2018/03/25

知床岳 まっ白すぎ

2018年3月23日

知床岳
P3230009
スタート ・・・05:10
ピーク ・・・・・11:30
エンド ・・・・・15:30
登り 6時間20分 下り4時間
Photo
ここ最近では一番の遠征。
P3230003
シートラしたものの、浜辺には十分な雪。シートラの必要はなかった。
P3230004
カモイウンべ川渡渉は状況が分からなかったので釣り用ウエダーを持ってきたが、長靴で十分だった。
ここもシートラ必要なしだった。
鹿道を使って高台に上る。
だらだらと雑木林を進む。
先行トレースをたどるが、小沢を避けてかなり遠回りしている。
多少の沢越えはあるが、普通にコンパス通り進んでも問題ない。
P3230005
Co180の渡渉地点は十分の雪。
P3230007
上部がガスッていて見えない。
P3230008
アイゼンに履き替えシートラで登る。スキーデポも考えたが、担ぐことにする。
結果的にはこの日はデポでも問題なかった。
P3230011
高台に上ると防風、ホワイトアウト。
コンパス、GPSを見ながら進む。強風でスキーでは進めないので途中でデポ。
P3230016
ピーク。何にも見えましぇん(TT)
即下山開始!
P3230017
コンパスもしばれる悪条件。
帰りはGPSを見ながらスキーデポ地点を探す。
ホワイトアウトの強風で方向感覚がなくなる。GPSログを見ると変な方に歩いているのがよくわかる。
P3230018
ガリガリの急壁を横滑りで降りる。
しばらく降りていくと平日あるある。青空がのぞく。
P3230019
もう少し気温が上がれば快適な滑降だったのに・・・。
P3230020
頂上以外は晴れ渡っていた。
P3230023
明るいうちに無事下山。帰りの渡渉状況。
雪たっぷり。
P3230025
海に浮かぶ雪の塊。
P3230028
15:30下山。
羅臼の温泉に入ってもう一泊。
P3240031_2
次の日はめちゃいい天気。orz
機会があればまたこようかな。
コツコツ登ってきた北海道100名山  117/118座
あと一つ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/06

北見富士(留辺蘂)まさかの重深雪ラッセル

2018年3月6日

北見富士(留辺蘂)
P3060001
夏道がないのでスノーブリッジが使えるこの時期がベストなのかと思うが、先日の大荒れ天気で大変なことになる。
P3060002
スノーブリッジ1を通る。
土日に行った団体のトレースを使わせてもらう。
P3060003
壊れた橋を渡る。
P3060004
支流の渡渉ポイント2を渡る。
ここから急登開始。
トレースと鹿道をうまく選んで登っていく。
P3060006
序盤はみんな元気!
P3060007
まだまだ歩きやすい。
P3060009
徐々にトレースがなくなりたまにズボッと膝まで埋まる。
P3060011
女性陣は軽快に進むが、自分の体重ではほぼスノーシューの意味がないくらい膝までズボズボ埋まって体力が奪われる。
どんどん登るチームブルー。
P3060014
この時期なら3時間くらいで登れるかと思っていたが、実際は登りに6時間かかってしまった。
途中何度も敗退の2文字が頭をよぎったが女性陣の頑張りで何とかついていくことができた。
P3060021
宮ちゃんの華麗なシリボー
P3060023
頑張るパプマルさん
P3060024
P3060025
積極的に楽しむ女性陣。
P3060026
無事下山。最後のスノーブリッジ。
お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/17

チトカニウシ山 天気悪くてテンション↓

2018年1月16日

チトカニウシ山
Img_5547
遠路はるばる北大雪まできたものの雲の中でテンション上がらず。
Img_5534
吹雪いてはいないので決行します。
Img_5537
平日の割には結構な人数。風がなくて助かりました。
Img_5541
ピークではチッチにカニカマとビーフジャーキーを持ってもらって記念撮影。
チッチとカニと牛
チッチとカニ牛
っチトカニウシ!
北海道100名山115/118座

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/22

仁頃山 整備が行き届いた初級のいい山

2017年9月21日

仁頃山
P9210010
本当は違う山狙いでしたが、登山道が通れなく急遽変更した山。
P9210001
全部で7ルート。初心者から長い距離を歩きたい人にも対応できる。大人数でも楽しめる。
P9210002
とても歩きやすい。
P9210003
山道の途中には所々に簡易トイレブースがあり環境への配慮も素晴らしい。
P9210006
雲の中山行。はれないかなぁ~
P9210008
ピーク到着。9月のわりに結構寒さ。
P9210012
休んでいる間にまさかの青空っぽくなってきた!
P9210013
紅葉も始まってきた。
P9210014
違うルートから下山。気持ちがいい。
P9210015
橋を渡って無事下山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/08

札内岳を札内川から登ってみる

20170906_122601

2017年9月5.6.7日
ルート地図その1
Satsunai1
ルート地図その2
Satsunai2
5日
スタート ・・・・   07:15
7の沢  ・・・・・  09:00
中の沢  ・・・   10:00
8の沢  ・・・・・・  10:40
キネンベツ沢・・  11:15
9の沢   ・・・・  12:00
Co850m C1 ・・・ 13:30
(6時間行動)
20170905_081857
天気良く心も踊る
20170905_101136
7の沢いよいよスタート!
20170905_110350
8の沢まではカムエクのメジャールート。
20170905_113832
8の沢出合い
20170905_125901
9の沢
20170905_154121
無事C1到着。久々のお泊り山行で疲れた・・
6日
スタート ・・・06:00
10の沢 ・・・06:30
Co975二股 ・06:50
ピーク ・・・・・11:30
C1  ・・・・・・16:00
(10時間行動)
20170906_072542
今日も天気がよくテンションも上がってきます。
20170906_080729
振り返ると10の沢カールがど~ん!
20170906_083239
F1・左岸から問題なく登れる。
やっと沢らしくなってきた。
20170906_100237
一旦水が枯れる。
20170906_103646
ほっそい小滝が続く。
20170906_104041
この辺りから疲れが出始めペースダウン。
20170906_104709
休み休みも頑張って登る。
20170906_121410
藪突入!
20170906_122955
ハイ松泳ぎ隊!
20170906_123220
到着!予定時間を大幅に押してピーク。
20170906_123330
カチホロ方面
20170906_123343
エサオマン方面
20170906_123452
カムエク方面
20170906_123915
満足の看板無ピーク!
20170906_130849
下山は南東の肩を降りてガレから沢に復帰するルート。
登りもこっちからのほうが楽そうだ。
(詳細はルートマップ)
下山はあっという間だったけどかなり疲れた。
3日目
スタート ・・・・07:00
7の沢  ・・・・10:00
駐車場  ・・・12:00
(5時間行動)
20170907_074239
帰りはパプマルさんにテントを半分持ってもらうのでらくらく。
20170907_091127
そこは日高なので羆の痕跡も多々あるわけで。
20170907_110931
なんだかんだと3日間も無事に
20170907_124734
終わりました。めでたしめでたし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/17

2017アバレで大暴れ

P8160081

2017年8月16日
何年か前にアバレ川が仲間内で大流行してからこんなにも年数が経ってやっと行くことができた。この沢も毎年のように計画しては悪天で中止が続き、自分の中ではなかなか行けない沢になっていた。数日前から以前声をかけていたメンバーに再度声をかけて今回やっと晴れて念願かなった遡行になった。
スタート ・・・・06:00
夏道   ・・・・12:00
エンド  ・・・・14:00
メンバー キム、ノンちゃん、春吉、マリ、パッポ、パプマル
Abare
15日22時頃望岳台に到着。霧雨のなかテントを張って安着祝いを始める。
暫くすると後発のキム、マリを加えて明日の作戦など相談するが明日朝も早いので早めに寝ることにする。
P8160001
どんな渓相が待ち構えているか・・・期待にぬね胸躍らせるメンバーたち。
左岸の林道を進むが道が川から離れて行くので一旦入渓。
P8160003
入渓するものの伏流水で水無。次々と現れる砂防ダムを越えて行くが右岸の作業道跡を見つけて奥まで進む。
再入渓するがまだ水はない。
P8160005
暫く進むとやっと水が出てきた。一時はどうなるかと思ったがはたしてこの後どれだけ水が増えるか・・・。
P8160019
あえて難しいルートからせめて行くCLに続いて赤岩で鍛えているアルパインクライマーたちはどんどんどん登ってくる。
P8160025
ヘツリだってあるし、滝もある。小滝はすべて流芯を直登。
我々に”巻き”という言葉はない。
P8160028
流芯直登山岳会^^
P8160040
もう少し水量あったら楽しさ倍だろうなぁ~
P8160069
左からも行けるが皆果敢に攻める。
P8160076
今日いちの核心。もちろん流芯を登る。
P8160080
さすがにここを登ることはなく普通に左の巻き道から安全に巻く。
P8160088
滝口から下を見るとこんな感じ。下に人がいると高さが分かりやすいんだけど、かなり高いです。20mくらいかなぁ~。(良い子はこんな写真撮らないでね。)
P8160093
あとは夏道に合流して下山開始。
ポンピ沢も大変なことになっていますね。雪が溶けたらまた危険な感じ。
20170823_19_30_35
数年前にここで写真を撮った時に財布を落としてしまった。
まさかあるとは思ってもいないけれども念の為、探して周りを見たが、やはりなかった。
一緒に探してくれたメンバーと記念写真を撮って今回は終了!
P8160099
ということで、あっという間に下山。
今回もいいメンバーに恵まれ楽しく行くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/05

余市岳白井川右股ハートの沼

P8040040

2017年8月4日
余市岳白井川右股川左股ハートの沼まで
Sirai
スタート ・・・・07:06
沼     ・・・12:34
エンド   ・・・16:00
メンバー イナ、ノンちゃん、パッポ、パプマル
50分ほど林道を歩いて枝沢から入渓。
P8040005
水はきれいでとても冷たい。
P8040010
大きな滝はなく小滝が連続する。
P8040016
ルートファインディングするイナ。
P8040019
ちょっと大きめの落ち込みに魚影を見たのでカメラを入れるとトラウトが。
ニジマスにも見えるが、生息域を考えると岩魚かな。
P8040020
こんあところもあります。
P8040027
軽いシャワークライミング
P8040032
問題の分岐。手前で小さな流れ込みを見落としややしばらくルートロスする。
標高と地図を確認して間違いに気付き200mほど戻る。
P8040038
なんとか詰め切り沼に到着。
沼からのアウトレッドはなかった。
帰りは見落とした枝沢から降りることにしたがここも沢筋がはっきりしなく笹、藪をややしばらく漕ぐことになったが、無事本流に合流。
ここで大休憩。
パプマルさん力作の沢素麺。
P8040042
マンゴーとミニトマト入り。
P8040044
今までの疲れも一気に吹き飛ぶ??
久しぶり沢登のノンちゃんも大満足の遡行になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/01

白老深沢川~白老川のっこし縦走

2017年7月30日

20170730_092715
深沢川からのっこし白老川遡行
メンバー Cl:ganさん、ヨコさん、ぽっさん、パッポ、パプマル
スタート   ・・・・05:30
c230    ・・・・・06:35
c360    ・・・・・09:10
c500    ・・・・・10:28
c795尾根 ・・・・・12:45
c580    ・・・・・13:50
白老岳橋 ・・・・・16:05
エンド    ・・・・16:25
(タイムレコードはganさん備忘録より)
Hukasawa_2
**初めに**
ganさんは私の師匠ではないが、HYMLに入ってからから一度機会があったらご一緒したいと考えていた。昨年のオフミ飲み会で話す機会があったので「来シーズン機会があったらぜひよろしく。」とだけ伝えていた。普段平日休みが多い中今回なんとか日曜に休みが取れたのでこの機会に「同行できる沢の計画があれば是非!」とお願いしてみた。結果、快諾していただいたので今回の計画に相乗りさせていただいた。
前泊
20:0頃に前泊集合地に着くとすでに盛り上がっている3人に混ざって1時間ほど飲んで会話した。自己紹介やら、山歴などいろいろお話できた。とくにぽっさんについては以前やっていたSNSからの知り合いで当時の事なども、なつかしく話ができた。明日も早いのでこの日は早めに寝ることにした。
20170730_063045
薄曇りの中スタート
20170730_072503
林道下の沢も十分楽しめると教えてくれるganさん。
20170730_075326
入渓準備に入る。横さんのザックが最近の若者風の背負い方なのが気になるW
自分も準備万端で臨む。飛生川での苦い思い出があるので3mmのウエットスーツにアルパインハーネス。泳ぐ気満々のやる気モード全開スタイル。
20170730_075545
入渓
カナヅチのぽっさんのザックにはライフジャケット。皆装備万端のようだ。。
20170730_075847
滑もありそこそこきれい。そんな時突然の事件が!!
20170730_080546
なんと車が放置してあるではないか!!恐る恐る運転席をのぞいてみたが、人らしいものは見えなかったので安堵した。
20170730_084407
このあたりからこのルートの核心が始まる。水は思ったほど冷たくなく、このあと大きな判断ミスで泣くことになるとはこの時はまだ気づいていなかった。
20170730_084957
次々現れる難所攻略のルート判断をするganさん。ここは巻きを選択。
20170730_093157
こんな所もある。
20170730_103017
果敢に攻めるパプマルさん
20170730_103020
お約束のドボン!で皆からの笑いを得る。
20170730_103437
逆くの字の滝。次々と現れる滝にganさんの表情も明るく楽しそう。
20170730_104154
ロープを出すまでもなくスリング連結でしっかり確保!
20170730_105158
40m大滝。この時のganさんはおもちゃをもらった子どものような笑顔。
本当に沢を楽しんでいるとおもいました。
20170730_105649
ヨコさんリードで1P行きます。
岩初心者もいるので一応ロープで安全確保します。2P目は右岸から。小巻しました。
20170730_123104
分岐では全員が地図チェックを怠りません。全員の意見を聞いてリーダーが進行方向を決定します。
20170730_130529
この辺りから水は減りますが、ちゃんと流れています。
3mmのウエットスーツが暑くてたまりません(汗)思ったより水温、気温が高く脱水寸前です。早く水に浸かりたい。。。。
20170730_132120
何だかんだで本日のピーク。のっこし尾根に到着。充実感に満ちたメンバーの笑顔!
この後さらなる事件勃発!、山頂あるある。なんとganさんの携帯なくなるあるあるです。
先まで電話していたのに何処にも携帯がないらしい。しばらく皆で探していたが、なんと普通にganさんのザックに中にしまってありました~。よかったよかった。
20170730_134257
いよいよ下山開始。下山しやすい場所を探すために、明瞭な鹿道を北に200mほど進む。
これまた、明瞭な鹿道を発見したのでそこから下降するとすぐに沢筋に入ってらくらく下山開始。
20170730_141557
さすが北海道の豪雨地帯森野付近。分水嶺からわずか30m下ったあたりから水がわき出ている。
20170730_145823
最初は皆へつっているが・・・・
20170730_150918
泳ぎモード全開!
20170730_151522
ちゃんと懸垂もします。
もう少し釜が深ければダイビングドボンも可能だったかも。
20170730_154448
ラッコ泳ぎで意気投合するぽっさんとパプマルさん。
20170730_155258
ganさんも泳ぎます!
20170730_165014
終盤も楽しいです。
20170730_165056
三角点ハンターのぽっさんもこの日ばかりは沢を堪能しているようです。
20170730_165409
みんな泳ぎます!
20170730_165418
泳ぎます!(流されていますw)
20170730_165545
岩の形が独特です。
この岩がゴルジュになると・・・・・・
20170730_165657
こんな感じ。こんな岩壁見たことないです。
20170730_170652
沢下りも終盤。安堵の渓相。
20170730_171622
廃道を詰めてデポした駐車場に向かいます。
20170730_172632
よっぽど楽しかったパプマルさん。最後の礼で感謝の意を伝えます。
山岳会の山行では味わえない百戦錬磨の知識、技術を持ったganさんとの同行。
大変勉強になった一日でした。今回の経験を少しでも自分のスキルに生かし、沢新人にも伝えられたらと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

寿都幌別川 !!*

2017年7月20日

寿都幌別川
20170720_092019
スタート ・・・07:20
Co280.   ・・・12:40
エンド   ・・・16:30
Horob
林道は1kmほど入って林道分岐のところで車を止める。
さらに1kmほど歩くと1の沢戸野出会いに出て入渓。
20170720_075016
暫くするとすぐに両岸が切り立った渓相に代わる。
20170720_080601
1時間ほど歩くと昔の橋のコンクリートの橋脚がある。
20170720_085725
苔から染み出す岩清水
20170720_091045
こんな感じの渓相がしばらく続く。
20170720_100750
20170720_100838
20170720_101155
20170720_101403
20170720_102007
20170720_105644
こんな所もある。
20170720_112427
20170720_115403
20170720_115702
20170720_120915
20170720_121147
この滝が厄介。パプマルさんには無利と判断。
時間切れ終了!
20170720_124352
帰りも同じくらい時間がかかる。
水が濁って歩きずらい。帰りはヘツリはあまりしないで川を歩いたり泳いだり。
意外と浅いところが多いが、水量が多く突破困難なところもある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/07/15

野塚岳ニオベツ川南西面直登沢~南コルルート下降

2017年7月14日

野塚岳ニオベツ川南西面直登沢
20170714_085544
メンバー しんちゃん、パッポ、パプマル
スタート ・・・0.7:00
ピーク・・・・・9:30.10:00
エンド ・・・・12:30
Nio
今日はしんちゃんの沢入門ということで南日高の野塚岳に行ってきた。
自分も行ってみたいと思っていたルートなので前日から貸し切りの楽古山荘に泊って行ってきた。
20170714_080316
トンネル脇から護岸6mを10mロープでなんとかラッぺル。
しんちゃんは沢入門とは行ってももうすでにかなりのピークを踏んでいて体力技術には問題ないのでスタスタ進む。
20170714_085305
始めはゴロが続いているが三俣からは小滝が続く。
20170714_090603
ロープを出そうは迷ったところは1箇所。結局出さずに登れた。
20170714_090855
天気予報は晴れだったので、そのうち晴れるかなと思いながら登って行った。
20170714_102603
いつものようにピークはこんな感じ!
風も強く晴れ間を待つような感じではなかったので30分ほどの休憩ですぐに下山開始。
20170714_113205
南コルルート水量が少なく細い川だ。流しそうめんにちょうどいい感じだ。
20170714_121541
三俣までついてとりあえず安堵。
帰りの小釜で遊ぶしんちゃん。
ドボン練習するも少し浅かった。
帰りは浦河の風呂に入って、門別の太い手打ちそばを食べて帰ってきた。
日帰りでもよかったかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東ヌプカウシヌプリ ナッキーには出会えたのか??