« Mt.Youtei 春山の気配 | トップページ | パウダーの聖地 三段山1 »

2007/02/27

ホワイトアウトのアンヌプリ北尾根

2月27日 曇りのち雪
二セコアンヌプリ 北尾根ルート
070227annpuri スタート・・・08:50
1150m  ・・・11:10
エンド  ・・・12:20

周辺地図 カシミール3Dの画像
・・・登り(2時間20分)
・・・帰り(1時間10分)休憩含

パッポ隊長出動記
070227annupuri_003070227annupuri_004070227annupuri_005   今日はまたH先生とパプマルの3人で行って来た。
道々58からワイスホルンの分岐に車を止め、通行止めの道路を取り付きまで歩く。
鏡沼登山道をこし、左手の林道辺りから北尾根に向かう。
雪質はしまった雪でラッセル2~3cmほどその下にはモナカ状の固い層がある。
070227annupuri_006070227annupuri_007070227annupuri_009   はじめは急勾配でトラバース気味に尾根に入り大きなジグで尾根を登る。
途中休憩を取りながら980mの台地に付く。頂上は雲がかかっていて見えない。

頂上方面から比羅夫から来たと思われるフレンドリーなオージー2人に出会う。
どこから登ってきた?」「昨日はたいしたいい天気で良かったよ~
ピークまで行くのか」とか
Have a Good day!」と言われた。一応英語で全部答えてやった。
ちなみに「ワイス!」「りあり~?」「オーイェース」「サンキュー」といった感じだ。
オージーさんニコニコしてたが、通じたかどうかは分からないケド。

前回、羊蹄山のクラストに泣かされたのでスキーアイゼンをつけて登った。
調子はよく軽快に登る事ができたが、雲の中に入ると風が強く、吹雪でホワイトアウトになってしまった。
あと少しでピークだったが、ガリガリの斜面と見通しのきかないピークに無理に行く事はせずリターンを決断。

070227annupuri_010今回は転ばないように少し慎重に滑った。途中980台地でツェルトを張って休憩。写真はいつもダイナミックなすべりのH先生。この急斜面を一気に滑る。

深雪だとかなり面白いコースだと思う。オージーが住み着くのも分かるわ。
天気がいいと比羅夫からかなりのスキーヤー・ボーダーが流れてくるのだろう。

帰りはホテル羊蹄の露天風呂から羊蹄山を見た。かけ流しのいい風呂だ。

|

« Mt.Youtei 春山の気配 | トップページ | パウダーの聖地 三段山1 »

コメント

すっかり春めいて、晴天率アップの津軽です。
雪不足で春スキーシーズンが短いせいか、ハイペースで岩木山や八甲田山へ出没しております。

例年春、弘前のキャッチフレーズは『お花見と春スキーを同時に楽しめる!』なのですが、この春は北海道へ行かないとダメかなぁ~
GWは『鳥海山』の春スキーにも行きたいしなぁ~

投稿: Q太郎 | 2007/03/01 13:38

Q太郎さんど~もです。
いやいやいやいや~
是非また北海道にお越しくださいナ。
日にちが合えばお供させていただきますよ。

今年のGWは北海道も雪が少ないのでどうなる事やら・・
今年はどこも2~3mは積雪が少ないようです。

投稿: パッポ | 2007/03/01 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/14069484

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトアウトのアンヌプリ北尾根:

« Mt.Youtei 春山の気配 | トップページ | パウダーの聖地 三段山1 »