« 世界遺産 知床羅臼を登る | トップページ | 道東マニアック観光記 »

2006/08/26

百名山 斜里岳を制す

Dvc00008_1 823日 曇り

斜里岳1544.8m)新道コース~旧道コース

登り 3時間20分  下り 3時間30分 (竜神の池経由)

周辺地図

「060823syari.bmp」をダウンロード

携帯GPSガーミンのログデータ

「060823_syari.gdb」をダウンロード

パッポ隊長出動記

Dvc00001Dvc00003Dvc00006 駐車場には昨日羅臼で見た車も何台か止まっていた。新しい清岳荘は以前の1KMほど下にある。駐車場も広く大変きれい。1泊¥1,500、車中泊は¥500。管理人さんが車を見に来ていたのでどうしたのか聞くと、17:00過ぎているのにまだ下山していない人がいるとのこと。その後30分ほどで登山客ではなさそうな格好の男性が泥んこで下山してきた。

Dvc00012Dvc00015Dvc00018 昨日の晴天とは違い、高曇りでガスっぽい。天気予報では明日は小雨とのことだったので雲のち晴れの今日登ることにした。朝は少しゆっくりでることにした。渓流沿いの登山道なので涼しく心地いい。

Dvc00024_1Dvc00029_1Dvc00036_2 川も何度か横断しちょっとした沢登りのようだ。下二股から上 は急斜面や滝が連続していて登っても楽しい。要所には鎖場やロープもあるが、余計なところにはなくスリル感も味わえる。水は鉄分が多いのか、錆の匂いがした。上二股からは徐々に水も枯れていきやがて馬の背につく。ここからは頂上も見えて晴れていれば展望Dvc00035_1 Dvc00040 Dvc00041 もいいことだろう。今日はあいにくだが、雲海と高雲にはさまれてうっすら山頂や、近くの山が見える程度。

山頂は小さな虫の大発生。プレートの上は虫だらけ。虫の大登山大会か・・・?昨日羅臼であった面々が3組ほど山頂にやってきた。山屋の考えは皆似たりよったりなのか、変な親近感で話も弾む。「明日は雄阿寒に行くけどいかないか?」  など誘って Dvc00047_1Dvc00049 Dvc00038 くる本州の健脚夫婦もいた。

帰りは上二股から竜神の池、熊見峠経由で帰る。途中でジーンズにスニーカーで登ってきた男女3人とすれ違った。荷物も男性が小さいリュックを背負っているだけ。大丈夫かなぁ??

昨日の今日と言い訳をしながらの登山だったが、登り返しが結構きつく、やたら長い帰り道となった。はっきり言ってバテバテ山行でした。竜神の池の分岐には池までDvc00052_1 Dvc00060 Dvc00061 何メートルの表示がないので迷ったが、せっかくなので行ってみた大体100mくらいと思う。あとで気づいたがピストンではなく通り抜けできたようだ。何度かパラパラと雨に降られたもののカッパを着るほどでもなくお昼に無事下山。結局晴れ渡ることはなかった。ちなみに翌日はめっちゃ晴れでした。天気予報のうそつき!(T0T)

***** 今日の温泉 ****

緑清荘

登山口から30分ほどのところにある第3セクターかな。

お湯はナトリウム塩化物泉。\380

★★★☆☆

なかの食堂の料理はボリュームがあり大変おいしかった。カツカレーのミニそばセットとチキンドリア。値段は忘れた。800円くらい。

登山口  ・・・ 5:30
下二股  ・・・ 6:20
上二股  ・・・ 8:00
馬の背  ・・・ 8:30
ピーク  ・・・ 8:50・9:30
熊見峠  ・・・11:15
END    ・・・13:00

|

« 世界遺産 知床羅臼を登る | トップページ | 道東マニアック観光記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/11617463

この記事へのトラックバック一覧です: 百名山 斜里岳を制す:

« 世界遺産 知床羅臼を登る | トップページ | 道東マニアック観光記 »