« '06ウォータースライダー | トップページ | 世界遺産 知床羅臼を登る »

2006/08/11

雲海と積丹岳

060810_011 8月11日 (晴れ)
積丹岳
スタート          7:50
ピーク          10:10・11:00
エンド            12:40

冬山ではメジャーな積丹岳。夏は意外とマイナーかも。
美国に着くとガスっていて山頂は見えない。
コースはなだらかでダラダラと長い。花も種類が少なく見所らしいところもない。
060810_027060810_014_1060810_019とにかく笹で視界の効かないコースが続く。ピリカ台についてやっと振り向くと美国方面の海が見える。今日は下界はガスで一面の雲海が広かっていた。しばらく行くとまた視界がさえぎらる。頂上直下の登りにやっと視界が開けるが、またハイマツ、笹で視界はさえぎられる。しかし、登りきった最後に待っている頂上の展望は申し分ない。尾根の向こうには余別岳、ポンネアンチシ、岩内方面の山々。海側は一面の雲海。この山は笹が雪の下の冬のほうが視界が開け魅力的だと思う。
060810_010060810_012060810_001_1

降りてから野塚の海に行く。ここは冬はよく海アメ釣りに良く来たが、夏来たのは初めて。いゃー混んでる。さすが夏休み。山とは違い人だらけ。早々に引き上げ温泉に行く。岬の湯も平日にもかかわらず大混雑。親子連れが多い。親には是060810_018 _018 非こういう場での入浴マナーをしっかり教えていただきたい。

今日の温泉
★★★★☆
岬の湯 ¥600
ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉
泉質、露天からの景観共によし。

|

« '06ウォータースライダー | トップページ | 世界遺産 知床羅臼を登る »

コメント

ちーす。パッポ隊長、積丹岳ですか、海も見られていいですね~。海辺の山は虫も少なく(そんなことないか?)山で潮風なんてなかなか乙な感じでですね。

投稿: 激動侯爵 | 2006/08/11 23:37

ざいあーす。激動侯爵さん。虫ですね・・蚊ブヨの類は少なかったです。その代わり大小のアブと小さなハエのような虫はいましたよ。小さなハエは目の粘膜が好きらしくパプマルは難儀していました^^

投稿: パッポ | 2006/08/12 06:53

まだまだ残暑厳しい毎日です。
こんなことなら『もう一山登ってくるんだった・・・』などと今さらホザイテいます^^;
こちら津軽地方は、明日も明後日も快晴&気温も30度オーバーとのこと。
なかなか『山へ行こう』って気持ちが定まらないのでした。

隊長のところも11日でストップ気味ですね・・・
新しい記事がアップされてるかと覗く度、内心ゲンナリしています。
なぜか?ナゼカ!!
オイラの“4●回目の誕生日”だから、夏ばてとともに気持ちが凹むのでした^^;

投稿: Q太郎 | 2006/08/25 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/11391556

この記事へのトラックバック一覧です: 雲海と積丹岳:

« '06ウォータースライダー | トップページ | 世界遺産 知床羅臼を登る »