« 大雪紅葉ツアー前半 | トップページ | Beerと秋刀魚とキノコ汁 »

2006/09/22

大雪紅葉ツアー後半

高原温泉沼廻りの巻き

スタート 10:30→ 緑沼 11:15→ 大学沼 11:50 → エンド13:30 

060921_070060921_028060921_031   銀泉台大雪高原温泉に行くには、この時期、期間限定で同一場所から出ているシャトルバスに乗っていく。
うまく利用すると単独でも銀泉台と大雪高原温泉、層雲峡の縦走も気軽にできる。
10時2分前に駐車上に到着。車がいっぱいだー。ガードマンさんに次のバスの時刻を聞くとやはり10時だそうだ。「待ってますよー」といわれ急いで駐車し、ダッシュでバスに乗り込む(10:01でした。何年ぶりに走っただろう・・・!?)到着して熊情報センターで入林届けを書き、熊の説明を聞いて早速出発。

060921_032 060921_035060921_034 1Km弱歩くとヤンベ温泉があります。温泉と聞くと入浴したくなりますが、ここは入浴できませんのでご注意。湯気が2箇所からモクモクあがっていて硫黄のいいにおいがします。紅葉は緑沼辺りから一気にきれいに見えます。一般のツアー観光客はここで引き返すようでこの先からは交差のわずらわしさは大分緩和されます。しばらく行くと湯の沼がありここにもブクブクと温泉が湧いていました。この先もエゾ沼式部沼、と見所は続きます。

060921_041_1

060921_043 060921_045 大学沼で12時近かったので昼食を摂る。食べていると「若い衆~」と声をかけられ、高原温泉のおにぎりとゆで玉子をいただく。パンしかもって行ってなかったのでよっぽどかわいそうに思ったのでしょうか?(でもそのおにぎりのうまいことうまいこと。梅があんなにおいしいとは)。お弁当はあそこでおにぎりを買っていくのがいいですね。

060921_051 060921_052 060921_054 その後も感嘆のため息を漏らしながら高原沼にたどり着く。ここにも数人のハイカーがいて休憩していました。ここから見る山すその紅葉が一番見ごろのようでした。ガイドさんに聞くとまだ4分くらいの紅葉で見ごろのピークはもう少し先とのことでした。ここから空沼に行く途中の色づきが一番きれいでした。途中で岩に登って双眼鏡をのぞいている方がいたので「何が見えますか」と聞いたところ「雪渓のところにが見えます」・・・「えー~」。かなり遠かったとのことでした。空沼は060921_060 060921_065 060921_067 文字通り水がほとんどなく湿原のようになっていました。わずかに残ったわたすげがゆれています。リンドウの花もまだまだ咲いていました。ここからは勾配のある林道になり、歩きにくいです。途中の滝で休憩しているかたがいて、靴を脱いで足浴している人がいました。「こんにちは~温泉ですか?」と聞くと冷たい水で足のほてりを取っているとのこと。気持ちよさそうでした。帰りにヤンベ温泉を上から見ることができました。

全工程休憩を含め3時間ほどでした。大雪山は回れませんでしたが、きれいな紅葉と沼を見ることができてよかったです。

|

« 大雪紅葉ツアー前半 | トップページ | Beerと秋刀魚とキノコ汁 »

コメント

そうでか高原温泉の方行きましたか。
4年前行ったときに三笠道(だったと思った)から熊が下ってきたら中止にしますと言われました。隊長も熊に当たらず何よりです。
あと温泉なのですがセンターの人に「温泉に入ってもいいんですか?」と聞いたところ「高温で溶けてしまいます」と言われました。温泉に踏み込まず幸いだったと思います。

投稿: 激動侯爵 | 2006/09/23 22:19

野湯マニアの私がまだ山登りを始める前から名前だけは知っていたヤンベ温泉。
ネットで調べても入ったことがある人はいませんでした。
熱いのは川の水でなんとかなるとしても、あの管理された歩道では入る人はいないでしょう。
あの辺の林道にマイナーな野湯があるようですが、そこも入ったことがありません。
かなり根性がないと入れないような所だったと思います。

投稿: パッポ | 2006/09/24 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/11998523

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪紅葉ツアー後半:

« 大雪紅葉ツアー前半 | トップページ | Beerと秋刀魚とキノコ汁 »