« Beerと秋刀魚とキノコ汁 | トップページ | 好天につき アンヌプリ »

2006/10/04

ぐるっと神居尻山

061004_030_3   

10月4日 晴れ
Aコース~Cコース

スタート   ・・・8:50
ピーク    ・・・・11:00・11:30
エンド    ・・・・12:30
登り 2時間10分 下り 1時間


周辺地図 カシミール3Dの画像
「061004_kamuijiri.bmp」をダウンロード
GPSガーミンのログデータ
「061004kamuijiri.gdb」をダウンロード

パッポ隊長出動記
061004_001061004_004061004_006 パプマル今日は留守番隊。以前、会の先輩から「神居尻山と黄金山に行っておいで」と言われていたので今回行くことにしました。2つ行くか迷いましたが、今回は朝も遅かったので神居尻山だけに行くことにした。初めて道民の森に来ましたがよく整備されています。登山道もきれいです。スータトから30分ほどのところに木のベンチがありました。何とそこには先客さんのシマリスがいてこちらを見ていました。(写真では見にくいです、m(_ _)m)

061004_007061004_008061004_014 天気もまぁまぁで尾根に出ると気持ちいい風が ふいています。20~30分おきに休憩所もあり木のベンチもありがたい心配りです。また登山道案内の地図のいたるところにあり現在地のすぐ分かり便利です。

061004_011061004_017061004_019  今日はピンネシリがよく見えました。分岐に着くと通行禁止の看板が・・。すぐに非難小屋が見え頂上はもう少し。非難小屋には3人の登山者が休んでいました。冬用の出入り口もありました。でも冬は寒いだろうなぁ・・。

061004_023061004_028061004_025 山頂に着くとガスっていて展望はあまりよくない。先行していた3人さんも休憩も取らずに下山していった。その5分後くらいに今までのガスがウソのように晴れてきた。パプマルの作ってくれたオニギリを食べて20分ほど休みCコースへ下山開始。

061004_034061004_037061004_038 下山は早くあっという間でした。帰る途中のアスファルトにバッタが・・どうやらアスファルトに産卵しているようです。ちゃんと育つのかなぁ。その後、殿様バッタを発見!これは是非図鑑に載せなくては・・と思い子どもの頃を思い出しながら走って追いかけました。40過ぎて殿様バッタを捕まえられる奴はそうはいないだろう・・・。駐車場に向かう途中の道路沿いで何とタモギダケをGet!初めて採った!今日一番の収穫だ~!このキノコは秋鮭と一緒にホイル焼きになって今日の食卓に上る。んまかった~^^

まだまだ続く食欲の秋。   

|

« Beerと秋刀魚とキノコ汁 | トップページ | 好天につき アンヌプリ »

コメント

天候は似たり寄ったりでしょうが、山の季節感はさすがに一歩前を進んでいますね。
標高1000m足らずなのに、津軽の1400m付近(森林限界付近)に似ていますね。

津軽も4日は快晴。5日は薄曇りながらまずまずの好天。
「八甲田山」へ紅葉トレッキングに行ってきました。
紅葉は今が最盛期・・・
でもヤマセで寒かったのと、混雑であまりゆっくりできませんでした。
「八甲田山」は今週、「十和田湖」は来週末が身頃です。

投稿: Q太郎 | 2006/10/06 14:52

そうですかピンネシリは通行禁止ですか。意外と熊で出るらしいですね。

昼過ぎからBコースを掛け声かけながら登る年配者の方を見かけますがとてもマネできません。

一回泊まってみたいなという施設なのだがな~。

投稿: 激動侯爵 | 2006/10/07 01:34

Q太郎さん、お久です。
八甲田の紅葉もきれいですね。

10日ほど前に大雪の旭岳では雪も降りました。
北海道の山の秋はあっという間に冬になります。

投稿: パッポ | 2006/10/07 07:52

激動侯爵様おはようございます。

駐車場にある案内センターで周辺で採れたキノコの展示がありました。
黄色い大笑ダケが展示してあるのにはビックリでした。
掲示板に10月1日にBコースで1kgの舞茸を採ったと書き込んだ人がいました。うらやまし~

投稿: パッポ | 2006/10/07 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/12147985

この記事へのトラックバック一覧です: ぐるっと神居尻山:

« Beerと秋刀魚とキノコ汁 | トップページ | 好天につき アンヌプリ »