« 岩登り教室 | トップページ | 初岩登り IN 赤岩 »

2006/06/07

ブナとエゾハルセミの大千軒岳

060606_049 6月6日 晴れのち曇り

大千軒岳(1071.6m)

旧道登山口   ・・・ 7:00
ピーク      ・・・  9:10・9:40
新道登山口   ・・・ 10:40
END       ・・・ 11:30


周辺地図
赤線・・・登り
青線・・・下り
黄線・・・林道
*カシミール3Dで作成した画像です。
「060606daisenMAP.bmp」をダウンロード

*携帯GPS ガーミンのデータです。
「060606daisen.gdb」をダウンロード

パッポ隊長出動記

060606_001

060606_002

060606_010

登山口は石崎側が通行止めだったので松前側から入る。入林届けのポストの所に管理人さんがいて許可を得て入山。旧登山口までそこから1時間。
新緑のブナは気持ちがいい。

060606_012 060606_015
060606_016

途中には大小多数の熊の置き土産が・・・。熊が多いとは聞いていましたがさすがにビビッてしまいました。熊の装備はしてきましたがなるべく出会いたくないものです。
海側は晴れていい天気でしたが十字架のあたりには雲はたちこめています。

060606_018 060606_020 060606_029

060606_035

060606_039

060606_048_1

060606_037060606_047

060606_045

十字架のところは残念ながら霧の中。花はシラネアオイ・サンカヨウ・ミヤマスミレ・フギレオオバキスミレ・ハクサンチドリなどすでにたくさんのお花が咲いていた。
ピーク直下の二股を左に数十メートル行くと千軒清水がある。冷たくて大変美味。ピークは霧も晴れてまたいい天気になる。

060606_042  060606_030
060606_041

060606_051 060606_053
下りは新道コース。気温が上がってくると今年初めてのエゾハルゼミの元気な鳴き声。
帰りは林道をテクテク山菜を採りながら50分ほどで旧道登山口へ。

前泊した昨日は松前温泉。今日は吉岡温泉に入る。

帰りに江差のいにしえ通りにある横山家で鰊そばを食べる。これは厳かなたたずまいで歴史のある味だそうです。これはいけるっ!

*松前温泉・・源泉、加温、かけ流し。
石鹸シャンプー、サウナ、露天なし。
*吉岡温泉・・・循環消毒塩素入り。
新しい施設で石鹸シャンプー、サウナ、露天はあり。

060606_0021_1

|

« 岩登り教室 | トップページ | 初岩登り IN 赤岩 »

コメント

はじめまして(^o^)/ こんにちは♪
札幌の らびこ と申します。
教えて下さい。

私も実は今年の夏に、友達数人と大千軒岳に登る予定なんですが、ほとんど素人集団なので(^^;)どのコースから行くのが一番良いのか教えて戴けるとありがたいです。

登山する前は、市の方に届け出などを出すほうが良いのでしょうか?

あと、実は時間の関係で、頂上までは登れないのですが、どうしても金山番所跡まで(約1時間30くらい?)は登りたいので、その後は、またもと来た道を帰りたいと思ってもいます。

その他、何かアドバイスありましたら、教えて戴けるでしょうか?


投稿: らびこ | 2006/06/21 12:50

はじめまして、らびこさん。
金山番所経由ということでしたら知内川コースが一般的です。ご存知の通り金山番所までは1時間半ほどですが、登山初心者かたでしたら20~30分ほど余裕を見てください。

届けはいらないと思いますが、登山口に入山届けを記入する所があると思いますのでそこで書いてください。
後は大体の下山時刻を知人に告げておき、下山したら連絡し、日がくれても連絡が無い場合は捜索願いを出していただく・・・・
そうならないことをお祈りします^^)

投稿: パッポ | 2006/06/21 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/10432343

この記事へのトラックバック一覧です: ブナとエゾハルセミの大千軒岳:

» 松前温泉に関するリポート [温泉案内]
アンニョン・ハセヨ(韓国語)。松前温泉、素晴らしいでした。どんなにいいかは、読め... [続きを読む]

受信: 2007/12/21 13:13

» 松前温泉に関するリポート [温泉大全]
オーラ〓......スペイン語です。前々からずっと気になっていた、松前温泉につい... [続きを読む]

受信: 2008/01/02 08:21

« 岩登り教室 | トップページ | 初岩登り IN 赤岩 »