« 再会の漁岳 | トップページ | 春までもう少し・・ »

2007/04/06

マスマス汗汗!アメマス岳

070405_004 4月5日 晴れ一時雪
070404amemasu 阿女鱒岳
スタート・・・07:20
ピーク ・・・10:20・11:20
エンド  ・・・12:25(休憩含)

周辺地図 カシミール3Dの画像
登り(3時間)下山(1時間05分)

パッポ隊長出動記
ちょっと渓流釣りをする人なら気になってしょうがない山。以前からこの時期になったら登ろうと思っていた阿女鱒岳に行って来た。距離は8km弱の長距離だが、平坦でダラダラとした登りが続くので雪の硬くなったこの時期に行くのがいい。

昨日は山の会の総会と宴会に出席したが、今日の準備もあったのでビールも飲めず、大変忍耐力の要る宴会だった。

070405_001070405_003_1070405_006 朝は雲ひとつ無い晴天になり意気揚々と登山口に到着。林道にはまだ50cm以上の雪があり、先日のトレースも残っている。林道からすぐのカーブでトレースを無視して林道を外れ直登する。雪質は硬くストックがサクッサクッとささす音が心地いい。混んだ雑木林から差し込む日も暖かく気持ちがいい。
070405_008070405_007_1070405_005  一時間ほど歩くと送電線の下を通り再び林道と交差する。ここからは少し登りで886mを目指す。親子のウサギの足跡を発見!大きさがかなり違う。見てみたい・・。850m辺りから左側をトラバースしてふたつのポコの間を通る。912mまで登ってやっと阿女鱒岳のピークが見えます。この辺りから雲が広がり始めてまもなく吹雪始めた。
070405_014070405_010070405_015_1 10分ほどで雪は小降りになり、ピークに着く頃には雪は止んだ。残念ながら晴れていれば見えるはずの羊蹄方面も雲の中で見えず、余市岳も雲がかかっている。

070405_016070405_017070405_020   単独の時はいつもはサッサと下山するが、今日はインスタントラーメンを持ってきた。風の当たらないコルに下りて久々の火を使った山での食事。「うまいなぁ~山の食事は・・」先日H先生に教えてもらったコンデンスミルクを今日コンビニで買った。「さて、デザート、デザート・・・・」「無い」「車だ。○│ ̄│_ 」

気を取り直して下山。
ちょっと寒いな~」「さて、手袋、手袋・・・・」「無い」「途中で落とした。○│ ̄│_ 」
来たコースをたどる事に・・・。「無い、無い」「おこられる~」大きな登り返しも無く多少歩きもあるが快適に降りる。気分はイマイチ。「ナイナイ」「言い訳、言い訳・・」常にトレースを意識し、注意して降りる。送電線を越え、半分あきらめた頃50mほど向こうにらしきはっけ~ん!「くぁ~よかった~
登りは気持ちのいい汗。帰りは変な汗をかいてしまった山行でした。

|

« 再会の漁岳 | トップページ | 春までもう少し・・ »

コメント

何だかんだと言ってもね
まずは登頂おめでとう。
頂上に1時間も居たんだね。
天気が悪くても景色が無くても
ピークハンターだけでは無く納得した時間を
ピークで過ごし思う山を満喫していたとしたら
それでいいと思うよ。
私の山は、「一座百景」なんです。雨もあり吹雪もあり
西もあり東もあり・・一つの山も行く時期や季節、ルートによって色・形が変わってきますよね。
その山での眺望を求めるならいつかまた臨めば
いいのではないかと思います。

明日、小漁岳にリベンジしてみます。
ひとつひとつ山登り夫婦でのんびりやってみます。

投稿: abeっち | 2007/04/06 22:08

abeっちさんこんばんは!
重いお言葉有難うございます。「一座百景」・・・
いい言葉ですね。
眺望が無かったのは残念ですがまたの楽しみにしたいと思います。
今度はコンデンスミルクを忘れずに^^

投稿: パッポ | 2007/04/06 23:27

どぉ~~も、おばんです。

青い空、太陽の光と影の写真、、とってもいいですねぇ~~

登りは気持ちのいい汗と帰りの変な汗をかいてしまった「アメマス岳」。

うふふふ・・・・・結果・・オーライでなによりでした。^_^;

ワタシも、結構「変な汗?」をかいてマス。。

投稿: countryman | 2007/04/07 19:23

カントリーマンさんど~もです。
写真をお褒めいただき有難うございます。
山行、写真、記事などいつも勉強させていただいております。ギャクも・・・^m^
すべて及びませんが^^
いつか山でカントリーマンさんに出会うの私たち夫婦の夢です。今後も宜しくお願いします。^0^/

投稿: パッポ | 2007/04/08 06:16

阿目鱒岳は、単独だったんですね。
文面を良く理解しないうちにコメントしちゃった
みたいです。失礼・・・。
私がこの山に登ったのは昨年の12月でした。雪は少なく
林道を辿るしかなく取り付きの斜面も小さな潅木でうっそうとし時に笹も顔を出しているときでラッセルにも汗を掻きました。でも雪はパウダーで下りではスキーを楽しむ事が出来たので満足した山でした。
4/7 リベンジの小漁岳登頂しました。
詳しくは後で・・
4/8 今日は悪天で休養日にしました。

投稿: abeっち | 2007/04/08 07:25

「手袋」発見できてなによりです。
オイラは昨日、北八甲田山系の『高田大岳』山頂で帽子を飛ばしてきました。
余りにすさまじく、山頂直下にスキーをデポして這い登った山頂。
飛び去る帽子を呆然と見送り、とてもじゃないが追いかけられない状況でした。

長年使い込んで惜しくは無いのですが、これもまた環境破壊だなぁ~などと悔やんでおります。

投稿: Q太郎 | 2007/04/12 09:49

Q太郎さんこんにちは!
耳凍傷になりませんでしたか?^^

暖冬暖冬といいながらも北海道は今日も雪が降っておりました。

最近では暖かくなるのが待ち遠しいです。

投稿: パッポ | 2007/04/12 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/14575948

この記事へのトラックバック一覧です: マスマス汗汗!アメマス岳:

« 再会の漁岳 | トップページ | 春までもう少し・・ »