« パウダーの聖地 三段山1 | トップページ | 雪の美瑛とナブの家 »

2007/03/02

パウダーの聖地 三段山2

070301sandan_024 3月1日 晴れ
三段山
スタート・・・08:00
ピーク  ・・・10:10
登り返し・・・11:30
エンド  ・・・12:10

周辺地図 カシミール3Dの画像
070301sandan ・・・登り(2時間10分)
・・・1本目
・・・廊下登り
・・・帰り(40分)休憩含

パッポ隊長出動記
さすがにパウダースノーの聖地といわれるだけあって、その辺の低山とは全然違いいい雪を堪能した。

070301sandan_002070301sandan_012070301sandan_014  昨日に引き続きの三段山。今日は昨日より晴れわたりいい天気。気温も下がりいい雪が期待される。朝の露天風呂でゆっくり。ご飯をアルファ米で自炊し、支度をはじめる。昨日風呂で仲良くなった滝川の御人と一緒になり、8:00にスタート。

070301sandan_015070301sandan_019070301sandan_016   1段目は風なく積雪なく昨日のトレースをそのまま進む。登りきると前十勝岳がくっきり見え思わず写真を撮る。
少し風が出てきた。

2段目は昨日登ったところまで約1時間。昨日と同じペース。風がかなり強くなってインナーダウンを着込みピークに備える。所々ハイ松が顔を出している。クラストも予想されたのでスキーアイゼンも装着。

070301sandan_020070301sandan_021070301sandan_023   3段目。廊下中ほどに付くと今日の一陣が降りてくる。3人とも上手な滑降だ。やたら飛行機やヘリコプターが旋回していた。なにかあったのだろうか?最後の急登もアイゼンのおかげで楽勝。晴れているが風が強い。尾根に着く。景色は最高で感嘆の声を上げるが、パプマルには聞こえないようだ。ピークまで50mほど。もろに風さらされる。

070301sandan_026070301sandan_030070301sandan_028   ピークで数枚の写真を撮り、すぐに下山開始。ガリガリ音を立てながら、クラストの斜面を下る。急斜面降りきったところで、登ってくる方がいて挨拶をする。三段山には詳しい方で「ゆっくり楽しんでください」と言われた。聞くところによると今日のような好天は月に1度あるかどうからしく、大変ラッキーとの事でした。途中から廊下にでる。風が当たらない場所でいい雪が残っている。先ほどの3人のと我々のシュプールがきれいについている。

070301sandan_047_1070301sandan_040070301sandan_032   3段目下りきりで11:00。もったいないのでもう一度登ることに。登っていると先ほど挨拶した方がかっこよく降りてきた。「また登ってるのぉ~??タフだね~」と感心された。「はい、いい斜面だったのでもう一本してきま~す^^

廊下の上まで行って今度は写真も撮らず一気に滑る。途中5.6人の団体が登ってきていた。「かっこよく滑られるだろうか。」と思いながらなんとか廊下を滑りきる。後を見るとパプマルがいない。しばらくすると雪だるまが降りてきた。

070301sandan_058 廊下から下は登りルートから左側にそれ、旧スキー場伐採跡に行く。ここの斜面は風の影響が少ないのか深雪のパウダーがしこたま残っていた。スキーは膝上まで沈みこむ。ここのコースはいい。
しばらくいくと1段目の斜面にでる。降りきって12時過ぎ。好天の中、タップリ遊ぶ事ができた。

|

« パウダーの聖地 三段山1 | トップページ | 雪の美瑛とナブの家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/14099489

この記事へのトラックバック一覧です: パウダーの聖地 三段山2:

« パウダーの聖地 三段山1 | トップページ | 雪の美瑛とナブの家 »