« 樹氷モンスター出現 ・朝里岳~白井岳 | トップページ | 上級者向き?毒矢峰 »

2006/02/06

極上バックカントリー和宇尻~春香山

060203_sam_008

2月5日 晴れ一時雪

和宇尻山~春香山

START         7:30
和宇尻山ピーク   11:30
春香山ピーク    12:00
END          14:00

周辺地図
青線・・・登り
赤線・・・下り
「wauharukamap.bmp」をダウンロード
*カシミール3Dで作成した画像です。

携帯GPS ガーミンのデータです。
GPS GARMINログデータ
「wauharyka.gdb」をダウンロード

パッポ隊長出動記
060203_sam_002
060203_sam_003
060203_sam_006
真冬日の続く北海道です。
今シーズンは7回目のスキー登山ですが、雪質は今期一番。
さらさらのパウダーが札幌近郊の海が見えるバックカントリー、和宇尻山にありました。

今回は山の会ワタスゲの山行参加です。
朝5時半に起きると外は風が強く雪も降っていました。
「こんな日に登るのかな」と思いながら用意をしました。
中止の連絡も無いのでとりあえず7時に春香山小屋に到着。
まだ雪は降っていましたが、人が集まるにつれ雪もやみ、写真のように青空が広がりました。

060203_sam_011
060203_sam_012
060203_sam_015

雪はサラサラでやわらかく、膝くらいまで沈みます。
急斜面のラッセルは大変でした。
ベテランの林氏も油断し転倒するほどの難易度の高い登りでした。
急斜面登りきり位からまた雪が降り始めました。
雪の中なんとか和宇尻のピークへ。
シールを付けたままそのまま春香山を目指します。
途中でコースをロスト仕掛けましたが、GPSや地図コンパスで無事本コースに復帰。
GPSはコースを外れるとすぐわかるのでやはり雪山には欠かせないアイテムです。

060203_sam_018
060203_sam_020
060203_sam_023

春香山ピークにつく頃には雪もやんでいました。
しばし休憩後、春香山の斜面を一気に滑ります。
深いところでは胸までパウダーが巻き上がります。
サラサラのパウダースノーを浮き沈みする感覚はサイコーでした。
軽く食事をしてまたシールを張り、再び和宇尻を目指します。

和宇尻につくとまたきれいな青空になりました。

060203_sam_024
海側は曇っていましたが、海が見えました。
天候がいいときれいな眺望だと思います。

今回もまた勉強にもなり、雪質も良くいい山行になりました。

|

« 樹氷モンスター出現 ・朝里岳~白井岳 | トップページ | 上級者向き?毒矢峰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93069/8535548

この記事へのトラックバック一覧です: 極上バックカントリー和宇尻~春香山:

« 樹氷モンスター出現 ・朝里岳~白井岳 | トップページ | 上級者向き?毒矢峰 »