽しみが増えました。
山の視点も変わりゆっくりと楽しむことができました。

ホント癖になりそうです。
パプマルもなんとか復帰しましたが、まぁゆっくり、ゆっくりやっていきます。

投稿: パッポ | 2007/07/21 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/15817997

この記事へのトラックバック一覧です: 花の大雪お鉢めぐり:

« 大雪山お泊山行デビュー | トップページ | 大雪山 夏の花便り »